< はんぱでごめんね 邦画 レビュー

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」 情熱とレゾンデタールの所在

oie5yo99yu5yihjt85yiorw9.jpg 10-113

10年 ROBOT 監督:山崎貴
原作:西崎義展 製作総指揮:飯島三智 阿部秀司 市川南 製作:濱名一哉 中沢敏明 脚本:佐藤嗣麻子
出演:木村拓哉(古代進) 黒木メイサ(森雪) 緒形直人(島大介) 柳葉敏郎(真田志郎) 西田敏行(徳川機関長) 山崎努(沖田十三) 緒方賢一(アナライザー) 堤真一(古代守)

誰もがまさかと驚き誰もがイイかもと思った(であろう)1年前。
あの宇宙戦艦ヤマトを実写化するにあたって発表されたキャスティングに誰しも些かの期待と多くの悪い予感を持った事だろう。

そして1年後、予感は的中した。

男のロマンとやらを無駄に詰め込んだ日本屈指の大風呂敷TVアニメを実写化するにあたって必要なものは何だったんだろう?

それはやはり、TVアニメをも凌ぐ、熱いパトスと勘違いにも等しい時代を超えた暑苦しく煮えたぎった男のロマンに他ならない。

男は何故戦い、何故死んで逝くのか? 絶望の向こう側にある滅び行く男の美学とやらをヤマトを待っているヲタヲッサン達は望んでいるのである。

そうヤマトとは三途の川の渡し船なのである。 果たして黄泉の国は甘酸っぱいロマンとやらで満ち満ちているのか?


しかし不思議な作品であった。
138分となかなかの尺であるにも関わらず、無駄な停滞など殆ど無く、むしろ急ぎ過ぎなテンポであったにも関わらず尺が足りない。
ってゆーか何ひとつヤマトを描ききれていないのである。

そこにあったのはヤマトの様な乗り物に乗り込むヤマトのクルーの様な人物とガミラスの様な異星物だけ。

ラインナップだけ観ると結構イケてると思うキャストも誰ひとりとして輝かず、存在意義を持たない。
結果的に誰でも良かった演技とヤマトで無くても良かったストーリーがただただ2時間超垂れ流されていた。

この評価は私がTVシリーズをオンタイムで観た世代だからでも松本零士のコミックが好きだからでも無いと思う。

「ヤマトとは何なのか?」関係者は今一度自分に問い直す必要があると思う。

それほど酷い作品でした。



まんま最新版「スタートレック」の見目と展開。つーかパクリ。

そして山崎努が一番酷かった。


[「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」 情熱とレゾンデタールの所在]の続きを逝ってみる?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/03(金) 18:02:10|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:3

「プランゼット」 充実の上に

616RpJby70L__SL500_AA300_.jpg 10-112

10年 コミックス・ウェーブ・フィルム 原作・脚本・監督:粟津順
出演:宮野真守 寺崎裕香 津田健次郎 竹内順子 石原夏織 岩崎征実 屋良有作

「惑星大怪獣ネガドン」に続く新時代特撮と題した全編フルCG映画。

前作は自主制作でしたけど今回はスポンサー付いたですね。
けれども尺が倍になった分だけ構成力も問われるワケで「思い」だけでは絵の提示は出来ても映画としては極めて未完成でひとりよがり感を露呈してしまっております。

まあ、特撮ものの特撮部分だけ見たいと云う要望にはそれなりに応えてはいるのですけど…

そうやって見ていくと新海監督作品なんか良く出来てるな~と改めて思いました。


★★
君は「(基礎の)充実の上に」の看板を見たか?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/11/16(火) 22:36:13|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「パプリカ」 原作読んでから

jkgsoi756gdkhkfhste9e9.jpg 10-107

06年 制作:マッドハウス 監督:今敏
脚本:水上清資 今敏 原作:筒井康隆 脚本:水上清資 今敏 キャラクターデザイン・作画監督:安藤雅司

出演:林原めぐみ 古谷徹 江守徹 堀勝之祐 大塚明夫 山寺宏一 田中秀幸 筒井康隆 今敏

前回レビューとか。
NHK BS2でやっていた今監督追悼記念放送を鑑賞。
氏の作品としては最後の劇場公開作品となります。

前はあんまりイイ事書いて無いですね~

今回初めて今監督の事を色々調べてみましたが本作は原作を読んでみるべきだと思いました。

押井守+大友克洋って印象だったんですけどそもそも原作がそうなんだろ?と。

そう想像すると実は極めて筒井康隆的な作品なのではないか? と思い至ったワケであります。


まぁそれでも映画としての面白さの評価は変わらないとは思いますけど。


★★★
パプリカがエロい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/11/06(土) 18:17:09|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「パーフェクト・ブルー」 先見的

rkoiogoitu8e47938738t5252.jpg 10-106

98年 制作:マッドハウス 監督・キャラクターデザイン:今敏
企画:岡本晃一 竹内義和 企画協力:大友克洋 樋口敏雄 内藤篤 プロデューサー:中垣ひとみ 石原恵久 東郷豊 丸山正雄 井上博明 脚本:村井さだゆき キャラクター原案:江口寿史
出演:岩男潤子 松本梨香 辻親八 大倉正章 古川恵実子 新山志保 陶山章央

「キサラギ」観たら観たくなったので。(我が家では割と初期に買ったDVDです)
と、云うか8月に46才で無くなった今監督追悼記念。

アニメでは非常に珍しいサイコサスペンスでそれを非常に上手くやっています。

そしてネタがアイドルものと云う98年にしてこの着想は全く持って脱帽するしかありません。

今監督お決まりの夢と現が交錯して行くパターンですがそれが誰のもの(怨念或いは執着)だったのか明らかになった時に観客は驚きを隠せないでしょう。

あ~生き霊ってこう云う形で現れるんだ。と思いました。


今監督作品はどれも内容の充実したものばかりですが、私はデビュー作である「パーフェクト・ブルー」が一番好きです。


★★★★★
次世代を担う才能がひとつ失われた事を非常に残念に思います。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/11/05(金) 19:38:59|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「キサラギ」 観なさい!

51ACEhH-ykL.jpg 10-105

07年 配給:ショウゲート 監督:佐藤祐市
製作総指揮:三宅澄二 脚本:古沢良太
出演:小栗旬 ユースケ・サンタマリア 小出恵介 塚地武雅 香川照之

前回レビューとか。
2年経ってやっとスカパーで放送結局買ってナイじゃんDVD。

やっぱ面白いわコレ。

ズバリ、完璧と云っても過言ではナイでしょう!(丸尾くん風で)

まあ密室劇なのでスキが出来にくいってのはありますが…

四の五の言わずTSUTAYAにGO!


★★★★★
「それでもボクはやってない」を制し第50回(2007年度)ブルーリボン賞・作品賞は納得の出来。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/29(金) 22:01:52|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

舞台「鉄人28号」 存外に面白かった by 鈴木P

sgetujr658urjr.jpg 10-103

09年 梅田芸術劇場にて 脚本・演出:押井守
原作:横山光輝 美術:磯見俊裕 黒川通利 鉄人デザイン:末弥純 音楽:川井憲次 音響:若林和弘
出演:南果歩 池田成志 ダイアモンドユカイ サンプラザ中野くん 田鍋謙一郎 藤木義勝 載寧龍二 永田彬(RUN&GUN) 小野健斗 吉田友一 鈴木雄貴 西田佳づ美

2010年3月6日にNHKBShiで、8月28日にBS2で放送があったにも関わらず見逃していてすっかり諦めていた時、久しぶりに入ったTSUTAYAにてDVDを発見。

そして同時に「28 1/2 妄想の巨人」も借りてみたけどコッチは飛ばし飛ばし。
「28 1/2 妄想の巨人」の中で特に良かったのは一般人、著名人、同業者なのどのコメントがあるが、みんながみんな「サイアク」と評していた事だ。

お~これは期待出来るかも? さぁ見せてもらおうか。そのサイアクさ加減を。


む~ 普通だ。 ってか普通に面白い。
これのドコがサイアクなのか? DVDで観ると面白いのか? 舞台はちゃんとサイアクだったのか?(鈴木Pだけは「存外に面白かった」と云っていた)

まぁ私が舞台を観た事が無いってのは置いといて、私のアタマは押井守にすっかり洗脳されているのかもしれません。



あ、今度、福岡県飯塚市の嘉穂劇場ってトコで劇団☆新幹線の「鋼鉄番長」を観に逝くよん。池田成志(日本人の知らない日本語)を生で鑑賞だ!(嫁の同伴ですけど)

と意気込んでたら出演者トラブル続きで公演危うい感じ。大丈夫かな~?


★★★★
や、私も存外に面白かったですよ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/23(土) 22:27:19|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「252生存者あり」 幻の新橋駅2

r5y64ur6uu4rhrhsrhjt.jpg 10-102

08年 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:水田伸生
製作総指揮:島田洋一 原作:小森陽一 脚本:小森陽一 斉藤ひろし 水田伸生
出演:伊藤英明 内野聖陽 山田孝之 香椎由宇 木村祐一 MINJI 山本太郎 桜井幸子 大森絢音 松田悟志 杉本哲太 西村雅彦 温水洋一 阿部サダヲ ルー大柴

いまや日本の国防は伊藤英明の肩に掛かっていると云っても過言では無い「舞妓Haaaan!!!(2007年)」の水田伸生監督作品。

「舞妓Haaaan!!!」はクドカン脚本で阿部サダヲ、堤真一が出ているにも関わらずギリギリのところでサラリとかわした良作でしたが、本作は頂けません。

でも、ちょっとなんだかな~な台詞はあったものの、演技は良かったと思います。

設定がね~ いや設定なんて説得納得させりゃ全然おKなんですよどんなとんでも設定だったとしても。

つまり説得納得させて欲しかった。 と。

台詞だけで逃げてるからコッチも舞台に上がれないんですよ。

ちゃんと描写を積み重ねて引き込んで欲しいなと思いました。



あと全てのシーンにもっとしつこさもキボンヌ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/21(木) 21:54:58|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「機動警察パトレイバー2 the Movie」 幻の新橋駅

B00012T0I0.jpg 10-101

93年 監督:押井守
企画:ヘッドギア 原作:ヘッドギア 原案:ゆうきまさみ 脚本:伊藤和典 演出:西久保利彦 作画監督:黄瀬和哉 キャラクターデザイン:高田明美 ゆうきまさみ メカニックデザイン:出渕裕 河森正治 カトキハジメ 藤島康介
出演:古川登志夫 冨永みーな 大林隆介 榊原良子 池水通洋 二又一成 郷里大輔 千葉繁 阪脩 西村知道 竹中直人 根津甚八

「TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR」を読んだら観たくなったので。

私が2番目に好きな映画監督、押井守の中でも一番か2番目に好きな作品。(どっちやねん?)

それこそ瞼を閉じれば全てのシーンを思い出せるくらいのつもりでしたが意外や不肖ブログにレビューをうpするのは初めてなので4年以上ぶりの鑑賞。

4年前はWikiの存在など知らず、今回初めて本作をWikiってみたらバナナマンの日村が出てたとか知らなかった。(17へぇ~)

小説を読んで本作を観ると、尺や構成やコストの関係で諦めたシーンを脳内補完したりして、新鮮に楽しめました。


★★★★★
BD評判イイけどリマスターしないかなぁ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/20(水) 21:38:50|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「CASSHERN」 意外と風化が早い

B0001A7D0O.jpg 10-095

04年 監督:紀里谷和明
プロデュース:宮島秀司 小澤俊晴 プロデューサー:若林利明 脚本:紀里谷和明 菅正太郎 佐藤大 撮影監督:紀里谷和明 撮影:紀里谷和明 森下彰三 バトルシーンコンテ:樋口真嗣 音楽:鷺巣詩郎

4年ぶりの鑑賞前回レビューとか。

下の娘(中3)が只今伊勢谷友介キャンペーン中なので情操教育の一環として。

う~ん前回は「西島秀俊が青臭い演技」とか「伊勢谷友介が大根演技」とか書いてますね。
酷ぇ~なおい。 オイラのレビューはこんなのばっかか?

*電影門の言い訳「素晴らしい作品ばかり観てたらそりゃ褒めのレビューばっかでしょうけど節操なくピンからキリまで観てるんでどうしても辛いのだってありますわな。だいたい素晴らしい作品よりダメ映画の方が多いんですからレビューだって辛いのが多くなるって寸法ですよ」

ま、青臭いのは西島秀俊では無くて紀里谷和明なんですけどね。

4年ぶりに観るとアクションシーンが幼稚なのが気になります。そろそろ辛い。
もっとアクションシーンを間引くと結構面白くなるかもしれません。

製作費6億円に対して興行収入15億ってのはもっと評価してもイイんじゃないか?
興行収入と作品の出来は必ずしも連結しないけど。


★★★★
娘の感想「長い(141分)眠かった。だらだら。コンパクトにまとめて欲しい。」

…ごもっともで御座る!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/28(火) 21:57:16|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「カラフル 実写版」 ジュブナイル・ファンタジー

er65uejkdrhrhsrtyrtegawgafghj;jj 10-093

00年 監督:中原俊
制作:NHKエンタープライズ21 タイトル・プロデュース 原作:森絵都 脚本:森田芳光
出演:田中聖 阿川佐和子 滝田栄 景山悠希 曽我家文童 真柄佳奈子 駒勇明日香 柳葉敏郎 江藤潤 深水三章 林家こぶ平 筧利夫

スカパーでやってたので。

驚いた事に原恵一版は実写版と絵的に非常に似ています。
まるでそのままコピーしたかの様。(原作に対してどうなのかは不勉強)

そして作品の雰囲気が尾道三部作に似てるな~と思ったら、鈴木清順、大林宣彦、市川崑、根岸吉太郎の助監督の経歴が。ガッテン。

そして1982年から85年まで日活ロマンポルノを撮ってた。あ~さらにガッテン。

作品の根幹に絶対ファンタジーがあると思いますこの監督。

そんな雰囲気なんですけど10年前のこの手の作品はもはや鑑賞するには辛く、飛ばし飛ばしで見てしまいました。

あ、主役はKAT-TUNの田中クンでつ。


★★★
尾道三部作が今でも好きなら。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/24(金) 20:06:46|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「カラフル」 難易度チョー高し!

loi4utowrgjbojbslfjsp.jpg 10-092

10年 サンライズ 監督:原恵一
原作:森絵都 脚本:丸尾みほ
出演:冨澤風斗 宮崎あおい 南明奈 まいける 入江甚儀 藤原啓治 中尾明慶 麻生久美子 高橋克実

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 2001年)」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002年)」で高い評価を受けている原恵一最新作。

前作「河童のクゥと夏休み」ではタイトルそのもの河童のお話しと云う荒技でしたが、本作はこれはこれはもうビックリするくらい難しい作品でした。

お! やっと動き出したと思ったらその時点で既に1時間経過。
え? これ何分あんの? どうやって着地すんだ? と人事ながらハラハラドキドキしてたら123分って長げ~なおい。

全く先を見通せず作品の設定と物語の状況のみを延々と、しかも淡々と組み立てていくだけの前半部、そうしてダムを満水にしておいて徐々に綻びを見せる後半部、そして一気に決壊。

いや、一気に決壊と云うのはちょっと例えが下手だ。
「わっ!」と、ひっくり返る世界。と云えば云いか。

私は非常に楽しめたのですが、同行した下の娘は「イマイチ」と云っていた。
けれど実は主人公と同い年だったので「なんか妙にリアルだった」と作品にトリップしていた模様です。


★★★ (個人的には★★★★)
押井守より敷居を高くしてどうする!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/23(木) 19:49:23|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:4

「20世紀少年 3部作(TV鑑賞)」 コミック途中まであるんだけどコンプする気も失せた

oi549yurojgpakeg@ae.jpg 10-087・88・89

08年~09年 東宝 監督:堤幸彦
製作総指揮:小杉善信 宮崎洋 奥田誠治 脚本:長崎尚志 福田靖(第1章) 浦沢直樹(第1章、最終章) 渡辺雄介(第1章、第2章)
出演:唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 平愛梨

「サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜(2006年)」「包帯クラブ(2007年)」は私の評価高かったんですが本作でガッカリさせられた只今絶賛?公開中「BECK」の堤幸彦監督作品。

胸躍る予告に劇場で裏切られた1作目。
次はいいやとTV鑑賞したら意外や面白くなってた2作目。
今回最終章を鑑賞する為に前2作をもう一度おさらいです。

「2」を観て「1」を観ると面白さがアップしてましたなんで?
やっぱ「1」だけでは成立しないけど「2」込みだと「1」も許せます。

でもなんかもう「3」はいいや。って気もする。

案の定「3」は「2」ほど盛り上がらないな~
予定調和的と云うかハラハラドキドキ感が足りないのよね。

まぁそれなりのオチで(最後の最後は原作と違うらしい)チャンチャン。

結局「本格科学冒険映画」ってコピーはドコ行ったんだい? と、ひとり突っ込んでおりました。


★★
収まるトコに収まるだけの映画なんて要らない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/12(日) 21:45:05|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「真夏のオリオン」 戦争してんじゃねーのかよ?

2384809sdjvgdmzb.jpg 10-086

09年 東宝 監督:篠原哲雄
原作:池上司 製作総指揮:市川南 佐倉寛二郎 脚本:長谷川康夫 飯田健三郎 脚色:福井晴敏
出演:玉木宏 北川景子 堂珍嘉邦 平岡祐太 黄川田将也 吉田栄作 吹越満 益岡徹

TV放送を鑑賞。

この監督「深呼吸の必要」(2004)とかなかなかの撮ってるんですけど本作はなんでこんなにダメダメなんだろう?
と思ってたら コイツだ!

「亡国のイージス」「ローレライ」の福井晴敏が犯人だ!

と、犯人捜しをしたくなるくらいダメダメ作品です。

まず台詞がダメ。
北川景子に「戦争って人殺しですよね?」と云う様な意味の台詞を冒頭喋らせていますが、戦争は人殺しじゃ無いでしょう? それじゃ兵隊さんは人殺しか? 戦闘において結果敵兵を殺してはいますが、殺人ではありません。

むろんそんな事は分かった上での台詞だとは理解していますが、あまりにも軽薄。

しかもこれ戦争映画だし。
まぁ冒頭からこんな具合ですから最後まで説得力のない台詞が延々と垂れ流されます勘弁してくれ~

次に演出がダメ。
狭く息苦しい潜水艦内の様子も、対駆逐艦戦の緊迫感も(同時に対潜水艦戦の緊迫感も)つまりは命のやりとりと云うこの上無い緊張の描写など一切無く、ラスト唐突にハッピーエンド。

これじゃハッピーエンドのハッピーさなんて伝わりませんって。

ま、「亡国のイージス」「ローレライ」と同様の仕上がりと云えばどんなもんかお分かり頂けるかと。



玉木宏じゃ無かったんじゃナイかな。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/11(土) 22:28:07|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「サマーウォーズ」 3D化キボンヌ。

ewg465hjy6ng.jpg 10-080

09年 監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行
出演:神木隆之介 桜庭ななみ 富司純子 佐々木睦 金沢映子 信澤三惠子 玉川紗己子 桐本琢也 永井一郎 小林隆 清水優 山像かおり 田村たがめ 谷村美月 中村正 田中要次 谷川清美 今井悠貴 諸星すみれ 板倉光隆 仲里依紗 安達直人 太田力斗 斎藤歩 横川貴大


前回レビューとか。

TV放送を鑑賞。 なもんでカットされたシーンとか気になってしょうがなかったっス。
特に進行が一時貯めになるシーンがカットされてたのが残念です。
派手なシーンでは無いのですが、作品のテンポ上重要な部分なので単調にクライマックスを迎えてしまう事になりました。

それとスクリーンで観るべき作品ですねこれは。 特に仮想空間のシーンとか。

それでもまぁやっぱ面白かったです。


★★★★★
TVだと星1コ減。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/08/19(木) 22:48:24|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「アマルフィ 女神の報酬」 イタリア行きたかっただけなんでしょ?

try64ryjdythdfhsgffsaer456787677656.jpg 10-079

09年 東宝 監督:西谷弘
脚本:クレジット不表示公開 原作:真保裕一 制作統括:豊田皓 製作:堀口壽一 島谷能成 高田佳夫 尾越浩文 杉田成道 永田芳男 エグゼクティブプロデューサー:亀山千広 企画・プロデュース:大多亮 プロデューサー:臼井裕詞 和田倉和利
出演:織田裕二 天海祐希 佐藤浩市 戸田恵梨香 大塚寧々 伊藤淳史 佐野史郎  小野寺昭 平田満 大森絢音 福山雅治 中井貴一

フジテレビ開局50周年記念&フジテレビの映画で過去最高額の製作費&制作トラブルにより、脚本家名を無記名の映画にしたため、日本シナリオ作家協会から抗議を受けたと云うなかなか話題豊富な作品。

どうやら真面目に作品を作る気が無いと思われる「踊る」シリーズに対して自社の開局記念&上手くやればもしかしてシリーズ化も?と云うプレッシャー満載の本作は気合いの入り方が違います。

まぁ元々「踊る」はドラマパートにこそ(しか)見るべきものがありそれを無理矢理映画にしてしまったもんだから破綻するのは最初から分かってたハズなんです。

それに対して本作はアクションとサスペンスが邦画らしからぬ分量盛り込まれてます。

最後の最後、びびったのかアクションが尻すぼみになってしまったのが非常に残念ですが、なかなかの頑張りだったのでは無いでしょうか?


★★
話に全く現実味と云うかリアリティが無い。無さ過ぎの酷過ぎ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/08/18(水) 23:17:16|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「踊る大捜査線 THE MOVIE」 TV放送を鑑賞

ewo4q08tgujoreghrerhde.jpg 10-060

98年 東宝 監督:本広克行
製作:村上光一 中村敏夫 脚本:君塚良一
出演:織田裕二 柳葉敏郎 深津絵里 水野美紀 小野武彦 佐戸井けん太 斉藤暁 ユースケ・サンタマリア 北村総一朗 隆大介 津嘉山正種 神山繁 筧利夫 小泉今日子 いかりや長介 木村多江

もはや誰も知らない人は居ないのでは無いかと云うくらいのビッグネームとなりましたね~
「3」を見た人によると「3が一番ツマラナかった」そうですけど。

押井ファンにとっては「パトレイバーの実写を撮りたかった」と云う本広克行監督の言葉は有名?ですがあんま周知の事実になってないのはナゼだ?

今改めて観てみると「そんなに面白いか?」と思ってしまいます。
ちょうど「3」公開前にTVシリーズも再放送しててちょっと観たんですけど、なんかもう古いや。
ドラマの中に時代性が結構深く入ってたって事ですかね?

時代性を薄めてしまえば、そもそもこんなにヒットしなかったのではないかとも思いますから、昔の作品を観るよりは最新作だけを追っかけてた方が「踊るシリーズ」は面白い気が致します。



一連のTVスペシャルが一番面白い。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/12(月) 21:42:27|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「告白」 振戦のカタルシス

or9585e0h.jpg 10-053

10年 東宝 監督・脚本:中島哲也 原作:湊かなえ
製作総指揮:市川南 製作:島谷能成 百武弘二 吉田眞市 鈴木ゆたか 諸角裕 宮路敬久 北川直樹 喜多埜裕明 大宮敏靖
出演:松たか子 岡田将生 木村佳乃 芦田愛菜 山口馬木也 高橋努 新井浩文 黒田育世 山田キヌヲ 西井幸人 藤原薫 橋本愛

すっと立ち込め一面鉛の世界

重くのし掛かり圧迫される身体

こすれ、軋む音が体の中から聞こえる

こと切れオーガスムスに達する直前、解放される圧力

繰り返し繰り返し苛められ、やがて快感へと転換される苦痛

抜き差しを止めない生殖器はその摩擦に消滅する


セックスのし過ぎでチンチンがジンジンする感じ?
ジンジンするんだけど気持ちイイので腰振るの止まらない感じ?

と云うのが本作の感想です。(なんだそれ)
あと、擦り切れるんじゃないかと思うくらいセックスした時の満足感とか?(やめなさい)


★★★★★★★
今すぐ劇場に逝きなさい!   いや、劇場逝きなさい!


そして今サントラをポチっとしてしまいました音楽もネ申!

テーマ:『告白』 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/09(水) 23:07:21|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:4

「東京ゾンビ」 奥田恵梨華!

kfjoi9ut42484095-43i9t8e09i.jpg 10-050

05年 東芝エンタテインメント 監督:佐藤佐吉
原作:花くまゆうさく 脚本:佐藤佐吉
出演:浅野忠信 哀川翔 奥田恵梨華 松岡日菜 古田新太 志賀廣太郎 中村靖日 曽根晴美 高樹マリア 谷村美月 楳図かずお 森下能幸 橋本さとし 三浦誠己

浅野忠信と哀川翔が妙に息の合った間合いをみせる非常にマニアックな臭いのするホラーコメディー。

ゾンビが出て来ますがどうもそれはアリバイ作りの為で、単に柔術の映画を撮りたかっただけの様な気がします。

結果的にグダグダなんですけど前半のつかみとテンポが非常に良く出来ているので真ん中まで持ち堪えられれば最後まで逝けるでしょう。
ワースト☆コンタクト」のノリに似ていますがアッチは圧倒的に面白かったなぁ~

真夜中のTVで流れてたら思わず見入っちゃう種類の作品でした。(今回がそう)


★★★★ or ☆
ED曲がヨカッタ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/30(日) 21:55:33|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「イノセンス」 ロバート・B・パーカー 2010年1月18日没

B0000APYMZ.jpg 10-044

04年 Production I.G 監督:押井守
制作:石川光久 鈴木敏夫
原作:士郎正宗 脚本:押井守 演出:西久保利彦 楠美直子 キャラクターデザイン:沖浦啓之 メカニックデザイン:竹内敦志 プロダクションデザイナー:種田陽平 製作協力:スタジオジブリ 配給:東宝
出演:大塚明夫 山寺宏一 田中敦子 大木民夫 仲野裕 竹中直人 榊原良子

意外にも本ブログのレビュー初登場。
07年から観た映画は全部レビューを書いていますので3年以上ぶりの鑑賞って事になります。
スカパーで押井祭りだったので。

当時は”2Dと3Dの融合”とか”極限まで情報量を画面に盛り込む”って印象でしたが久しぶりに観ると”3Dで作った舞台でデジタル撮影するとどうなるか?”とか”キャラや背景はもちろん台詞まで情報として同等に扱う”みたいなものが見えて来ました。 合ってんのかどうか知らないけれど。

相変わらずのシンプルなストーリーは内省的で独白は”なよなよ”。
む~ハードボイルドの典型的パターン。
ハードボイルドだと思って観ると台詞の難解さも”ひとりごと”として全く気になりません。 や、もともと台詞自体に大した意味は無いんですけどね。
進行もハードボイルドのパターンで、主人公が事件の扉をこじ開けるのでは無くて、事件そのものが向こうから勝手にやって来て、主人公が右往左往するうちに扉が開いて行きます次々と。

それと基本バトーの見たものしか写っていないと云うかバトーしか描いていないので、主観の単調さは、押井守だからと云うよりハードボイルドに馴染んでいない人には辛い一因かと。

久しぶりに観ると新しい発見とかあって面白かったです。


★★★★
春の日やあの世この世と馬車を駆り
凧なにもて死なむあがるべし
麗かや野に死に真似の遊びして

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/07(金) 22:15:56|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「図書館戦争」 ベタ

87439ujgokijlgro9uojrg09856908503y.jpg 10-041

08年 PRODUCTION I.G TVシリーズ全12話 監督:浜名孝行
原作:有川浩 企画:松崎容子 プロデューサー:高瀬敦也 竹内文恵 西村知恭 細貝康介 シリーズ構成:古怒田健志 キャラクター原案:徒花スクモ キャラクターデザイン・総作画監督:中村悟
出演:井上麻里奈 前野智昭 石田彰 鈴木達央 沢城みゆき 鈴森勘司

物語の舞台は「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるため」の検閲が、法律によって認められ、検閲に際しては武力行使さえ許される近未来の日本。検閲から本を守るための組織「図書隊」の奮闘と隊員である主人公の恋愛の行方を描く。

時は西暦2019年、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」(実質上の検閲の合法化)が施行された世界。強権的かつ超法規的にメディア良化法を運用する「メディア良化委員会」とその実行組織「良化特務機関」の言論弾圧に唯一対抗できる存在が図書館だった。かくして図書館は表現の自由を守るために武装し、良化特務機関との永きに渡る抗争に突入することになる。

以上Wikiより


何やら「人狼」を想像させる設定ながらフジテレビのノイタミナ枠なので基本軽いです。
そしてメインはラブコメだし。

そしてラブコメ苦手な私は2話に1回は”イラっ!”としました。
けれど、手堅くまとめた最終話に結構満足。

”謎ばっか振りまいて回収しないまま場外での盛り上がりを煽動”とかエヴァだけで沢山なんですよ。
やっぱ基本最後にキッチリまとめるべきでしょう。

そんな意味では、本作はベタとも云える普通のオチながら1つのシリーズとして安心して”観終わった感”を味わう事が出来ます。


★★★★
「人狼」のノイタミナVer.

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/27(火) 23:25:43|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「DARKER THAN BLACK 流星の双子(ジェミニ)」 やらかした~

41U66rdgChL__AA300_.jpg 10-040

09年 BONES TVシリーズ全12話 監督:岡村天斎
原作:BONES 岡村天斎 キャラクター原案:岩原裕二 キャラクターデザイン・総作画監督:小森高博
出演:木内秀信 花澤香菜 沢木郁也 浅井清己 水樹奈々 大友龍三郎 三宅健太 斎賀みつき

なんか設定とかよくわかんないな~と思っていたら「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」(2007)って作品の続編って…

あ~2から観たってダメなんだよ~ それでか~ へこむ~

で、内容がどうこう云う前に”お約束”過ぎる感じがします。 予定調和とかその手の文法と云ってもいい。
一定水準のアニヲタを相手に「設定等諸々は他のメディアで露出してるからその辺は分かってるよね?」前提の作り方。

ただオチ前までは面白かったのでオチをなんとかすりゃ結構丁寧な作品になったと思います。


★★
ポスト・エヴァンゲリオン症候群

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/20(火) 21:08:42|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「雲のむこう、約束の場所」 絶妙な塩梅

try65urjy.jpg 10-039

04年 コミックス・ウェーブ 監督:新海誠
製作総指揮:新海誠 脚本:新海誠
出演:吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香

「ハウルの動く城」などを抑え、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞したそうな「ほしのこえ」で評価の高い新海誠の3作目の監督作品。

「時をかける少女」「サマーウォーズ」で新しい時代を感じさせる清々しい作品を作った細田守ですが、清々しさならこの新海誠の方が上かもしれません。 そして触れると消えてしまいそうな脆さなら圧倒的にこの人。

まぁ「ほしのこえ」と全体的なトーンは一緒なんですけど、それを云えば宮崎駿だって押井守だって原恵一だって同じです。

さて本作では軌道エレベーターみたいなのが出て来ます違ったけど。 つーかもっとすごいものだったですよ。

で、本作を簡単に説明するなら「SFベース(結構ハード)の青春さわやか系に女々しい僕が決断したら大変な事になりました」みたいな?

新海監督の作品では一番イイ感じです。


★★★★
インパクトでは「ほしのこえ」だけど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/16(金) 22:08:10|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「百万円と苦虫女」 ある種の理想型

oo93u4orgbslgdljkeatp9qbfbdg.jpg 10-035

08年 日活 監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ 脚本協力:黒沢久子
出演:蒼井優 森山未來 ピエール瀧 佐々木すみ江 矢島健一 キムラ緑子 齋藤隆成 嶋田久作 モロ師岡 笹野高史

実際の需要がどれだけあるかは別として、多くの野郎どもにとって最もイメージしやすい「少女の理想型を具現化した」蒼井優でなければ成立しなかったであろう主演作品。

私にとって蒼井優と云えば「花とアリス」(2004 長編の方)の衝撃が忘れられませんが、本作はそれに勝るとも劣らない素晴らしい内容です。

最初から最後まで悶々とスローな展開は万人受けしないでしょうし、オチは賛否あると思います。

しかしそれでも、あなたが「花とアリス」を面白かったと思われるなら、本作は必見の出来と申し上げておきましょう。


★★★★★
あのオチは最初「ええ~!」となったが結局納得あれで良かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/03(土) 23:34:24|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「時をかける少女」 上映館数なりの内容

kj87ghytrrt.jpg 10-033

10年 スタイルジャム 監督:谷口正晃
原作:筒井康隆 製作:藤本昌俊 松岡周作 脚本:菅野友恵
出演:仲里依紗 中尾明慶 安田成美 勝村政信 石丸幹二 青木崇高 石橋杏奈  千代將太 加藤康起 柄本時生 キタキマユ 松下優也

何度も映像化される筒井康隆原作で私は極めて筒井康隆っぽくないと思っている仲里依紗Love主演作品。

公開劇場数が極めて少ない(福岡市周辺で2館、しかも2館合わせて1日の上映回数はたったの3回!)ので観る(事の出来る)人は少ないでしょうけど、まぁ配給が付かなかった事は十分納得出来る内容でした。

ぬるい。

ぬる過ぎる。 良く云えばじっくりなんだけどテンポが悪いとか間延びしてるとかでは無くて、進行にイライラする。

仲里依紗は良く演ってたと思いますが「仲里依紗でなければならなかった」ほどでは無かったのが残念。

それでもね。 例えばスマッシュヒットした細田守のアニメ版と本作と、どちらが筒井康隆らしいか? と聞かれれば間違いなく本作と答えるでしょう。

筒井康隆らしい不条理さや、青春と云う甘っちょろい響きの向こうにある残酷さみたなものが良く出てたと思います。 ココは良かった。

そしてクライマックス。

泣きました。 ええ泣きましたとも。 仲里依紗の演技と作中の残酷な現実に。
もしかしたらあの眠くなるぬるさはクライマックスを迎える為に必要だったのかもしれないとさえ思いました。
しかし仮にそれが当たっていたなら、それは狙い過ぎと云うものです。

タイムリープの演出がちょっと大林監督っぽい感じがして「おお!」となったけどソコは要らないなぁ。


★★
カメラが殆どず~っと仲里依紗を追いかけていたのが良かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/01(木) 20:33:53|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「天空のエスカフローネ」 制作者の“想い”は伝わらず

51O-q0lMFqLkjhkihgiu.jpg 10-027

96年 サンライズ TVシリーズ全26話 監督:赤根和樹
原作:矢立肇 河森正治 キャラクターデザイン:結城信輝 メカニカルデザイン:山根公利 音楽:菅野よう子 溝口肇
出演:坂本真綾 三木眞一郎 飯塚雅弓 関智一 大谷育江 大塚明夫 榊原良子 玄田哲章 三木眞一郎 飯塚雅弓 天野由梨 稀代桜子 大川透 茶風林 高山みなみ 中田譲治 山口勝平 天野由梨 日高奈留美 辻谷耕史 山内雅人

「少女漫画独特の“想い”や“観念”が最優先される世界を、何らかのスーパーテクノロジーで強引に実現しようとするとどうなるか?」というシミュレーションが試みられている。(Wikiより)

らしいですけど、これ「ダンバイン」じゃん。

結局ファンタジーものは王子様とお姫様と妖精と獣人と邪悪と強大な力を持つ宝物の取り合いに収斂してしまうのですね。

誰か新しいファンタジーの提案プリーズ!


★★
なにげに鉄板の豪華キャスト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2010/03/20(土) 16:27:41|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:4

「タイヨウのうた」 太陽が沈んだら会いに行くよ泣きながら

ijgu875reh.jpg 10-026

06年 松竹 監督:小泉徳宏 原作・脚本:坂東賢治
出演:YUI  塚本高史 岸谷五朗 麻木久仁子 通山愛里 小柳友 田中聡元 ふせえり

当初は1993年の香港映画、『つきせぬ想い(新不了情)』のリメイク企画を依頼されていたのだが、古い映画でありそのままのリメイクでは今の時代に合わないとの判断から、脚本家・坂東賢治が以前から温めていたオリジナル・ストーリーが採用された。(以上Wikiより)と云う作品。 ん?「つきせぬ想い」ってそんなだったっけ?

壮大なYUIのPV映画だと思ってましたゴメンナサイスミマセン。
や、確かに壮大なYUIのPV映画なんですけどそれ以上の出来です。
私はYUIが好き。ってのを差し引いても良かったです。

ただ、冷静に見ると非常にゆる~いテンポは間延びした印象を与えますしYUIの演技も”素”過ぎて褒められたものでもありません。

しかし、それ故に、ゆっくりと死に近づいてゆくYUIの一挙一動が深く悲しみを誘います。

嗚呼何故YUIは死ななければならなかったのか?

意外とあっさり死んでしまい驚きますが、死の描写は本作の目的では無く「どう生きてどう残したか」ですからまぁヨシとしておきましょう。
多分、死の描写があったら観客号泣阿鼻叫喚。

結局、電影門はYUIが好きなだけでしょ?

と云われれば、まぁそうなんですけど。


★★★★
エリカ様より断然YUI。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/18(木) 23:11:58|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 こんな事件ばっか起こる病院はイヤだ。

general894798t4ujgf.jpg 10-022

09年 東宝 監督:中村義洋 原作:海堂尊
脚本:斉藤ひろし 中村義洋
出演:竹内結子 阿部寛 堺雅人 羽田美智子 山本太郎 高嶋政伸 尾美としのり 貫地谷しほり 佐野史郎 玉山鉄二 野際陽子 平泉成 國村隼

前作はパッとしない出来でしたが大化けしました。
まるでスパイダー1→2の如き進化です。

割と複雑にしてあるプロットと堺雅人のキャラが終盤まで不明なのが物語を最後まで引っ張っています。
そうだろうとは思わせつつ違うかもしれない気配とか。

終わったと思ったら最後にもう1回盛り上がるとことか秀逸。

4月6日より、毎週火曜日の22:00~「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」のタイトルで連続ドラマを放送予定。主演は伊藤淳史。
だってよ~ TV版の出来は保証しませんけど。


★★★★★
ライブラリーに入れたいけど「1」もとなると躊躇する。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/09(火) 20:53:15|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「バイオハザード ディジェネレーション」 ファンサービス

ogjojou29859hiu.jpg 10-019

08年 デジタル・フロンティア 監督:神谷誠
脚本:菅正太郎 プロデューサー:小林裕幸 共同プロデューサー:植木英則 製作総指揮:辻本春弘

デジタル・フロンティアってどんなトコだろ?と、調べてみると「サマーウォーズ」「蛇にピアス」「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」あとデスノート系とアップルシード系。 ふ~ん。 好印象と云うか微妙と云うか…

CGの出来は今時イマイチです。 全編フルCGを謳うのなら、この出来はダメでしょう。

内容はバイオハザード系です。(なげやり)
可もなく不可もなくですけどCGがねぇ~


★★
セルのみだそうなのでレンタルで探してもアリマセン念為。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/01(月) 20:33:39|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「ワルボロ」 正統な後継ゆえに…

51olwxxWzLL[1] 10-018

07年 東映 監督:隅田靖
原作:ゲッツ板谷 プロデューサー:菅谷英智 國松達也 脚本:木田紀生 音楽:鮎川誠 遠藤幹雄
出演:松田翔太 新垣結衣 福士誠治 木村了 城田優 古畑勝隆 途中慎吾 仲村トオル 高部あい 戸田恵子 温水洋一 西原理恵子 ピエール瀧 桑代貴明 星ひなの

「ビーパップハイスクール」の助監督、隅田靖監督作品。

非常に良く出来た「クローズ0」登場後、このジャンルも結構ハードルが高くなってしまい並の出来ではキビシイ現状。 並の出来でありました。

ガッキーと云う強力なウエポンを装備するも、もうひとつ使い方が弱く効果が上がっておりません。

結局、松田翔太以外に見るべきものが無く、故に松田翔太ファン以外観る人も居ない状況となっております。


★★
「クローズ0」だけでよい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/22(月) 22:45:45|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「図鑑に載ってない虫」 チャラい寺山修二

87hgt5664333333217890hf.jpg 10-017

07年 日活 監督・脚本:三木聡
出演:伊勢谷友介 松尾スズキ 菊地凛子 水野美紀 岩松了 ふせえり 三谷昇 笹野高史 松重豊 渡辺裕之 高橋惠子 山崎一 片桐はいり つぐみ 森下能幸 村松利史 志賀勝 園子温 田中哲司 マメ山田 嶋田久作 佐々木すみ江 新屋英子

なんとも難しい作品です。

表面的には下ネタと三流ギャグの連続に辟易としてしまうのですが、その内慣れて来ると怪しい演出が見えて来ます。
そしてこの怪しい感じが結構イケルので始末が悪い。

菊地凛子や、ふせえりの演技も素晴らしく、とにかく下ネタ三流ギャグさえクリア出来ればきっと満足頂ける事でしょう。

しかし下ネタ三流ギャグがクリア出来なかったら、絶対最悪の評価だよ。


☆ or ★★★★
中盤の臨死体験ショーが秀逸。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/02/20(土) 16:43:40|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する