< はんぱでごめんね 映画 レビュー

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ビロウ」 大道具さんガンバリました

489t8jegiojtwgdiue489r.jpg 11-045

02年(日本公開は03年)アメリカ 監督:デヴィッド・トゥーヒー
製作総指揮:ボブ・ウェインスタイン ハーヴェイ・ウェインスタイン アンドリュー・ローナ 製作:スー・ベイドン=パウエル ダーレン・アロノフスキー エリック・ワトソン 脚本:ルーカス・サスマン ダーレン・アロノフスキー デヴィッド・トゥーヒー
出演:マシュー・デイビス ブルース・グリーンウッド オリヴィア・ウィリアムズ ホルト・マッキラーニ スコット・フォーリー ザック・ガリフィキナス ジェイソン・フレミング ジョナサン・ハートマン デクスター・フレッチャー ニック・チンランド

一度観た事があるんですけど断片的にしか覚えていませんでした。
正確に云うと観た事はすっかり忘れていて、途中途中で「あれ?」ってシーンが出て来て「あー観た事あったのか」と。

で、珍しいジャンルになります。
潜水艦モノのホラーサスペンスで少々オカルト風味。
しかも軸足はドコだい?と訊きたくなるほどしっかりした潜水艦のディテール。
細かぁ~いトコまでしっかり作り込んでいて感動すら覚えます。

サスペンスだと思ってたんですけど途中からホラー要素が出て来てチラつくオカルトの影。

お!潜水艦でオカルト?と思わせといて終盤やっぱサスペンスなんだ~と思ったらオチはやっぱオカルトだろ?ソレと云うその部分では微妙と云うか少しブレてる。

でも潜水艦ディテールの確かさと単純に面白さの点で良かったと思います。


★★★★
「リディック」(2004)「ピッチブラック」(2000)「アライバル 侵略者」(1996)
と、面白いの撮ってるよこの監督。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/20(金) 22:40:53|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「月に囚われた男」 新しい

3895yue02tgjrje39utg.jpg 11-044

09年(日本公開は10年)イギリス 監督:ダンカン・ジョーンズ
製作:スチュアート・フェネガン トルーディ・スタイラー 脚本:ダンカン・ジョーンズ ネイサン・パーカー
出演:サム・ロックウェル ケヴィン・スペイシー カヤ・スコデラリオ

監督のダンカン・ジョーンズはデヴィッド・ボウイの息子で御座います。

知ってる?デヴィッド・ボウイ。

もう知らない世代の方が多いんじゃナイかな?
私は中期から少しだけ聴いてましたけど中期直前の頃なんか超カッコイイですよ。
話しは逸れますが、娘にビジュアル系バンドの説明をする時にどーしてもGLAY・LUNA SEA→BOØWY→Bauhaus→デヴィッド・ボウイに行き着いてしまします。

少ないキャスト、落ち着いた演出に進行、コンピュータとの対話が「2001年宇宙の旅」を連想させますがデビュー作として、いやそんなの関係無く非常に良い仕上がりになっております。


★★★★★
いい。観なさい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/16(月) 20:59:02|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

「レギオン」 実は押さえておきたい隠れB級(かも?)

leotiyihjogspfgdmh.jpg 11-043

10年 アメリカ 監督:スコット・スチュワート
製作総指揮:ゲイリー・マイケル・ウォルターズ スコット・スチュワート ジョナサン・ロスバート 製作:デヴィッド・ランカスター ミシェル・リトヴァク 脚本:ピーター・シンク スコット・スチュワート
出演:ポール・ベタニー ルーカス・ブラック タイリース・ギブソン エイドリアンヌ・パリッキ チャールズ・S・ダットン ジョン・テニー ケヴィン・デュランド ウィラ・ホランド ケイト・ウォルシュ デニス・クエイド

レギオンつーと日本人には「ガメラ2 レギオン襲来」でしょーよやっぱ。
レギオンってそーゆー意味だったのか~(各自お調べ下さい)

驚きなのは神様の意思が働き、天使が地上界に降りて来て天使の使いがまるでゾンビ!な事。
ゾンビですよ天使が出て来るのに。

ビジュアル的には何となくテリー・ギリアムの「未来世紀ブラジル」を連想させ好印象だけど本が…本がねぇ~ ぬる過ぎです。

あと最後の審判風を装いつつ実は普通の立て籠もり攻防戦とかも超減点対象。



ばーさんが超怖えー。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/15(日) 23:54:44|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「トランスフォーマー・リベンジ」 好きになってきた

61RnJmglzFL__SL500_AA300_.jpg 11-042

09年 アメリカ 監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ マーク・ヴァーラディアン 製作:イアン・ブライス トム・デサント ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ 脚本:アレックス・カーツマン ロベルト・オーチー アーレン・クルーガー
出演:シャイア・ラブーフ ミーガン・フォックス ジョン・タトゥーロ ジョシュ・デュアメル タイリース・ギブソン ピーター・カレン ヒューゴ・ウィーヴィング

なんか観たくなったので。前回レビューとか。

そこそこ面白い。いや結構好きだやっぱり。

しかしよくよく見るとミーガン・フォックスやイザベル・ルーカスは全然エロく無かった。
それなりの女優って事なのか?エロが基準って事では無いけど。

そして2回目でも敵味方がワカンナイって事は恐らく何回観てもワカンナイ気がして来ました。


★★★★
やっぱSFロボットモノは萌えます。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/13(金) 20:53:31|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 ステレオタイプ

896u4hjowjtojhwynjtty.jpg 11-039

10年 アメリカ・カナダ 監督:クリス・コロンバス
原作:リック・リオーダン 製作総指揮:トーマス・M・ハメル グレッグ・ムーラディアン ガイ・オゼアリー マーク・モーガン 製作:クリス・コロンバス マイケル・バーナサン カレン・ローゼンフェルト マーク・ラドクリフ 脚本:リック・リオーダン クレイグ・ティトリー ジョー・スティルマン
出演:ローガン・ラーマン ブランドン・T・ジャクソン アレクサンドラ・ダダリオ ジェイク・アベル キャサリン・キーナー ジョー・パントリアーノ ピアース・ブロスナン マリア・オルセン ユマ・サーマン ディラン・ニール ロザリオ・ドーソン スティーヴ・クーガン メリーナ・カナカレデス ケヴィン・マクキッド ショーン・ビーン

ほんわかした作品が多いクリス・コロンバスの最新作。
ハリーポッターの終焉が目前に迫り後釜を見つけようと関係各位が必至な感じが伝わって来ます。

しかしまぁ何ですな、西洋の古典キャラはなんでこうも繰り返し繰り返し復活しちゃ暴れ回るんでしょう?
西洋人はそんなに昔話好きなのか?

そんな具合で日本人でも知ってるお話しの断片が次から次へ、かえって混乱するぐらいに脈絡無くコラージュの様に繰り出して来ます。

お子様にはそこそこ面白いだろうとは想像出来ますが、残念ながら私は大人なのでちっとも面白くありませんでした。

ユマ・サーマンは結構良かったし、ゼウス(ショーン・ビーン)とポセイドン(ケヴィン・マクキッド)が人間になった姿はカッコイイんですけど、いかんせんお話しと見目がもう概視感たっぷりでいまさらな気持ちを拭えません。


★★
日本人にはギリシャ神話はピンと来ない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/10(火) 23:36:33|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

「ハード・ワイヤー 奪われた記憶」 超B級

8593yhgoriehejsd.jpg 11-035

09年(日本未公開)アメリカ・カナダ 監督:アーニー・バーバラッシュ
製作:カーク・ショウ 製作総指揮:リンジー・マカダム ルーベン・ライバー ブラッド・クレヴォイ 脚本:マイケル・ハースト
出演:キューバ・グッディング・Jr ヴァル・キルマー マイケル・アイアンサイド レイチェル・ラトレル タチアナ・マズラニー チャド・クロウチャク テリー・チェン アリ・リーバート ロバート・クラーク エリック・ブレカー

すぐに「あ~これじゃ配給付かないよね~」と合点します。

なんか初期のジョン・カーペンター作品を観ている様です。
なんかヴァル・キルマーがカート・ラッセルにしか見えないし。

予算も無けりゃ技術も無い。悪い事にセンスまで無ぇ~や。な仕上がり。
けれどそれなりに熱さは持っている様で真面目に作ってある感とかは伝わって来ます。

なので分類するなら「B級SF」って事になるでしょう。



カーペンター好きなら。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/02(月) 17:39:36|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

「ソウ6」 下がった難易度

8934ugregehheh.jpg 11-034

09年 カナダ・アメリカ 監督:ケヴィン・グルタート
製作総指揮:ダニエル・ジェイソン・ヘフナー ジェームズ・ワン リー・ワネル ステイシー・テストロ ピーター・ブロック ジェイソン・コンスタンティン 製作:オーレン・クールズ マーク・バーグ 脚本:パトリック・メルトン マーカス・ダンスタン
出演:トビン・ベル ピーター・アウターブリッジ コスタス・マンディラー ベッツィ・ラッセル マーク・ロルストン アシーナ・カーカニス ショウニー・スミス

前作レビューとか →

監督のケヴィン・グルタートはこれまでソウシリーズの編集をやってたそうで本作が監督デビューとなります。そして編集出身と云う監督の出所が本作に強く出ております。

リスタートした前作の事などすっかり忘れておりますが、まるで「レッド・クリフ後編」の様な冒頭に今までのお話しと過去からのカットバックで親切丁寧。
おお!そーだったそーだったと記憶の引き出しのインデックスがちょいちょい付いてるので整理整頓が非常に楽チン。
しかしながらスプラッタシーンや装置の懲り方なんぞ1作目並みの出来で絵的にも満足出来る仕上がり。

おお!イイ人見つけたじゃん。
次回もこの監督でお願いしたいものです。


★★★
非常に分かり易い。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/29(金) 21:34:28|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「グリーン・ゾーン」 兵隊さんのボーンなんとか

i598uhgoeserhehj.jpg 11-033

10年 アメリカ 監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮:デブラ・ヘイワード ライザ・チェイシン 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー ロイド・レヴィン ポール・グリーングラス 脚本:ポール・グリーングラス ブライアン・ヘルゲランド
出演:マット・デイモン エイミー・ライアン グレッグ・キニア ブレンダン・グリーソン

マット・デイモンのボーンシリーズで出世したポール・グリーングラス監督ですけど個人的には「ユナイテッド93」(2006)良かったです。

ボーンシリーズをご覧になった事がある方ならもうそのまんまですご安心下さい。
ダニエル・クレイグのボンドが難航している中、アクション系のシリーズもので最近結果を残せているのはマット・デイモンぐらいか?と思うくらいに安定した質感とどんな人にもある程度担保された面白さ。

ただ、一兵卒がそこまで出来ないっしょ?と云う極めて大きな疑問と強引さが本作の弱点ではありますが、まぁ結果オーライって事で合格としておきます。


★★★★
直球ド真ん中ストレートの王道的アクション映画。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/28(木) 21:11:34|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「パンデミック・アメリカ」 TVドラマの域内

473yghieuefdd.jpg 11-032

06年 アメリカ 監督:ミック・ジャクソン
原作:ロバート・ラドラム
出演:スティーヴン・ドーフ ミラ・ソルヴィノ アンジェリカ・ヒューストン

前後編で3時間のTVドラマ。
つーかドラマにしては予算あり過ぎ。
正確には映画化する予定だったけど諸般の事情でテレビでやる事になっちまったと云うのが多分正解。

最初からそうなのか映画化を諦めた時点で方向転換したのか極めてTVドラマっぽい仕上がりです。

長い尺を利用してふんだんにバラまかれた伏線。
1回じゃチョット…の複雑なプロット。
予算あるので大がかりなロケやセットに色々な動員。
アクションは結構あるけど叙情的なものを一切排除して重視したドラマパート。

これ6話~12話ぐらいのシリーズものでイケば良かったのに。

観てる最中はそこそこ良かったけど観終わってみたら何も残っちゃ~いませんでした。



ダスティン・ホフマンの「アウトブレイク 」にアクションサスペンスを足した感じ。

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

  1. 2011/04/27(水) 22:34:00|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「パリより愛をこめて」 ハリウッドがおフランスに乗り込むぜ!

iow8uir53urgei4t3yuhgkhrd.jpg 11-031

10年 フランス 監督:ピエール・モレル
原案:リュック・ベッソン 製作総指揮:ヴィルジニー・ベッソン=シラ 製作:インディア・オズボーン 脚本:アディ・ハサック
出演:ジョン・トラボルタ ジョナサン・リース=マイヤーズ カシア・スムトゥニアク

タイトルのセンスが絶妙です。
このタイトルは作品の雰囲気をとても良く表しています。

トラボルタが超都合のイイキャラ設定なんですけどそこはイイ意味でフランス映画らしく◎

けどよくよく観察すると本作の魅力の大部分はひとえにトラボルタの魅力におんぶにダッコしており、良い云い方をするとトラボルタの魅力を引き出す事に成功したとも云えます。監督も(リュック・ベッソンが?)上手だったと云う事でしょうか。

メチャクチャなキャラですがやっぱトラボルタはこーゆー役がハマるなぁ~と納得させられます。


★★★★
トラボルタ出演作品の中でも面白い方だと思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/20(水) 22:00:24|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 相変わらず面白い

erpi9ay580eyh09u5heorshjh.jpg 11-030
09年 アメリカ 監督:マイケル・ムーア
製作総指揮:キャスリーン・グリン ボブ・ワインスタイン ハーヴェイ・ワインスタイン 製作:マイケル・ムーア アン・ムーア 脚本:マイケル・ムーア

過去「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」「シッコ」と観てきましたが本作が一番エンタメ色が強いです。

けど同時に突っ込みの深さも反比例して弱くなっています。

「ボウリング・フォー・コロンバイン」は荒々しく生々しかった分、衝撃がありましたが、最後まで付き合うには体力と集中力も必要でした。

本作にはそのエネルギーは無いものの面白く最後までお付き合いできます。


★★★★
個人的には「シッコ」が一番良かったかな~

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/12(火) 21:36:11|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ウルフマン」 なんだそれ

eeoi5y5e40yhjrtohsh.jpg 11-028

10年 アメリカ・イギリス 監督:ジョー・ジョンストン 製作総指揮:ビル・カラッロ ライアン・カヴァノー 製作:スコット・ステューバー ベニチオ・デル・トロ リック・ヨーン ショーン・ダニエル 脚本:アンドリュー・ケビン・ウォーカー デビッド・セルフ
出演:ベニチオ・デル・トロ アンソニー・ホプキンス エミリー・ブラント ヒューゴ・ウィーヴィング ジェラルディン・チャップリン リック・ベイカー

「ロケッティア」(1991)、「ジュマンジ」(1995)、「ジュラシック・パークⅢ」(2001)となかなかの経歴のジョー・ジョンストン監督作品にしてベニチオ・デル・トロを主役に持って来ると云うシブイ映画です。

つーかもう見た目地味です。

そして超薄味。

見目はかなりなハイクオリティに仕上がっていますがそれだけでしかありません。

ベニチオ・デル・トロを敢えて使うんだったら他に手口があっただろうにと残念無念であります。


★★
それでもリメイクしたかったの?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/08(金) 21:14:18|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-」 これは断じて美学では無い

3859ujg9wjrwogsfhr.jpg 11-027

09年 アメリカ(日本未公開) 監督:デニス・イリアディス
製作:ウェス・クレイヴン ショーン・カニンガム マリアンヌ・マッダレーナ 製作総指揮:レイ・ハバウシュ 脚本:アダム・アレッカ カール・エルスワース
出演:トニー・ゴールドウィン モニカ・ポッター サラ・パクストン スペンサー・トリート・クラーク マーサ・マックアイサック ギャレット・ディラハント

79年自身のデビュー作「鮮血の美学」を自分でリメイク。

バイオレンス描写で話題になった様ですが本作もバイオレンスです。
そして普通の暴力では無く性暴力の不条理もの。

辛い。これはかなり辛い。

レイプシーンの演出も辛ければその不条理な暴力の不条理さが弱いのも辛い。
そしてその不条理な暴力に立ち向かう両親がこれまたバイオレンスなのも辛い。

果たしてこの際限ない意味の無い暴力を観客に提示する事の意味がドコにあるのか?

心が痛むだけの荒んだ映画を果たして誰が楽しんで観ると云うのでしょうか?



R18と云うか女性は鑑賞オススメしません。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/06(水) 17:49:12|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「17歳の肖像」 キャリー・マリガンかわいいぞコラ!

859uehtdhoep.jpg 11-025

09年 イギリス(日本公開は10年) 監督:ロネ・シェルフィグ
原作:リン・バーバー 製作総指揮:デヴィッド・M・トンプソン ジェイミー・ローレンソン ニック・ホーンビィ ジェイムズ・D・スターン ダグラス・E・ハンセン ウェンディ・ジャフェット 製作:フィノラ・ドワイヤー アマンダ・ポージー 脚本:ニック・ホーンビィ
出演:キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク エマ・トンプソン アルフレッド・モリーナ カーラ・セイモア オリヴィア・ウィリアムズ

ワキを固める女優さんロザムンド・パイクどっかで見た事あるな~と思ったら「サロゲート」に出てたよこの前観たばっかりだなるほど。ちょっとクラシックで特徴的な雰囲気持ってるので記憶に残りやすい女優さんです大事だよこれ。

さて私の青春モノのマイベストは、洋画だったら「ゴーストワールド」、邦画だったら「月光の囁き」ですが本作もかなり良かったです。
「ゴースト・ワールド」は出口が見えず気付かない内に自分の中から溢れてくる思春期特有の苛立ちを、「月光の囁き」はノーマルではない性癖に目覚めてしまったカップルの新しい愛のあり方をとても魅力的に表現していました。

本作では世の中を知らない少女が開けてしまったパンドラの箱(災いではないけれど。いや、ある意味麻薬の様ではあります)の中身に足元が浮いてしまい、最後に大人の勝手な事情の残酷さに翻弄される姿をイギリスらしい雰囲気でセンス良く演出してあり、コミカルに悲しくそしてそれが表裏一体でテンポ良く展開する進行に楽しく鑑賞する事が出来ます。

そして本や演出もさることながら演者さんも全員が魅力的なのが◎でした。


★★★★
フツーの内容なんですけどね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/28(月) 22:40:59|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ハート・ロッカー」 難易度やや高し

3984tgigwegslhhr.jpg 11-024

08年 アメリカ(日本公開は10年) 監督:キャスリン・ビグロー
製作:キャスリン・ビグロー マーク・ボール ニコラ・シャルティエ グレッグ・シャピロ マルコ・ベルトラミ バック・サンダース 脚本:マーク・ボール
出演:ジェレミー・レナー アンソニー・マッキー ブライアン・ジェラティ ガイ・ピアース

ジェームズ・キャメロンの元嫁で去年元ダンナと賞レースで話題になりました。

「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」(1995)とか「悪魔の呼ぶ海へ」(2000)とかは面白かったです「K-19」(2002)はイマイチでしたけど。

何だろう?上手く書けないけど女性っぽいなぁ~と思いました。例えばコッポラ娘の「ロスト・イン・トランスレーション」なんか雰囲気似てる気がする。

淡々としていると云うか俯瞰的と云うか。
どこか冷めた他人行儀な目線で一歩引いたスタンスなので、作品の中に入り込む様な作品ではありません。まぁ主人公の行動が 常軌を逸してるのでそこのハードルが高いんですけど。

でも、まぁ戦争の狂気と云うテーマは普通としてもその切り口が新鮮なので、ワクワクドキドキ鑑賞出来ます。(ワクワクは不穏当か)

しかしこれがオスカーか?と云う疑問もあるワケで、話題になったから。と云うだけの動機で観るとイマイチ感は否めないと思います。

そう云う意味では玄人受けのする作品と云えるでしょう。


★★★★
普通に戦争モノとして面白い。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/27(日) 17:29:37|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ダレン・シャン」 ときめかない

48u9gorhgshe.jpg 11-023

09年(日本公開は10年)アメリカ 監督:ポール・ワイツ
原作:ダレン・シャン 製作総指揮:ダン・コルスラッド サラ・ラドクリフ ケリー・コハンスキー コートニー・プレジャー 製作:ポール・ワイツ アンドリュー・ミアノ ユアン・レスリー ローレン・シュラー=ドナー 脚本:ポール・ワイツ ブライアン・ヘルゲランド
出演:クリス・マッソグリア ジョシュ・ハッチャーソン ジョン・C・ライリー マイケル・セルベリス 渡辺謙

なんだかすっかりチョウ・ユンファのポジションを頂いちゃった感のある渡辺謙が出ております。

まぁしかし他にさしたる見所が無いと云うのが正直なところで、何がやりたかったのかヨクワカリマセン。

ハリー・ポッターが吸血鬼になってXメンみたいに戦う。
って感じでしょうか?乱暴な例えですけど。



物語の第一章目となる今映画だが、興行成績も全く奮わず、次回作の制作は白紙状態である。(Wikiより)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/25(金) 01:10:42|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「第9地区」 ゴキちゃんとか苦手な人は鑑賞不可

rkgijgro584yhy.jpg 11-022

09年(日本公開は10年)アメリカ・南アフリカ共和国・ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ
製作総指揮:ケン・カミンズ ビル・ブロック 製作:ピーター・ジャクソン キャロリン・カニンガム 脚本:ニール・ブロムカンプ テリー・タッチェル
出演:シャールト・コプリー デヴィッド・ジェームズ

なんだか賛否ある様な雰囲気でしたが拾い物だったか?

ここ数年では珍しいエイリアン侵略物ってだけでも充分嬉しいんですけど。

ドキュメンタリータッチの導入部に怪しい(ハズレ)の予感がプンプンしますがそこを通過すればあとは大丈夫。ラストまで一気です。

そして終盤に登場するパワードスーツに涙ちょちょぎれしかもカッコイイ。

濡れた。濡れちゃったよ。

宇宙船、波動兵器?、パワードスーツ… 合格です。


★★★★
でも虫だけどね。しかもキモイ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/21(月) 21:09:22|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:3

「ゴー・ファースト 潜入捜査官」 世間様の評判は芳しくない

reyg4eiohgeoh.jpg 11-021

08年(日本公開は09年)フランス 監督:オリヴィエ・ヴァン・ホーフスタッド
脚本:ビビ・ナセリ ジャン=マルク・スヴィラ エマニュエル・プレヴォスト
出演:ロシュディ・ゼム オリヴィエ・グルメ ジャン=ミシェル・フェト ジル・ミラン

よくある潜入捜査ものにカーアクション(少々)を絡めてみました。

フランス映画にありがちな(失礼)設定やディテールの荒っぽさは無く、むしろ良く細部まで作り込んでいると思います。
なのでフランス映画にありがちな(失礼)ウソっぽさやチャチさはありません。
けれどストーリーが極めて平板でどうにもこうにも盛り上がりに欠けるので鑑賞後には淡々とした印象しか残りません。

その辺が弱点ではありますが普通の潜入捜査もの+カーアクション映画としては充分楽しめる内容でした。


★★★★
フランス映画ってクルマの撮り方が上手いよね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/19(土) 22:56:57|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「イーグル・アイ」 「ドロップ・ゾーン」面白かったよ

4456yrtrhsgsgseyu67iyokukgjh.jpg 11-018

08年 アメリカ 監督: D・J・カルーソー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ エドワード・L・マクドネル 製作:アレックス・カーツマン ロベルト・オーチー パトリック・クローリー 脚本・原案:ダン・マクダーモット 脚本:ダン・マクダーモット ジョン・グレン トラヴィス・アダム・ライト ヒラリー・サイツ
出演:シャイア・ラブーフ ミシェル・モナハン ビリー・ボブ・ソーントン ロザリオ・ドーソン マイケル・チクリス アンソニー・マッキー イーサン・エンブリー ウィリアム・サドラー ジュリアン・ムーア

「ドロップ・ゾーン」(1994)が懐かしいぞ久しぶりにこの人の作品観ました。

出だしの雰囲気はウィル・スミスの「エネミー・オブ・アメリカ」みたいです。

迫力あるけど何となく冷めてる感じはスピルバーグの好みが反映されてんのか?

脚本に何人も関わっている割にしっかりした本です。(脚本のクレジットが多いほどツマンナイ傾向にあると思っている)

おお!そーゆータネだったのか。
黒幕の設定は明らかにHAL9000へのおまんじゅう?(パクリ?)

ストーリーだけ追っかけると大した事の無いし、ちょっと乱暴かな?な内容なんですけど、演出やカメラワークがしっかりしているので作品の質感はとても上質に仕上がっております。


★★★★
評判悪いオチだけどエンタメとしては充分合格。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/14(月) 20:47:58|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「サロゲート」 ブルース・ウィリスのヅラ

oirut45398ogsueogue.jpg 11-017

09年(日本公開は10年)アメリカ 監督:ジョナサン・モストウ
製作総指揮:デヴィッド・ニックセイ エリザベス・バンクス 製作:デヴィッド・ホバーマン トッド・リーバーマン マックス・ハンデルマン 脚本:マイケル・フェリス ジョン・ブランカトー
出演:ブルース・ウィリス ラダ・ミッチェル ロザムンド・パイク ヴィング・レイムス ジェームズ・クロムウェル

「ブレーキ・ダウン」(1997)は、まぁまぁだったけど「U-571」(2000)、「ターミネーター3」(2003)と微妙な作品が続いているジョナサン・モストウ最新作。

なんつーかウィル・スミスの「アイ,ロボット」ですよほぼ。
割に捻った設定してるしアクションもそこそこだしテンポも悪くないんですけど、どうしてもチラつく「アイ,ロボット」の影。

その辺をカバーしてんのがブルース・ウィリスの魅力ですね。
あぁこの作品はブルース・ウィリス抜きではムリっぽいな~と思わせます。
違う役者さんだったらかなりグダグダな感じ。

って事はブルース・ウィリスの魅力だけで成立している作品と云っても過言ではないのかもしれません。


★★★★
SF系はどうも評価が甘くなっちゃう。星3つでもイイかも。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/10(木) 22:13:25|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「スペル」 サム・ライミっぽい

arehtyukliuyoyo76766i8b.jpg 11-015

09年 アメリカ 監督:サム・ライミ
製作総指揮:ジョー・ドレイク ネイサン・カヘイン 製作:ロブ・タパート グラント・カーティス 脚本:サム・ライミ アイヴァン・ライミ
出演:アリソン・ローマン ジャスティン・ロング ローナ・レイヴァー ディリープ・ラオ デヴィッド・ペイマー アドリアナ・バラーザ

スパイダーマンSri.でビッグネームとなったサム・ライミ監督の最新作。

原点回帰です。

スパイダーマンSri.しか観た事無い人は大作監督と思ってるかもしれませんが、この人基本B線です。

ちゃんとしたB級と云うか。

風通のホラーでは無く、ちゃんと楽しめるエンタメ・グロ(少々)・ホラー作品と云えば通りが良いかもしれません。

なので、怖いホラー作品を期待してる人には申し訳ありませんが、本作は全く怖くありませんのでそこんとこご注意下さい。


★★★★
ペラペラだけど商品としてはまぁまぁ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/08(火) 20:46:20|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

「シャーロック・ホームズ」 ジュード・ロウには役不足

kjriugt8rg8496yu30600e30-69-403iktg.jpg 11-014

09年(日本公開は10年)イギリス・アメリカ合衆国・オーストラリア 監督:ガイ・リッチー
製作総指揮:ブルース・バーマン マイケル・タドロス デイナ・ゴールドバーグ 製作:スーザン・ダウニー ダン・リン ジョエル・シルバー ライオネル・ウィグラム 脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン アンソニー・ペッカム サイモン・キンバーグ

出演:ロバート・ダウニー・Jr ジュード・ロウ レイチェル・マクアダムス マーク・ストロング
マドンナの元ダンナにして「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」のガイ・リッチー最新作。

まず私はホームズの事を殆ど知りません。宮崎駿の「名探偵ホームズ」をチラっと見た記憶があるくらい。本はもちろん読んだ事が無い。と云う前提でお付き合い下さい。

賛否あったアクションするホームズ、嫌みで奇人変人なホームズ、ロバート・ダウニー・Jrにピッタリじゃないですか。
このキャラ設定ならもうロバート・ダウニー・Jr以外想像つかないくらいです。
そしてロバート・ダウニー・Jrの見目に対抗出来るのはやっぱジュード・ロウかな~?と云う気になります。
でもなんかせっかくジュード・ロウなのにもうちょっと欲しい感じがするし、微妙にロバート・ダウニー・Jrとキャラ被ってる気もします。

そして私の一番の不満点を上げるとガイ・リッチーらしくカッコイイ絵作りは満点として、演出が内輪ネタと云うか一見さんには分からない敷居の高さが作品に入り込む事を妨げている事でしょう。

一応の設定説明はして下さい特に小物やちょっとした演出とか。と云うのが門外漢の素直な意見です。


★★★
とやかく云わず素直に楽しめばいいと思うよ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/19(土) 22:14:06|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ナチュラル・シティ」 絶対邦画じゃ出来ない

o5989yehtjiobfghjtrky.jpg 11-013

03年 韓国 監督:ミン・ビョンチョン
脚本・原案:ミン・ビョンチョン 
出演:ユ・ジテ ソ・リン イ・ジェウン ユン・チャン

韓国版「ブレードランナー」にしてパクリでは無く制作者の愛と情熱、つまりリスペクトが感じられるSFラブストーリー。
そして「攻殻機動隊」と「マトリックス」のビジュアルアイディアを少々頂戴しました。

ただ、映像面で大変良く出来ている分?主人公の恋愛描写がイマイチよくワカンナイ。

概ね「ブレードランナー」なんですけど本作は最初から恋愛が始まっていて、どう終焉に向かうのか?ってトコを軸にしつつ障害イベントが現れてその謎解きを同時進行で処理するんですけど、ちょっと凝り過ぎかな~?

結局謎解きに目を奪われちゃって主軸の恋愛の深淵が見えて来ない。

しかしながら「ブレードランナー」のリスペクト作品としては大変良く出来ていまして、本作以上のパクリスペクト作品は今のところ存在しないと断言してもよろしいでしょう。


★★★★
「ブレードランナー」好きなら押さえておきたい一品。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/14(月) 20:12:47|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ファイナル・デッドサーキット」 ファイナルってのが紛らわしいと思わない?

9843gj48963gruy893grg984e.jpg 11-009

09年 アメリカ 監督:デヴィッド・R・エリス
製作総指揮:リチャード・ブレナー ウォルター・ハマダ シーラ・ハナハン・テイラー 製作:クレイグ・ペリー ウォーレン・ザイド 脚本:エリック・ブレス
出演:ボビー・カンポ シャンテル・ヴァンサンテン ミケルティ・ウィリアムソン ニック・ザーノ

「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第4作目にしてシリーズ最大のヒット作。

1作目は、まぁ面白かったですよ。新鮮だったし。

しかし基本設定やプロットや進行そのままで舞台とキャストだけ変えた作品のどこに存在意義があると云うのでしょう?

全く持って意味がワカリマセン。



1作目以外はゴミ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/06(日) 17:44:48|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「エクトプラズム 怨霊の棲む家」 違いのワカラナイ男

juhygt677767r467yu.jpg 11-003

09年(日本公開は10年) アメリカ 監督:ピーター・コーンウェル
製作総指揮:スコット・ニーマイヤー ノーム・ウェイト スティーヴ・ウィットニー 製作:ポール・ブルックス アンドリュー・トラパーニ ダニエル・ファランズ ウェンディ・ローズ 脚本:アダム・サイモン ティム・メトカーフ
出演:ヴァージニア・マドセン カイル・ガルナー マーティン・ドノヴァン アマンダ・クルー イライアス・コティーズ

1987年にコネチカット州で実際に起こった事件を元にしているそうですけどどこまでホントなのか? ホントだったら怖いですコレ。な作品。

09年の映画にしてはもう古いと云うか超ベタなオカルトものです。

もうベタ過ぎてどっかで観た事あるある感に満ちあふれているのが弱点でしょうか。

しかしそれを除くとオカルトものとしてとても真っ当でマジメな作品になってるんですが、やっぱ今時この演出はどうよ? と云う気持ちを最後まで拭いきれませんでした。


★★
例えば「悪魔の棲む家」とどう違うのか?とか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/06(木) 19:55:46|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「イングロリアス・バスターズ」 拍子抜け

iorwurw8rt6u34ogire.jpg 11-002

09年 アメリカ 監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ロイド・フィリップス ボブ・ワインスタイン ハーヴェイ・ワインスタイン エリカ・スタインバーグ 製作:ローレンス・ベンダー 脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット ハーヴェイ・カイテル マイク・マイヤーズ メラニー・ロラン クリストフ・ヴァルツ マルティン・ヴトケ サミュエル・L・ジャクソン(ナレーション)

え?これホントにタランティーノ?と思うくらいフツーです。

いや良い意味で。
最近暴走気味でしたので今回もヤリたい放題のメチャクチャな内容だと思ってたんですよ。

しかし至極真っ当な映画になってて何だか逆に不安。

全てのキャラが丁寧に描かれており背景説明も十分だし進行も停滞する事無くいいタイミングでシーンは切り替わるし一切の中だるみ無く無駄なカット無く、文句の付けようの無い面白い作品です。


★★★★
でもタランティーノ濃度はやや薄いです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/03(月) 23:44:40|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:3

「アバター(2D版)」 スクリーンでこそ

おfじ87596bkfdjblsfぺpvdpj 11-001

09年 アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン
製作総指揮:コリン・ウィルソン レータ・カログリディス 製作:ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー ジョシュ・マクラグレン 脚本:ジェームズ・キャメロン
出演者:シガニー・ウィーバー ゾーイ・サルダナ サム・ワーシントン スティーヴン・ラング ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ

スカパーのお年玉放送を鑑賞。 前回レビューとか。

おお!1年ぶりに帰って来たぜ衛星パンドラ。
と思ったらイマイチ帰って来たワクワク感が湧いてこない。

ナゼだ?

それは2Dだからですきっと。 思ってたより没頭感が強かったんですね3D。

これは大きなマイナスです。
ナゼなら本作のキモは、始めナヴィに嫌悪しつつもパンドラの素晴らしい風景の中で主人公と共に現実の軸足が次第に人間(地球)からナヴィ(パンドラ)に移って行く事にあるからです。

2Dだといつまで経っても傍観者のまま。
本作では水先案内人はヒロインのネイティリですから既にアッチ側の住人なんですね。
なのでどうにも超えられないディスプレイの厚い壁。

3D版では色彩が正確に再現できないとか暗いとか云われておりますが、2D版は極彩色のめくるめく世界かと云うとそれほどでも無かった事も付け加えておきましょう。

「アバター」観るなら3D版。と思いました。


★★★★
2D版ではパンドラにダイブ出来ない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/02(日) 15:30:35|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:3

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 続編あるそうです

83u54ofselgii9trrogw9490tugjoriwgujwe.jpg 10-123

09年 アメリカ 監督:ギャヴィン・フッド
製作総指揮:リチャード・ドナー スタン・リー 製作:ヒュー・ジャックマン ローレン・シュラー・ドナー ラルフ・ウィンター ルイス・G・フリードマン ジョン・パレルモ 脚本:デイヴィッド・ベニオフ スキップ・ウッズ
出演:ヒュー・ジャックマン リーヴ・シュレイバー ダニー・ヒューストン リン・コリンズ テイラー・キッチュ ウィル・アイ・アム ライアン・レイノルズ

結局大好評だった「X-MEN」シリーズ。 そうなるともっと儲けようかみたいな話しが上がるのは当然の理で出て来たスピンオフ作品。

そして今一番作りやすい前日談。 なんせ上手く逝きゃそっから前のシリーズは無かった事にしてもう一回作り直しが出来ると云うモデルケースはクリストファー・ノーランの「バットマン」とか。 あ、個人的には「スタートレック」は良かった。

ヒュー・ジャックマン好きの嫁は期待値高かったみたいだけどどうだったんだろう?

制作クレジットにヒュー・ジャックマンの名前がある様に主人公が金出すと口も出してしまって結局内容は悪くなる典型的パターンっぽいぞ。(根拠はありません)

普通に前日談でそれ以上でも以下でもないと云う超無難な仕上がりに私はがっかり。
面白くなかったワケではないのですが、特に何か新しい発見があったわけでは無く新鮮みゼロで別に観なくてもどうと云うものじゃ無かったのがまぁ残念と云えば残念でした。


★★
ヒュー・ジャックマン好きなら。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/25(土) 21:41:05|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「The 4th Kind フォース・カインド」 嗚呼勘違い

e46yhrew4ur.jpg 10-122

09年 アメリカ 監督:オラントゥンデ・オスサンミ
製作総指揮:スコット・ニーマイヤー ノーム・ウェイト イオアナ・A・ミラー 製作:ポール・ブルックス ジョー・カーナハン テリー・リー・ロビンス 脚本:オラントゥンデ・オスサンミ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ ウィル・パットン イライアス・コティーズ

予告見て「おお怖そうなブレアヴィッチ系のオカルト!」と思っていました全然違うじゃんタイトルはちゃんと「第四種接近遭遇」ってなってるぞちゃんと読めよ。

アラスカ州ノームで起きた「実際の事件」に基づく内容ってふれこみだったけどどうやら配給のユニバーサル・ピクチャーズの狂言の模様。
ご丁寧に【ユニバーサル・ピクチャーズは映画を実際の事件に基づいていると見せかけるためネット上のニュース記事や訃報を偽造したことを認め、「映画の宣伝のために偽造されたニュース記事に関する苦情を解決するため」アラスカ記者クラブに2万ドルの和解金を支払うことで合意した。】ってどんだけバカものだ?

それはさておき全体の雰囲気としては私が勝手に作ったジャンル「ドリーム・キャッチャー系」作品と云えば通りがよろしいかと。

オカルト系の雰囲気を漂わせながら途中で全然別の展開を見せ、あっと驚く着地点。
いや最初から着地点知ってるなら驚かないんだけど事前情報遮断して見ると驚くってこれしかも事実無根のお話しとか二重の驚き。

そんなこんな(なんだよそれ)で全体としてまとまりが無く、芯が見えないので「で?何が見せたかったの?」な仕上がりになってしまっていますもやもやっとしたオチだし。


★★
非常に強い騙された感。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/23(木) 18:44:45|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0

「ヒットマンズ・レクイエム」 イギリスっぽい

876fcfesrtdyfui7yt654356786543wsdf.jpg 10-119

08年 イギリス 監督:マーティン・マクドナー
製作総指揮:テッサ・ロス ジェフ・アッバリー ジュリア・ブラックマン 製作:グレアム・ブロードベント ピート・チャーニン 脚本:マーティン・マクドナー
出演:コリン・ファレル ブレンダン・グリーソン レイフ・ファインズ クレマンス・ポエジー

大人の映画である。
映画っぽい映画である。
アイロニー溢れる映画である。
悲劇の中の喜劇を楽しむ映画である。

って事は大体ワカリマシタ。

しかし残念ながら私の脳みそは子どもなのでちょいとこの面白さがワカンナカッタ。
そして日本人の多くの脳みそも子どもなのでこの作品は劇場未公開となっております。

登場人物が誰も彼も魅力的に描かれており落ち着いた渋い作品なのですが、最初から最後まで落ち着いた渋い作品なので、ハリウッド漬けの人には結構ツライと思います。


★★
オチまでもがイギリスっぽい

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/14(火) 21:03:35|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する