< はんぱでごめんね 「銀色の髪のアギト」 ≒(風の谷のナウシカ+天空の城ラピュタ)÷2

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「銀色の髪のアギト」 ≒(風の谷のナウシカ+天空の城ラピュタ)÷2

kngfkd575964hbkfhjk.jpg 08006

06年 監督:杉山慶一 原案:飯田馬之介 脚本:椎名奈菜 柿本直子 キャラクターデザイン:緒方剛志 アニメーションキャラクター設定:山形厚史 メカニックデザイン:安藤賢司 前田真宏 制作:GONZO
声:勝地涼 宮崎あおい 古手川祐子 濱口優 南央美(非公式) 布川敏和 遠藤憲一 大杉漣

GONZO初の劇場作品。
もっと他にナイもんですかね「失われた未来」に対する回答は。
アニメでは「ナウシカ」と「アキラ」以外の世界はナイのか? ま、その辺のムズカシイ事は製作側の人達に頑張って頂くとして・・・

テクノロジーが頂点に達し終末のイベントを乗り越えた世界と人々の元にオーバーテクノロジーをもたらす少女が現れ再び終末の危機を迎えるってのはもう「ラピュタ」のまんまです。 そこに自然(森)と人の間に立つ者が難局を回避すると云う「ナウシカ」が合体。
その辺が本作の問題点ではありますが、中盤までは結構面白いです。

しかし主人公が変身した途端なんか都合良すぎる展開と云うかハラハラドキドキしないんですね。 もう何やっても許される立ち位置になっちゃったから。 それに結構ほったらかしにされてて、動機やら信念やら主人公を突き動かすモノがどうも伝わって来ない。 一応の説明はありますが届いて来ないんですね。

監督とか原案とか脚本の問題ではなくて全体の構成を組み立てた時点での問題の様な気がします。


★★★
もうこのネタはお腹いっぱい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/27(日) 17:50:03|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<「獣拳戦隊ゲキレンジャー」 仮面ライダー新シリーズ開始。 | ホーム | 今日のD40 ぶるぶる23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する