< はんぱでごめんね 「父親たちの星条旗」 上質

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「父親たちの星条旗」 上質

519DqOVAzBL.jpg 08003

06年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド スティーヴン・スピルバーグ ロバート・ロレンツ 脚本:ポール・ハギス ウィリアム・ブロイレス・Jr
出演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル バリー・ペッパー ポール・ウォーカー ジョン・ベンジャミン・ヒッキー ジョン・スラッテリー

「硫黄島からの手紙」とセットで作られた「硫黄島プロジェクト」の第1弾で本作はアメリカ側からの視点となっています。 と言っても鏡合わせで対になっているワケでは無く「硫黄島からの手紙」とはテーマが異なり「硫黄島からの手紙」が(アメリカ人が考える)日本的情緒の表現に主眼が置かれている様に見えるのに対して、本作は古典的ハリウッド映画の文法で戦争に携わった者の苦悩と悲劇を描いています。 そしてイーストウッドの良さがとても上手く出ている様に感じます。

極めて丁寧で慎重に作られた雰囲気が端々に感じられ、観ていてコチラも気持ちよくなり、それでいて当時の雰囲気を出す為に?画面にザラつきを持たせているからでしょうか、ギリギリの所で一歩引いた感じがジメジメした作品にならず、イーストウッドの見守る優しさみたいなものが滲み出てているのです。

辛いストーリーですが上質な作品を楽しませて頂きました。 そしてスピルバーグらしく?戦闘シーンもまあまあ変態だったのが更にうれしゅうございました。

カットバックの嵐で戸惑う人もいるかと思いますが、見えないパズルのピースをバラバラに組み立てているのではなく、既に完成している絵のピースをひとつひとつ取り出してじっくり見ているだけですので慌てなくても大丈夫です。


★★★★★
極めて良い映画。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/01/23(水) 20:13:33|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<今日のD40 ほっこり みたび | ホーム | 今日のD40 pull-tops of Stay-on tab of Partial open end of Easy open end>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する