< はんぱでごめんね 「花様年華」 韓流をぶっとばせ!その3 

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「花様年華」 韓流をぶっとばせ!その3 



3回目で卑怯と言われそうな飛び道具の登場。

2000年 香港映画 監督:「ウォン・カーウァイ」 主演:「トニー・レオン」 「マギー・チャン」

ウォン・カーウァイの最高傑作と言う人もいる、大人の映画です。
互いに家庭を持った男と女が心惹かれながらも、世の中の常識や道徳と葛藤しながら接近して行きます。 抗いながらも、湧き上がる気持ちに押されて行く二人。 なんか茨の道を行く巡礼者の様。

ステキです。 ステキ過ぎます。 ロマンチックが大好きな人は、あっと云う間に主人公に感情移入してしまう事でしょう。

この作品の続編(個人的には続編と云うより連歌と云った方がピンときますが・・・)として「2046」が2004年に公開されました。 キムタクが出てたので覚えてる方も多いと思います。 この作品が難産ではっきりとは覚えてませんが、4年ぐらい撮影と中断を繰り返しました。 いつ出来んだぁ? と思っていたら制作中止か? とか噂が流れたりして、長い事待たされました。 ちなみに「2046」はSF映画って事になってます。 私なんぞ香港映画でSFなんてロクデモナイのばっかりなんで、「大丈夫かいな?」と心配しておりました。

フタを開けてみればSFものみたいな映像もありましたが、まあSF映画じゃなくて良かったです。 お話しは退屈でしたが、映像のカッコ良さは抜群(SF風の部分を除く)。 チャン・ツィイーが素敵でした。

ご存じでしょうか?カンヌ出品版と劇場公開版の2種類ある事を。 それ自体はよくある話なので驚きませんが、その理由が面白い。 映画を見たジャニーさんがキムタクの出番が少ない事に激怒。 晴れて劇場公開版はキムタクの時間が長くなりましたとさ。 メデタシメデタシ。
ワキのどーでもいい役だったので、多少ウザ度がアップした程度で、お話しに影響を与えていない様です。 メデタシメデタシ。

★★★★★ 「花様年華」
         唯一の問題はマギー・チャンが万田久子に見えてしまう事。 若いのに・・・

★★      「2046」
         最大の問題はキムタクの必要性が見あたらない&香港俳優に見劣りしてしまう事。

bookPg5.jpg

bookPg4.jpg

bookPg2.jpg

bookPg3.jpg

cdRock.jpg



  1. 2006/12/15(金) 23:14:14|
  2. 香港電影レビュー
  3. | コメント:6
<<スバルR1/R2の衝撃 | ホーム | 「破線のマリス」>>

コメント

うひょひょ~

出ました!!『花様年華』。
たしか、マイベスト香港映画のお一つでしたね。
偶然、昨夜観てました。何度観ても、ウットリ。ホントにステキ過ぎでしょう。あまりに観てると、何がステキなのか、もうワカンナクなるほど…

巡礼者と云われると、なんだか切なすぎて、哀しくなりますが…そんな感もありですね。
「大人の映画」に拍手をおくります。1票以上。
ホントにしっとり大人な作品です。しかし、大人の映画に「うひょひょ~」は、失礼でしょうか…。なにかしっとり感のある表現に訂正を。
  1. 2006/12/16(土) 11:13:45 |
  2. URL |
  3. mriryure-ro #-
  4. [ 編集]

うひょひょ~ って・・・

*mriryure-ro 様

なんかヨダレ垂れてるカンジ。

観すぎると、現実に戻れなくなる種類の作品ですね。
服用には注意されたし。
  1. 2006/12/16(土) 20:28:45 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

韓流

今夜、放送のようですが、『花様年華』にはぶっとばされるでしょうねー。

トニー・レオンとマギー・チャンがステキで、ほんとにウットリしすぎて、世の中においてかれそうにならんごと…
処方箋、アリガトございます。

しかし、ヨダレは垂らしとらんですよ。

  1. 2006/12/16(土) 22:22:34 |
  2. URL |
  3. mriryure-ro #-
  4. [ 編集]

消しゴムですね

*mriryure-ro 様

以前スカパーでチェックしたのがまだHDDレコに入ったまま・・・
「花様年華」は傑作なので、ほとんどの韓流は・・・
  1. 2006/12/17(日) 13:58:42 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

「2046」・・・

観草電影門さんのレビューを読んでキム○クの必要性がなかったと知って、ある意味、一安心です。
いや、別にキライではないですよ・・・ただ、彼は何を演じても「THE キム○ク」ですから、前にしゃしゃり出てカーウァイが描く世界を邪魔しなければいいんです。

ということで、近々「2046」を鑑賞してみます。
  1. 2007/10/08(月) 15:28:03 |
  2. URL |
  3. Ayu #xtsQx3EI
  4. [ 編集]

「THE キム○ク」

*Ayu 様

ちょっとしか出てナイけどウザイです。 これは彼が悪いのでは無くて日本とは明らかに違う演技の文法に寄るものと思われます。

話しはめちゃくちゃですが(散文的で取り留めの無い物語を断片的に出して来る)、絵はサイコー!です。
  1. 2007/10/09(火) 17:36:47 |
  2. URL |
  3. 観草 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する