< はんぱでごめんね 「空気人形」 映画らしい映画でした

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「空気人形」 映画らしい映画でした

jnhgvfd.jpg 11-079

09年 監督:是枝裕和
原作:業田良家 脚本:是枝裕和 製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎
出演:ペ・ドゥナ ARATA 板尾創路 高橋昌也 余貴美子 岩松了 星野真里 丸山智己 奈良木未羽 柄本佑 寺島進 山中崇 ペ・ジョンミョン 桜井聖 オダギリジョー 富司純子

公開時に観たかったけど逃してしまいスカパー放送を心待ちにしていたAKB48のPV「桜の木になろう」も撮っている是枝裕和監督作品。

結論から云いましょう。
今年(私が観た作品)の上位は確実であると。

途中までラブストーリーなのかと思ってましたが板尾創路との一悶着、オダギリジョーとの対面で「ああこれはロードムービーなんだね」と合点。

人形が終着駅を探す、いや、終着駅と云えるものの存在さえ知らずに、結果的に何かを探し求める旅です。

とても感心したのは「人間になりたい」とかのありがちな設定を回避している事、生々しい描写を挿入しつつもファンタジーに仕立て上げている事。
そしてこれはもう監督が映画をワカッテイルとしか云えない極めて少ない台詞で綴られている事。
いやもうホント久しぶりに映画でしか成立しない映画を観させてもらった気がしました良かった!


心を持ってしまった人形のその先にあるものは?

それはもう観てのお楽しみで。


★★★★★
例えるなら「ジョゼと虎と魚たち」の透明感に似ている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/01(火) 01:21:11|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<INTER-HIGH. 2011 FUKUOKA REGION TOURNAMENT #1133 | ホーム | the90th ALL JAPAN HIGH SCHOOL SOCCER TOURNAMENT. FUKUOKA REGION #1104>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する