< はんぱでごめんね 「ソルト」 トムが演ってたら「M:I-4」にしかならないよね

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ソルト」 トムが演ってたら「M:I-4」にしかならないよね

4utojroiegaljgoegi.jpg 11-071

10年 アメリカ 監督:フィリップ・ノイス
脚本:カート・ウィマー ブライアン・ヘルゲランド 製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ サニル・パーカシュ 製作総指揮:リック・キドニー マーク・ヴァーラディアン ライアン・カヴァノー
出演: アンジェリーナ・ジョリー リーヴ・シュレイバー キウェテル・イジョフォー ダニエル・オルブリフスキー アンドレ・ブラウアー

「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」が大好きなフィリップ・ノイス監督作品。ちなみにこの監督の「ボーン・コレクター」と云う作品でアンジーは映画初主演をしております。

知人が「何が面白いのかサッパリわからない」と云っていたので少々警戒モードにて鑑賞開始。

む~ガイドさん(水先案内人:観客の代理人となって感情移入をし易くする役目。通常主人公か別に脇役が務める)が居ない上、アンジーの設定が不明なのでホントのアンジーが何者なのか分からず不安感が先行します。分かり難さはこの辺にあるのか。

アクションは申し分なくアンジーも魅力的だけど話しが見えないぞ。
と、身元(設定)が判明するも今度はそこまでの行動原理とそこからの動機にイマイチ繋がらない。あ~わかんないと云われてもしょーがないかこれは。

と思っていると突然のエンディングを迎え、観客は置いてきぼりにされてしまうのでした。


★★★
そして続くんかいっ!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/02(日) 00:38:05|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<INTER-HIGH. 2011 FUKUOKA REGION TOURNAMENT #1125 | ホーム | @おまめ #1101>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する