< はんぱでごめんね 「ゴシカ」 初めは誰でも志が高かった

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ゴシカ」 初めは誰でも志が高かった

4356ujhrghfdhfjr75765t.jpg 11-063

03年(日本公開は04年)アメリカ 監督:マチュー・カソヴィッツ
脚本:セバスチャン・グティエレス
製作:ロバート・ゼメキス ジョエル・シルバー スーザン・レヴィン L・レヴィン 製作総指揮:ドン・カーモディ スティーヴ・リチャーズ ゲイリー・アンガー
出演:ハル・ベリー ロバート・ダウニー・Jr ペネロペ・クルス チャールズ・S・ダットン ジョン・キャロル・リンチ バーナード・ヒル ドリアン・ヘアウッド

ダーク・キャッスル・エンターテインメントで割と初期の作品で前作「クリムゾン・リバー」が一番名が通ってるか?俳優もやってるマチュー・カソヴィッツ監督作品。

不明です。ホラーなのかサスペンスなのかいやオカルト?皆目見当もつかないまま物語は進行して行きます。
これはロバート・ダウニー・Jrの陰謀なのか?と思いもしました。

終盤前まで何ひとつ明かされないままの状況に少々苛立ちをおぼえ始めた頃作品の方向性が見えて来ます。あ~こっちか。
やっと安心出来たところで物語りもタネ明かしに入り、引っかけのフォローとかは無いままそこそこに凝った大団円。

割と良く考えられたプロットだし演出も良かったけど作品の方向性そのものも隠してしまうのはどうでしょうか?それだけは早めにお知らせして欲しいと思います。


★★★★
オカルト風味のサスペンス。悪かぁ~ない悪かぁ~ないけど…

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/08/09(火) 20:06:13|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<moe plumbing #1108 | ホーム | Lotus #1108>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する