< はんぱでごめんね 「のだめカンタービレ 最終楽章 前・後編」 極めて映画的

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「のだめカンタービレ 最終楽章 前・後編」 極めて映画的

igt67rff7ryj7u.jpg 11-036・037

09年10年 監督:武内英樹
製作総指揮:石原隆 和田行 製作:亀山千広 脚本:衛藤凛
出演:上野樹里 玉木宏 瑛太 水川あさみ 小出恵介 ウエンツ瑛士 ベッキー 山口紗弥加 山田優 谷原章介 なだぎ武 チャド・マレーン 福士誠治 吉瀬美智子 伊武雅刀 竹中直人

もう解説不要の云わずと知れた怪物TVドラマの劇場版にしてシリーズの完結編。

通常クール終了後の特番を観た時点で所詮映画もTVドラマの域を出ないだろうと思っていたのですがさにあらず映画になってたのは驚きました。
特に後編はもうTVドラマと映画の融合と云うべきで素晴らしい内容に大満足。

映画とは何か? 或いは映画的とは何か? と云う議論は別に譲るとして、TVドラマでは難しい事のひとつに役者の演技に依らないで尺を使う事ってのはあると思うんです。
TVドラマは主に登場人物の会話量が尺の大部分を占めていますが映画は会話以外の部分で尺を使う事が容易です。
例えば本作では演奏の描写がそれ。クラシックの演奏に充分尺を使う事によって作品にゆったりとした上質さが生まれています。(玉木宏の独白で行われる楽曲の紹介が些か説明的過ぎな感じではありますが…)

そしてもう1点素晴らしいなと思ったのが原作とは別次元の面白さを獲得した事。
大抵のTVドラマや映画は原作を超える事が出来ません。それは原作の持つエネルギー以上のものを提示する事が難しいのはもとより、活字やコミックを脳内変換する受け側の変換率の高さ、脳内イマジネーションに敵うものは無いと云う事です。

しかし本作では脳内変換では生成出来なかった「音楽」の素晴らしさを伝えています。
実際に流れる音楽の前には脳内イマジネーションも敵いません。
コミックの漫画的表現を極めて上手に実写化した演出の上手さもありますが、原作が装備出来なかった音楽を実装した事が本作を面白くさせた一番の功労者であろうと思います。

ただし前編は普通の出来です。


★★★★
外人役もムリヤリ日本人がするとか思い切った作戦も実は面白い効果を出している。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/07(土) 12:03:42|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2
<<猫カフェに逝ってみた #1016 | ホーム | puppy #1102>>

コメント

うんうん。

『のだめ』の漫画が大好きで、
ドラマもかかさず見てました。
映画はどうなのかな?と思いましたが、
がっかりさせない内容でしたね♡♡♡

漫画ならではの『ありえない場面』をホントに上手く映像化してたし、
やっぱり音楽が入るというのは、漫画に無い良さですよね。
ドラマ以上の大胆な演出に、私も満足しました。
配役もなかなか面白かったです。
個性の濃い人をそろえているので、漫画の個性に負けてなかったですね。

私も☆4つです♡
  1. 2011/05/07(土) 17:28:17 |
  2. URL |
  3. 空花 #8V2MC1qc
  4. [ 編集]

Re:漫画が大好き

>空花 さん

原作コミック並みに面白かったですね。
いや一部では原作以上に面白かったと思います。

>個性の濃い人をそろえているの
最初どーなる事かと思いましたけどキャスティングを生かし切った演出でした。

映画とは何か?
その一つの回答を示した良作だと思います。
  1. 2011/05/09(月) 22:00:29 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する