< はんぱでごめんね 「リンダ リンダ リンダ」 ペ・ドゥナ!

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「リンダ リンダ リンダ」 ペ・ドゥナ!

4839ghbehogerh.jpg 11-012

05年 監督:山下敦弘
製作:COVERS&Co. バップ ビターズ・エンド ケイブ 脚本:向井康介 宮下和雅子 山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織 三村恭代 湯川潮音 甲本雅裕 松山ケンイチ 小林且弥 小出恵介 ピエール瀧

今スカパーでやって欲しい映画№1の「空気人形」に出ているペ・ドゥナ出演作品。

主役は誰かな~?と思いながらずっと見てました。で、結局「空気人形」のペ・ドゥナと「最終兵器彼女」の前田亜季とオダギリジョーの嫁の香椎由宇とBase Ball Bearのベース関根史織の4人が均等に主役でした。

永遠に終わらないで欲しい学園祭前日の喧噪を舞台にしかしその喧噪とは対照的に非常に淡々としかもまったりと物語は進行します。
まるでロードムービーみたい。
いやもしかしたら学園祭当日を云う目的地へと至る道程を描くロードムービーかもしれません。

特に派手なイベントも無く、かと云って深く描写するワケでも無く、それでも飽きずに物語りに付き合う事が出来たのは4主役の魅力だったからでしょうけど、まぁそもそも若いオネーチャンが4人も出て来る時点でそれは反則と云うか(実年齢はともかく)少女の時代でしか表現出来ない、或いは少女と云う非常に賞味期間の短いそれ故非常に美味しく輝いている題材でありキャストなんだから面白さはある程度担保されてるだろ?オイラその先が見たいんだよ!と云うのが本作への不満点ではあります。


「映画芸術」2005年邦画ベストランキング1位、「キネマ旬報」第79回キネマ旬報ベスト・テン日本映画6位、読者選出日本映画3位は過大評価と云う気がしないでも無い。


★★★
「最終兵器彼女」全く覚えてナイ…(アニメの方は覚えてる)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/13(日) 14:10:03|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<Cinq #1102 | ホーム | pillar #1101>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する