< はんぱでごめんね 「誰も守ってくれない」 脚本良かった

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「誰も守ってくれない」 脚本良かった

hdhtjrki6757rhysrhbfd.jpg 11-007

09年 東宝 監督:君塚良一
製作:亀山千広 脚本:君塚良一 鈴木智 プロデューサー:臼井裕詞 種田義彦 アソシエイトプロデューサー:宮川朋之 ラインプロデューサー:古郡真也 監督補:杉山泰一
出演:佐藤浩市 志田未来 柳葉敏郎 石田ゆり子 佐々木蔵之介 松田龍平 木村佳乃 佐野史郎 冨浦智嗣

監督が君塚良一である事より「アマルフィ 女神の報酬」の悪夢が蘇る亀山千広製作作品。いやマジ最近亀山千広のクレジットがあるだけで心配になってしまいます。

結果的には君塚良一だったから?か、考えられた構成で大胆に省略しつつも欲しいポイントは丁寧に押さえてあり、痒い所に手の届いた本と演出になっております。

終盤意外なキャラ設定の発動とかあったりして、逃走劇として息の詰まる面白い作品でした。


面白かったと思ったら第32回モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞だってなるほど。


★★★★
佐藤浩市だから良かったのか?と思ったけど嫁は「志田未来だったから良かったんじゃない」との事あぁ合点。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/23(日) 17:26:05|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2
<<happy wedding #1104 | ホーム | snow night #1101>>

コメント

こばわ。

>悪夢が蘇る亀山千広製作作品

俗に言う「世界の亀山モデル」ってやつですね。
当たりハズレが大きいところが悩ましいですね。

ということで、これは未見でしたが
ここで電影門さんの紹介がなければ
間違いなくスルーしてたと思いますw

縁があれば観てみたい(´∀` )
  1. 2011/01/23(日) 23:59:15 |
  2. URL |
  3. teru #-
  4. [ 編集]

ええ。悪名高い「世界の亀山モデル」です。

>teru さん

>縁があれば
結構良かったですよ。

でも逃走劇なら「ゴールデンスランバー」の方が圧倒的にオススメです。
http://hannpadegomennne.blog76.fc2.com/blog-entry-3989.html
  1. 2011/01/24(月) 21:51:38 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する