< はんぱでごめんね 「The 4th Kind フォース・カインド」 嗚呼勘違い

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「The 4th Kind フォース・カインド」 嗚呼勘違い

e46yhrew4ur.jpg 10-122

09年 アメリカ 監督:オラントゥンデ・オスサンミ
製作総指揮:スコット・ニーマイヤー ノーム・ウェイト イオアナ・A・ミラー 製作:ポール・ブルックス ジョー・カーナハン テリー・リー・ロビンス 脚本:オラントゥンデ・オスサンミ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ ウィル・パットン イライアス・コティーズ

予告見て「おお怖そうなブレアヴィッチ系のオカルト!」と思っていました全然違うじゃんタイトルはちゃんと「第四種接近遭遇」ってなってるぞちゃんと読めよ。

アラスカ州ノームで起きた「実際の事件」に基づく内容ってふれこみだったけどどうやら配給のユニバーサル・ピクチャーズの狂言の模様。
ご丁寧に【ユニバーサル・ピクチャーズは映画を実際の事件に基づいていると見せかけるためネット上のニュース記事や訃報を偽造したことを認め、「映画の宣伝のために偽造されたニュース記事に関する苦情を解決するため」アラスカ記者クラブに2万ドルの和解金を支払うことで合意した。】ってどんだけバカものだ?

それはさておき全体の雰囲気としては私が勝手に作ったジャンル「ドリーム・キャッチャー系」作品と云えば通りがよろしいかと。

オカルト系の雰囲気を漂わせながら途中で全然別の展開を見せ、あっと驚く着地点。
いや最初から着地点知ってるなら驚かないんだけど事前情報遮断して見ると驚くってこれしかも事実無根のお話しとか二重の驚き。

そんなこんな(なんだよそれ)で全体としてまとまりが無く、芯が見えないので「で?何が見せたかったの?」な仕上がりになってしまっていますもやもやっとしたオチだし。


★★
非常に強い騙された感。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/23(木) 18:44:45|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<@ the rockin' cruisin Ⅴ #1013 | ホーム | 長崎 思案橋にて #1016>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する