< はんぱでごめんね 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」 情熱とレゾンデタールの所在

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」 情熱とレゾンデタールの所在

oie5yo99yu5yihjt85yiorw9.jpg 10-113

10年 ROBOT 監督:山崎貴
原作:西崎義展 製作総指揮:飯島三智 阿部秀司 市川南 製作:濱名一哉 中沢敏明 脚本:佐藤嗣麻子
出演:木村拓哉(古代進) 黒木メイサ(森雪) 緒形直人(島大介) 柳葉敏郎(真田志郎) 西田敏行(徳川機関長) 山崎努(沖田十三) 緒方賢一(アナライザー) 堤真一(古代守)

誰もがまさかと驚き誰もがイイかもと思った(であろう)1年前。
あの宇宙戦艦ヤマトを実写化するにあたって発表されたキャスティングに誰しも些かの期待と多くの悪い予感を持った事だろう。

そして1年後、予感は的中した。

男のロマンとやらを無駄に詰め込んだ日本屈指の大風呂敷TVアニメを実写化するにあたって必要なものは何だったんだろう?

それはやはり、TVアニメをも凌ぐ、熱いパトスと勘違いにも等しい時代を超えた暑苦しく煮えたぎった男のロマンに他ならない。

男は何故戦い、何故死んで逝くのか? 絶望の向こう側にある滅び行く男の美学とやらをヤマトを待っているヲタヲッサン達は望んでいるのである。

そうヤマトとは三途の川の渡し船なのである。 果たして黄泉の国は甘酸っぱいロマンとやらで満ち満ちているのか?


しかし不思議な作品であった。
138分となかなかの尺であるにも関わらず、無駄な停滞など殆ど無く、むしろ急ぎ過ぎなテンポであったにも関わらず尺が足りない。
ってゆーか何ひとつヤマトを描ききれていないのである。

そこにあったのはヤマトの様な乗り物に乗り込むヤマトのクルーの様な人物とガミラスの様な異星物だけ。

ラインナップだけ観ると結構イケてると思うキャストも誰ひとりとして輝かず、存在意義を持たない。
結果的に誰でも良かった演技とヤマトで無くても良かったストーリーがただただ2時間超垂れ流されていた。

この評価は私がTVシリーズをオンタイムで観た世代だからでも松本零士のコミックが好きだからでも無いと思う。

「ヤマトとは何なのか?」関係者は今一度自分に問い直す必要があると思う。

それほど酷い作品でした。



まんま最新版「スタートレック」の見目と展開。つーかパクリ。

そして山崎努が一番酷かった。



生まれて初めて劇場で
んんがぁあああああああっ!
と、暴れそうになりましたよ。涙。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/03(金) 18:02:10|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:3
<<@ the rockin' cruisin Ⅴ #1011 | ホーム | 40過ぎるとキレが悪くなるよね常時開(特に冬とか)>>

コメント

期待していただけに・・・電影門さんの評価にガックシです^^;
リアルタイムでアニメを見ていた世代は、やっぱり期待してしまいます!
  1. 2010/12/03(金) 23:04:01 |
  2. URL |
  3. eguegu #-
  4. [ 編集]

ウチのヒロコちゃんも期待満々で、ここ数ヶ月、昔のアニメとか復活編とかをおさらい中・・。
んで、タイチロウも洗脳して、明日観に行く気満々ですけど・・。
一応、黙って送り出してみます・・(^_^;)。
  1. 2010/12/04(土) 22:27:35 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集]

コスモタイガーの格納庫はフェリーの車両デッキだったよ!

>eguegu さん
お!egueguさんもヤマト世代なんですね。
まぁ私は辛口だと思いますが、おそらく世間様の評判も似たようなものじゃないかと思います。

どっかに光るものでもあれば救いようもあったんですけど…


>ゆう さん
ヒロコちゃんに合掌&嫁の優しさに乾杯!
多分今年のアニメ版の方が面白いと思います観て無いけど。

今度会ったら熱く語ろうね!と、ヒロコちゃんにお伝え下さい。
  1. 2010/12/05(日) 00:14:25 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する