< はんぱでごめんね 「アマルフィ 女神の報酬」 イタリア行きたかっただけなんでしょ?

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アマルフィ 女神の報酬」 イタリア行きたかっただけなんでしょ?

try64ryjdythdfhsgffsaer456787677656.jpg 10-079

09年 東宝 監督:西谷弘
脚本:クレジット不表示公開 原作:真保裕一 制作統括:豊田皓 製作:堀口壽一 島谷能成 高田佳夫 尾越浩文 杉田成道 永田芳男 エグゼクティブプロデューサー:亀山千広 企画・プロデュース:大多亮 プロデューサー:臼井裕詞 和田倉和利
出演:織田裕二 天海祐希 佐藤浩市 戸田恵梨香 大塚寧々 伊藤淳史 佐野史郎  小野寺昭 平田満 大森絢音 福山雅治 中井貴一

フジテレビ開局50周年記念&フジテレビの映画で過去最高額の製作費&制作トラブルにより、脚本家名を無記名の映画にしたため、日本シナリオ作家協会から抗議を受けたと云うなかなか話題豊富な作品。

どうやら真面目に作品を作る気が無いと思われる「踊る」シリーズに対して自社の開局記念&上手くやればもしかしてシリーズ化も?と云うプレッシャー満載の本作は気合いの入り方が違います。

まぁ元々「踊る」はドラマパートにこそ(しか)見るべきものがありそれを無理矢理映画にしてしまったもんだから破綻するのは最初から分かってたハズなんです。

それに対して本作はアクションとサスペンスが邦画らしからぬ分量盛り込まれてます。

最後の最後、びびったのかアクションが尻すぼみになってしまったのが非常に残念ですが、なかなかの頑張りだったのでは無いでしょうか?


★★
話に全く現実味と云うかリアリティが無い。無さ過ぎの酷過ぎ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/08/18(水) 23:17:16|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<POLA #1018 | ホーム | stray cat #1044>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する