< はんぱでごめんね 「トイ・ストーリー3」 大人になるって事は何かを捨てる事なんだ。

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「トイ・ストーリー3」 大人になるって事は何かを捨てる事なんだ。

i437y9gwhsogoswdh.jpg 10-063

10年 アメリカ 監督:リー・アンクリッチ
製作総指揮:ジョン・ラセター 製作:ダーラ・K・アンダーソン 脚本:マイケル・アーント
出演:トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック ジョディ・ベンソン マイケル・キートン

3D字幕版を鑑賞。

ピクサーがメジャーネームになるきっかけとなった作品ですが、驚く事に下の娘(中3)の同級生はこの作品を知らない子が多いとか。「3」って3Dの事だと思ってる子も居るそうな。

おい!「トイ・ストーリー」と云ったら世界初のフル3DCGによる長編アニメーション映画だぞ!なんて云ってもナンノコッチャなんでしょうね今の子には。

ウチなんか情操教育でピクサーと初期の宮崎駿と「トムとジェリー」をローテーションのエンドレスで見せていましたのでバッチリですよ。(なにが?)

「2」から10年ぶりの続編で「1」からだと15年の月日が経っていますが「3」は「1」から10年後と云う設定だそうです。
プロット的には過去2作の路線なのですが、アンディー(おもちゃの持ち主)が大学生になると云う大きな変化が本作の基本でそこに今まで以上のエンタメ性が盛り込まれています。
例えるなら「パイカリ3」級の盛り上がり。

そう、手に汗握ります。

そして、邦画(主にアニメ)のお家芸だと思っていた青春の(或いは幼い頃の)甘酸っぱい、いつまでもソコに留まっていたいと思う居心地の良さと、しかしモラトリアムは永遠に続かない現実との対峙と、やがて訪れる悲しみを乗り越えた後の晴れ晴れした気持ちを見事に描ききっています。

そう、泣けます。

私はピクサーの中で「トイ・ストーリー」が一番好きで一番面白いと思っているのですが、本作でさらに大好きになりました。


★★★★★
吹き替え版の方が集中して楽しめると思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/15(木) 21:51:09|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2
<<athletic meeting #1016 | ホーム | 相ノ島にて #09104>>

コメント

こちわ。

世界初のフル3DCGによる長編アニメーションって宣伝文句で出て来たときには軽く衝撃を受けましたよね~。

個人的には2は面白かったけど、ちょっと欲目を出して大作志向になったのでダレた気がして
今回の3は逝くべきか迷っていたのですが...観さまの★6つが出たら逝くしかないですね。
あとはシャマラン監督の繰り出す危険すぎる賭けをどうするかも悩み中です。
  1. 2010/07/19(月) 09:02:02 |
  2. URL |
  3. pltr0 #9JySpsnQ
  4. [ 編集]

Re:軽く衝撃

>pltr0 さん

私は膝を落としました。
この冠は日本の作品がゲットすると思っていたので。

>欲目を出して大作志向になったのでダレた
む~ 2がそーゆー評価なら本作も同様かもしれません。
2からさらにエンタメ方向に向いてますから。
「パイカリ3」や「MI:3」や「スパイディ2」だと思って頂ければ外れてないと思います。

>観さまの★6つ
5以上は滅多に出ませんが、あくまで私の主観ですので鑑賞後のクレームは勘弁して下さい。

>シャマラン監督の繰り出す危険すぎる賭け
私は絶対逝きませんあまりにもハイリスク杉。
人柱となられた際はその勇気に惜しみない賞賛をおくりましょう!
  1. 2010/07/19(月) 23:06:39 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する