< はんぱでごめんね ひさしぶりにどうですか?

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひさしぶりにどうですか?

 「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

私の名はメガネ。

かつては友引高校に通う平凡な一高校生であり、退屈な日常と戦い続ける下駄履きの生活者であった。

だがあの夜ハリアーのコクピットから目撃したあの衝撃の光景が私の運命を大きく変えてしまった。 ハリアーであたるの家に強行着陸したその翌日から、世界はまるで開き直ったかのごとくその装いを変えてしまったのだ。

いつもと同じ町。 いつもと同じ角店。 いつもと同じ公園。 だが、なにかが違う。 路上からは往き来する車の影が消え、建売住宅の庭先にピアノの音も途絶え、牛丼屋のカウンターで、慌ただしく食事をする人の姿もない。 この町に、いやこの世界に、我々だけを残し、あの懐かしい人々は突然その姿を消してしまったのだ。

数日を経ずして、荒廃という名の時が駆け抜けていった。
かくも静かな、かくもあっけない終末をいったい誰が予想し得たであろう。 人類が過去数千年にわたり営々として築いてきた文明とともに、西暦は終わった。

しかし、残された我々にとって終末は新たなるはじまりにすぎない。 世界が終わりを告げたその日から、我々の生き延びるための戦いの日々が始まったのである。

奇妙なことに、あたるの家近くのコンビニエンスストアは、押し寄せる荒廃をものともせずにその勇姿をとどめ、食料品日用雑貨等の豊富なストックを誇っていた。 そして更に奇妙なことに、あたるの家には電気も瓦斯も水道も依然として供給され続け、驚くべきことに、新聞すら配達されてくるのである。 当然我々は、人類の存続という大義名分のもとに、あたるの家をその生活の拠点と定めた。 しかし何故かサクラ先生は、早々と牛丼屋「はらたま」をオープンして自活を宣言。 続いて竜之介親子、学校跡に浜茶屋をオープン。 そして面堂は、日がな一日戦車を乗り回し、おそらく欲求不満の解消であろう、ときおり発砲を繰り返している。 何が不満なのか知らんが実に可愛くない。

あの運命の夜からどれ程の歳月が流れたのか。 しかし、今我々の築きつつあるこの世界に時計もカレンダーも無用だ。 我々は衣食住の保証されたサバイバルを生き抜き、かつていかなる先達たちも実現し得なかった地上の楽園を、あの永遠のシャングリラを実現するだろう。 ああ選ばれし者の恍惚と不安ともに我にあり。 人類の未来がひとえに我々の双肩にかかってあることを認識するとき、眩暈にも似た感動を禁じ得ない。

-メガネ著 友引前史第1巻 終末を越えて 序説第3章より抜粋

★★★★★

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/10/22(日) 16:49:25|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:13
<<PTA活動 くたびれた編 | ホーム | 料理がニガテなお父さんにも出来る! やみつき塩キャベツ>>

コメント

ないすですねー

押井守の数少ないバランスのとれた良い映画ですよね。後きちんと収まっている映画はパトレーバーシリーズとと題名は忘れたがオムニバスの中の短編で女スナイパーもの位かな。
押井作品は結構観ているのですが私の映画に求める何か(心地よさか?)に対して破綻しています。まあ、そのように故意に作られているふしがみえみえの様な気もするが…。
私は暇つぶし等で年に一回位は見直していたから少なくとも20回は見た計算になっています。(回数を計算してみると年月の経過が感じられなんか悲しい)
まあ、ええもんはええっ。ちゅーことで。
PS:しかしまあよく抜粋しましたねー。
  1. 2006/10/23(月) 19:54:09 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #-
  4. [ 編集]

ふっふっふぅ~

*悶亭 様
ネットの力をあなどってはイケマセン。 流れてました。(ネタバラシか) あ~でも、ちょっと違ってた気がしたので、DVDでちゃんと確認しました。(アホウです)
やっぱコレ良く出来てるワ。 ウチの小学校で11月中旬にフェスタ(お祭り)があって、実行委員長なので、今まさに終わらない学園祭前夜気分です。
  1. 2006/10/23(月) 21:35:53 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

女スナイパーもの

*悶亭 さま
それって、コンビニで買った大量の食料を食って、鈴木プロデューサー(宮崎駿役)を暗殺するヤツ? あれ面白かったよね。 大藪春彦の隠れたコメディー性と特徴を強調して見せた、「大藪春彦の正しい見方」って作品ではないかと思っております。
  1. 2006/10/23(月) 23:53:16 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

・・・

遊んでばかりいないで、タマにはシゴトしてください。
  1. 2006/10/24(火) 00:17:44 |
  2. URL |
  3. 嫁 #qrY8lnCg
  4. [ 編集]

一本とられないように気をつけて

その通りです。しかし、あれが宮崎駿とは気づきませんでした。

しかし、嫁(本物?)からの教育的指導が入っておるようですね。
更新量が多いなと思っていたら…、いけませんな。
気をつけて今後はもっとこっそりとやって下さい。(こっそりは無理か…)
  1. 2006/10/24(火) 19:44:50 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #-
  4. [ 編集]

Re:・・・

*嫁 様
フェスタまでご迷惑おかけします。
ご理解頂きます様、お願い申し上げ候。
  1. 2006/10/27(金) 18:11:18 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

*悶亭 様
ちょっと死んでいました。
1ネタ30分ぐらいなのですが、アホばかりやってると怒られますな。
気をつけて今後はもっとこっそりとやります。(こっそりは無理だろ…)
  1. 2006/10/27(金) 18:14:28 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

閉鎖したかと思った

このままブログ閉鎖になるかと心配(ある意味楽しみに)しておりました。
とりあえず復帰おめでとうございます。
ぱふぱふ。
  1. 2006/10/27(金) 21:24:51 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #-
  4. [ 編集]

どうせなら

*悶亭 様
今流行りの「ヲタきも」発言でブログ炎上。謝罪。閉鎖。 とか希望。 コワイけど。
  1. 2006/10/28(土) 01:16:35 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

いやいや

やはり、「嫁の一言(一文)で閉鎖!」というほうが傍から見てて何となく楽しいのだ。
それとやはり「おたく」は、書くときには「おたく」ではなく「をたく」表記の方がなんかしっくりきますねー。
しかし、昔は入れ込みの度合いをマニア>ヲタクとして使用していた気がするのだが今はなんか逆になってません?
  1. 2006/10/28(土) 18:00:22 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #-
  4. [ 編集]

ナニッ?!

ここわ、次世代鬼嫁ブログか!?i-239
  1. 2006/10/28(土) 23:22:26 |
  2. URL |
  3. 嫁 #qrY8lnCg
  4. [ 編集]

かにっ?!

鬼嫁ブログ…、ええですなー。
実際「嫁」としてもちっと登場してもらいたいですわ。
しかし次世代ちゅうからにはやっぱ容量とかスピードとかエロ度とかが違うんでしょうな~。
期待してまっせー。
あっ、なんかこのコラムの趣旨に沿うような発言になってもーた。久しぶりもええもんや。
  1. 2006/10/29(日) 01:59:09 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #-
  4. [ 編集]

ワニっ?!

鬼嫁日記は嫁に内緒でしたが、ココは嫁もRAMしているので、「嫁のプレッシャーに耐えながらブログをアップする」って話になりますな。

その辺が新世代ってとこでしょうが、私にはムリです。

嫁の一言(一文)でブログ炎上。家庭に延焼。謝罪。閉鎖。 ・・・恐ろしい。恐ろしすぎる。
  1. 2006/10/31(火) 22:07:35 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する