< はんぱでごめんね 「図書館戦争」 ベタ

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「図書館戦争」 ベタ

87439ujgokijlgro9uojrg09856908503y.jpg 10-041

08年 PRODUCTION I.G TVシリーズ全12話 監督:浜名孝行
原作:有川浩 企画:松崎容子 プロデューサー:高瀬敦也 竹内文恵 西村知恭 細貝康介 シリーズ構成:古怒田健志 キャラクター原案:徒花スクモ キャラクターデザイン・総作画監督:中村悟
出演:井上麻里奈 前野智昭 石田彰 鈴木達央 沢城みゆき 鈴森勘司

物語の舞台は「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるため」の検閲が、法律によって認められ、検閲に際しては武力行使さえ許される近未来の日本。検閲から本を守るための組織「図書隊」の奮闘と隊員である主人公の恋愛の行方を描く。

時は西暦2019年、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」(実質上の検閲の合法化)が施行された世界。強権的かつ超法規的にメディア良化法を運用する「メディア良化委員会」とその実行組織「良化特務機関」の言論弾圧に唯一対抗できる存在が図書館だった。かくして図書館は表現の自由を守るために武装し、良化特務機関との永きに渡る抗争に突入することになる。

以上Wikiより


何やら「人狼」を想像させる設定ながらフジテレビのノイタミナ枠なので基本軽いです。
そしてメインはラブコメだし。

そしてラブコメ苦手な私は2話に1回は”イラっ!”としました。
けれど、手堅くまとめた最終話に結構満足。

”謎ばっか振りまいて回収しないまま場外での盛り上がりを煽動”とかエヴァだけで沢山なんですよ。
やっぱ基本最後にキッチリまとめるべきでしょう。

そんな意味では、本作はベタとも云える普通のオチながら1つのシリーズとして安心して”観終わった感”を味わう事が出来ます。


★★★★
「人狼」のノイタミナVer.

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/27(火) 23:25:43|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<emergency? | ホーム | straps hanging from the shutter and wheel>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する