< はんぱでごめんね 「百万円と苦虫女」 ある種の理想型

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「百万円と苦虫女」 ある種の理想型

oo93u4orgbslgdljkeatp9qbfbdg.jpg 10-035

08年 日活 監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ 脚本協力:黒沢久子
出演:蒼井優 森山未來 ピエール瀧 佐々木すみ江 矢島健一 キムラ緑子 齋藤隆成 嶋田久作 モロ師岡 笹野高史

実際の需要がどれだけあるかは別として、多くの野郎どもにとって最もイメージしやすい「少女の理想型を具現化した」蒼井優でなければ成立しなかったであろう主演作品。

私にとって蒼井優と云えば「花とアリス」(2004 長編の方)の衝撃が忘れられませんが、本作はそれに勝るとも劣らない素晴らしい内容です。

最初から最後まで悶々とスローな展開は万人受けしないでしょうし、オチは賛否あると思います。

しかしそれでも、あなたが「花とアリス」を面白かったと思われるなら、本作は必見の出来と申し上げておきましょう。


★★★★★
あのオチは最初「ええ~!」となったが結局納得あれで良かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/03(土) 23:34:24|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<押井守的表現の模索 #1001 | ホーム | first storm of spring>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する