< はんぱでごめんね 「時をかける少女」 上映館数なりの内容

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「時をかける少女」 上映館数なりの内容

kj87ghytrrt.jpg 10-033

10年 スタイルジャム 監督:谷口正晃
原作:筒井康隆 製作:藤本昌俊 松岡周作 脚本:菅野友恵
出演:仲里依紗 中尾明慶 安田成美 勝村政信 石丸幹二 青木崇高 石橋杏奈  千代將太 加藤康起 柄本時生 キタキマユ 松下優也

何度も映像化される筒井康隆原作で私は極めて筒井康隆っぽくないと思っている仲里依紗Love主演作品。

公開劇場数が極めて少ない(福岡市周辺で2館、しかも2館合わせて1日の上映回数はたったの3回!)ので観る(事の出来る)人は少ないでしょうけど、まぁ配給が付かなかった事は十分納得出来る内容でした。

ぬるい。

ぬる過ぎる。 良く云えばじっくりなんだけどテンポが悪いとか間延びしてるとかでは無くて、進行にイライラする。

仲里依紗は良く演ってたと思いますが「仲里依紗でなければならなかった」ほどでは無かったのが残念。

それでもね。 例えばスマッシュヒットした細田守のアニメ版と本作と、どちらが筒井康隆らしいか? と聞かれれば間違いなく本作と答えるでしょう。

筒井康隆らしい不条理さや、青春と云う甘っちょろい響きの向こうにある残酷さみたなものが良く出てたと思います。 ココは良かった。

そしてクライマックス。

泣きました。 ええ泣きましたとも。 仲里依紗の演技と作中の残酷な現実に。
もしかしたらあの眠くなるぬるさはクライマックスを迎える為に必要だったのかもしれないとさえ思いました。
しかし仮にそれが当たっていたなら、それは狙い過ぎと云うものです。

タイムリープの演出がちょっと大林監督っぽい感じがして「おお!」となったけどソコは要らないなぁ。


★★
カメラが殆どず~っと仲里依紗を追いかけていたのが良かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/01(木) 20:33:53|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2
<<CINQ #1011 | ホーム | velvet underground and Nico #1002>>

コメント

こばわ。

鑑賞乙です。やはりユーチューブで観た動画から察する感じのようですね。

細田アニメ版は、ある意味この作品のリメイクが宿命的に轍を踏む"大林的なるもの"を
心地よく裏切った点が新鮮だったようにも思います。
でも、また"あの感じかぁ...(中尾くんのキャラ辺りとか)"に正当派寄りに戻って
観草さんのインプレ読むの楽しみにしていました。

> カメラが殆どず~っと仲里依紗を追いかけていたのが良かった。

これが一番好き。80年代アイドル映画の正統派技法っすね(感涙)!
  1. 2010/04/04(日) 18:51:40 |
  2. URL |
  3. pltr0 #9JySpsnQ
  4. [ 編集]

微妙

>pltr0 さん

もう少しマシだと思っていたのですが…

でもツマラン!と切り捨てるほど酷くは無かったです。
てか結構好きかも。
星2つですけど個人的には3.5くらい。

>> カメラが殆どず~っと
スピルバーグの「宇宙戦争」並みにやってくれれば面白かっただろうにとか思いました。

仲里依紗の魅力は爆発してましたよ~
正に80年代アイドル映画の正統派技法か?

>"大林的なるもの"
じれったい感じは受け継いでるのか?
  1. 2010/04/05(月) 21:48:48 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する