< はんぱでごめんね 「アイアンマン」 全てはロバート・ダウニー・Jr次第

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アイアンマン」 全てはロバート・ダウニー・Jr次第

kjh98767rfcdy.jpg 10-004

08年 アメリカ 監督:ジョン・ファヴロー
製作総指揮:ルイス・デスポジート ピーター・ビリングスリー アリ・アラド スタン・リー デヴィッド・メイゼル 製作:アヴィ・アラド ケヴィン・フィージ 脚本:マーク・ファーガス ホーク・オストビー アート・マーカム マット・ホロウェイ
出演:ロバート・ダウニー・Jr テレンス・ハワード ジェフ・ブリッジス グウィネス・パルトロー

誰もが驚いたと思うアメコミ原作のロバート・ダウニー・Jr主演映画。

まぁ真面目に作ってるんだと思うんですけど、どうにもウソっぽいと感じるのはロバート・ダウニー・Jrのキャラによるのでしょう。
結局細部のディテールまでウソっぽさは抜けず手放しで喜べません。 天才過ぎるよアンタ。

金持ちで、才能にも恵まれ、グッドルッキンなオッサンに誰が共感できましょうや?

結局ソコかいっ! と、云うツッコミはあるでしょうけど、ええその通りです。


★★★★
楽しめましたけどね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/01/10(日) 22:12:27|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2
<<味処 はる <その弐> | ホーム | green, orange and black>>

コメント

そこはご容赦を

こばわ。

> どうにもウソっぽいと感じる

Marvel系映画で、そこを正面から突かれたら、かなーり痛いですけど
あまりに地味なグウィネスさんの脇役っぷりに免じて許してください。

しかし、地下の研究室は憧れました。マーベルもそろそろ出尽くしましたかね。
  1. 2010/01/12(火) 22:42:43 |
  2. URL |
  3. pltr0 #9JySpsnQ
  4. [ 編集]

いや容赦はしているつもりです。

>pltr0 さん

>Marvel系映画で、そこを正面から
いや次回出て来ますけど某赤鬼の出てくるヤツとか全然マトモだと思いましたよ。 アレは良かった。

>しかし、地下の研究室は
嫌味にしか見えなかった私はねじ曲がった心の持ち主です。

まだまだどっかから出て来るんじゃナイでしょうか? 知らないですけど。
無いなら日本のMANGAの潤沢なストックを掘り起こすでしょう。

くどい様ですけど楽しめましたよ。星4つだし。
  1. 2010/01/13(水) 00:35:38 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する