< はんぱでごめんね 「リボルバー」 いらん事すんな!

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「リボルバー」 いらん事すんな!

JBHJGUGUY6775FR7879GI9.jpg 09125

05年(日本公開は08年)イギリス・フランス 監督:ガイ・リッチー 製作:リュック・ベッソン ヴィルジニー・シラ 共同製作:ピエール・スペングラー 製作総指揮:スティーヴ・クリスチャン 脚本:ガイ・リッチー リュック・ベッソン
出演:ジェイソン・ステイサム レイ・リオッタ ヴィンセント・パストーレ アンドレ・ベンジャミン マーク・ストロング テレンス・メイナード フランチェスカ・アニス アンドリュー・ハワード アンジェラ・ローレン・スミス トム・ウー

一般にはマドンナの元ダンナと云えば通りがいいガイ・リッチー作品。

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」の様なスタイリッシュでダークな絵はリドリー弟並のカッコ良さ。
そして中盤までは文句無く素晴らしい内容で「こりゃライブラリー入り決定だな」と思った矢先、意味のヨクワカンナイ映像演出が出て来て何だか怪しい雲行き。
そして終盤とうとう土砂降りですばい。
それまで不用心に鑑賞してた私はずぶ濡れ。

なんだコレ?
これは誰の責任だ?
ヤツだ! リュック・ベッソンだ!

意味不明の映像演出から後ろは絶対リュック・ベッソンの仕業だ。
と誰もが確信する前半と後半の断絶が本作の見所と云えば見所でしょう。


★★★★
それでも星4つ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/29(日) 21:14:06|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<相ノ島にて #0945 | ホーム | study, expression of hand  #0901>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する