< はんぱでごめんね 「ヒトラーの贋札」 現実とはかくも地味なものなのか?

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ヒトラーの贋札」 現実とはかくも地味なものなのか?

img0b01c023zik4zj.jpg 09098

07年(日本公開は08年)ドイツ・オーストリア 監督:シュテファン・ルツォヴィツキー 製作:ヨーゼフ・アイヒホルツァー 脚本:シュテファン・ルツォヴィツキー
出演:カール・マルコヴィックス アウグスト・ディール デーフィト・シュトリーゾフ アウグスト・ツィルナー マルティン・ブラムバッハ

第二次世界大戦のさなか、ドイツ政府がイギリスの経済かく乱を狙い画策した史上最大の紙幣贋造事件「ベルンハルト作戦」に関わった、ユダヤ人印刷工アドルフ・ブルガーの証言に基づいて制作された映画。(Wikiより)

なんかどっかで観た雰囲気だなぁ~ と思っていたら製作が「ヒトラー 〜最期の12日間〜」と同一スタジオ。

地味です。 地味ですけど96分と云う短い尺なのでOKです。

特に大きなイベントが発生するでも無く淡々と毎日が過ぎて行きますから派手好きの人にはツライと思います。
でも事実に基づいたと云う画面は容赦ないリアリティとして画面から重く伝わって来ます。

微妙だな~ ツマランとバッサリやると「オマエは間違ってる!」と糾弾されそうな内容ですが、正義の御旗を掲げれば何でも許されると云うものでもないでしょう。

エンタメでは無く、かと云って心に深く何かを刻むワケでも無く、どっちつかずと云うのが正直な印象です。

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」と似たエンディングにドイツ人って海に何か特別な思い入れがあるのかな~? と思いました。


★★★★
面白いけど積極的に薦める程でもナイ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/11(金) 23:48:13|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2
<<lilium, orange #0901 | ホーム | 相ノ島にて #0912>>

コメント

映画ネタで、こばわ2。

これ、録画してあるんですけど録画時間96分って見たとき
途中から録れてないのだろうか?と思いましたが、大丈夫だったんですね。

> エンタメでは無く、かと云って心に深く何かを刻むワケでも無く

これが一番効きました。観るのどうしようか迷っています。
X-MENのスピンオフは嬉々として観に行く予定ですけど(汗)。
  1. 2009/09/12(土) 19:08:52 |
  2. URL |
  3. pltr0 #9JySpsnQ
  4. [ 編集]

Re:途中から録れてないのだろうか?

>pltr0 さん

笑わせて頂きました。
でもですね尺の短さを感じさせない内容でしたよ。(いや、この場合イイのか?それで)

>観るのどうしようか迷っています。
うう~ん、どうにも返す言葉がありません。マジで。

>X-MENのスピンオフ
嫁がね、逝く気マンマンです。ヒュー・ジャックマン好きなもので。
  1. 2009/09/12(土) 21:27:42 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する