< はんぱでごめんね 「GOEMON」 カッコ悪い=カッコイイ

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「GOEMON」 カッコ悪い=カッコイイ

hhjjr67jy.jpg 09054

09年 松竹 監督:紀里谷和明 プロデューサー:一瀬隆重 紀里谷和明 脚本:紀里谷和明 瀧田哲郎 原案・撮影監督:紀里谷和明
出演:江口洋介 大沢たかお 広末涼子 ゴリ 要潤 玉山鉄二 中村橋之助 寺島進 平幹二朗 伊武雅刀 奥田瑛二 佐藤江梨子 戸田恵梨香 鶴田真由 りょう 佐田真由美 深澤嵐 チェ・ホンマン 紀里谷和明

問題作だった「CASSHERN」の紀里谷和明がお送りする「生きる事と云う事はカッコ悪い事なんだ」と云う今時珍しく暑苦しいプロパガンダ映画。

「CASSHERN」で悲しみの連鎖と云う抗えない運命にもがく主人公を完成度の高い美術・技術で披露するも、主にアクションシーンにおいて独り善がりな演出が裏目に出て散々な評価となりましたが、私はそこに内包された監督の情熱を高く評価しておりました。

その反省を踏まえたのか本作では極力分かり易い演出に心を砕いた様子が見受けられます。
ただし、その為一見普通になってしまった感もあり、アラも出てしまいました。 む~痛し痒し。

ドラマパート、主に主人公のラブシーンで中だるみしてしまうのは前作と同じって事は下手なのね心の交歓。
進行は上手ですから恋愛部分が必要なら心情をストレートに表現するより展開や状況の積み重ねで表現した方が効果的かもしれないですね~

前回水先案内人として光る演技に唸ったミッチーのポジションを今回は要潤が努めます。 む~ヨカッタよ要潤。
肝心なもう一方の雄、広末涼子は弱かったですけど周りの役者の圧倒的な演技でなんとかカモフラ。

大ざっぱな歴史とキャラ以外やりたい放題のストーリーに付いて来れない人が居るかもしれませんがファアンタジーですこれは。又はパラレルワールド。

あの江口洋介が(失礼)鬼神迫る表情で狂気の演技を見せる終盤は文字通りハイライトに相応しい迫力で非常に満足。
狂気に支配され崩壊へと突き進む様は前作「CASSHERN」や「カンダムSEED」を思い出させ心臓が圧迫されました。

演出技術も改善され、映画として申し分ない内容になりましたので、次はしっかりした本を手に入れれば一層素晴らしい作品を作り出すであろう事を予感させる充実した内容の作品でした。


★★★★★(次作に期待して)
年齢的なものは置いといて、大沢たかおと玉山鉄二はトレードしてもヨカッタかも?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/05/25(月) 20:21:21|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2
<<ballsky #0904 | ホーム | 芝公園付近にて>>

コメント

こばわ。

愛あるレビュー、愉しく読ませていただきました。そして、鋭い洞察に感服しました~。

痛し痒しは、まさに共感。たかお&鉄二のトレードも納得。
でも、一番共感したのはカンダムSEEDでした。
観草さんもアレを観て圧迫されたのですね。私も、です。毎週の愉しみでした。
  1. 2009/05/27(水) 21:23:14 |
  2. URL |
  3. pltr0 #nFiiNifA
  4. [ 編集]

お粗末様です。

*pltr0 さん
>一番共感したのはカンダムSEED
お~共感頂けましたか!

「CASSHERN」も「GOEMON」も結局破滅の物語りで、設定が違うだけでやってる事は同じでしたけどそれを云っちゃ~オシマイヨ。って事で。

明日2本公開でT4やトランスも控えているので悩ましいです~
  1. 2009/05/28(木) 22:38:24 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する