< はんぱでごめんね スターウォーズ Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スターウォーズ Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ

B000GD7YK0.jpg

主よ、私たちはいつまで巡礼の道を歩まねばならないのでしょうか?

誰もが諦め、LDを大事に保存して幾年月。 ついに出てしまいました劇場公開版DVD。 映像特典扱いですが、オンタイムだった人にとっては「特別編」の方がオマケでしょう。 当然「トリロジー」も持ってるしね。 しかしここで、誰もの胸中に不安が湧き上がって参ります。 「本当に約束の地にたどり着く事が出来るのか?」それとも「ほとぼりが冷めた頃に特典付きBOXが出て、終わり無き旅を続けなければならないのではないか?」 発売日まで世界中の信者は夜も眠れぬ日々を幾日過ごしてきた事でしょう。

そして今、主の意思は明らかにされました。 「旅を続けよ」と。 姿を表した「劇場公開版」は93年に発売されたLDトリロジー・スペシャルコレクションのものだったのです。 画面はシネスコ非スクイーズ(レターボックス)。 音声はドルビーサラウンド。
次の道しるべは示されました。 「シネスコスクイーズの5.1chサラウンドEX」まで苦難の道は続きます(たぶん)。 これが「6本BOXセットオンリー」とかで出たらと思うと恐ろしくて夜も眠れません。 財政金融担当大臣になんと上申すれば良いのか。 誰か替わりに言って下さい。

さて嘆いてばかりもいられません。早速「特別編」と「劇場公開版」を比べてみましょう。 HDD&DVDレコーダーとLD・DVDコンパチ機の2台を使って同時に再生してみます。 2台の性能差を考慮してディスクを入れ替えての観察もします。

う~ん冒頭から砂漠のシーンまでは「特別編」の方がやや色鮮やかな位で、そんなに違いは気になりません。 映画ではなく画面ばかり見ていると「劇場公開版」の方が細かい線がつぶれているのに気が付きますが、ちゃんと映画を見てると些細な事です。 おっと!砂漠のシーンに突入すると色が全然違う! 「特別編」の方は赤が強く出て、「劇場公開版」の方はくすんだ感じです。 不自然だ。 「特別編」は色が不自然です。 が、それも「劇場公開版」と比べての話ですから、これも些細な事に思えてきました。 唯一気になったのは音声。 「劇場公開版」はBGMがちょっと耳障りなくらい大きめです。 あ、でもオリジナルか。 でもウルサイなぁ。 良く考えたらスペースオペラだからこれでイイのか。 だんだんどっちでもよくなって来ました。
今回の「劇場公開版」の仕様に怒っている人もいる様ですが、私はアリとします。 単体で観ると気になりません(言い聞かせている)。

ちなみに手元にある86年に出ているLDのEPⅣは画面が6:4で両端ブツ切りでした。画質もチョット耐えられない。 いずれにせよ、私たち巡礼者は次の受難に備え、日々精進するしかない様です。

さて、まるでヲタの如き重箱の隅はこれぐらいにして、今宵は28年前にもどって「劇場公開版」を楽しむ事とします。 当時私は小学6年生。 初めて子供だけで観に行った映画が「SWEPⅣ」でした。

ではでは。
  1. 2006/09/24(日) 21:40:58|
  2. 映画 レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<韓流をぶっとばせ! 香港的電影:王家衛(ウォン・カーウァイ)編 | ホーム | 「SO902iWP+」 買いました。>>

コメント

私は、中一の夏休み。ガッコの友達とそのコのいとこの大学生のお姉さんと、劇場に。
ILMのあこがれてしまったのだ。当時は、大きくなったら、ILMで仕事がしたい!なんて、すんごい野望を持っていたりしたんだなぁ。。。あはは。
  1. 2006/09/24(日) 23:29:39 |
  2. URL |
  3. R+R #W8ANVSuo
  4. [ 編集]

*R+R 様

え~2番乗りありがとうございます。
私は「特別編」はダメなので(特にEPⅥのエンディング)購入に至ったワケですが、「93年に発売されたLDトリロジー・スペシャルコレクション」持ってたら「待ち」で良いかと思います。
TVシリーズが始まる様ですが「スタートレック」みたいにしたいんでしょうか?ナゾです。

今後も、お互い、お布施に励みましょう。(涙)
  1. 2006/09/25(月) 20:02:35 |
  2. URL |
  3. じゅんちょん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hannpadegomennne.blog76.fc2.com/tb.php/2-e051d575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する