< はんぱでごめんね 「地球が静止する日」 例えばスピルバーグの「宇宙戦争」とか

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「地球が静止する日」 例えばスピルバーグの「宇宙戦争」とか

chikyu01kfkahakgthhglo.jpg 08131

08年 アメリカ 監督:スコット・デリクソン 製作:ポール・ハリス・ボードマン グレゴリー・グッドマン アーウィン・ストフ 脚本:ライン・ダグラス・ピアソン デヴィッド・スカルパ
出演:キアヌ・リーヴス ジェニファー・コネリー ジョン・クリーズ ジェイデン・スミス ジョン・ハム キャシー・ベイツ カイル・チャンドラー アーロン・ダグラス ヒロ・カナガワ

監督は以前「エミリー・ローズ」のレビューで登場したスコット・デリクソン。
そして私にとっては「地球の静止する日」が正しいタイトル。 久しぶりの正当派SF大作って事で大いに楽しみにしておりましたよ例えリメイクでも。 つーかオリジナル覚えてねぇ~!

結構素早い進行で話が始まりカナ~リ良いテンポです。 これは期待出来るかも?
で、なかなかの盛り上がりを見せつつ気が付いたらもう終盤。

え? このオチでエンディング入るの?
そんな陳腐なネタで仕舞いにするの?
えぇ~~~っ!
マジ?

ここでオリジナルを覚えていない事が評価判断の妨げになっている事に気が付きました。
表題にある様に大ヒットした「宇宙戦争」の場合アイテムとオチのみ流用で破壊の描写のみに的を絞った潔い作品であったのに対して、本作はオリジナルの存在を無視した時に何がやりたかったのかイマイチワカラン作品になっております。
多分(憶測)オリジナル前提で観なければ楽しめないのではないか?と。
いや、オリジナルを覚えていた所でツマランと言う評価に変わりはナイのですが…

結局気が付いてみれば期待した壮大な破壊も或いは宇宙人との心温まる交歓も一切がナイままブツ切れのエンディングに心モヤモヤ、フラストレーションを抱えて映画館を後にしているのでした。

カタルシス熱烈キボンヌ!

この手の映画に必要なものはたったひとつカタルシス。

キレの悪いうんこを抱えたままでアナタはトイレを出る事が出来るか?

そーゆー事です。


★★
相変わらずキアヌはダークスーツが似合うスな~

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/12/22(月) 20:51:53|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2
<<今日のD40 浮くババと沈むババ by あのねのね | ホーム | ソニー「DSC-T700/T77用」水中ハウジング>>

コメント

得心

やはり、リメイク映画は本家を知っていてこそ
真価が分かる部分があるのですかね~。
それはそれで結構どうかと思ったりもしますが。

>カタルシス熱烈キボンヌ!

あ~私が漠然と感じていたモヤモヤはコレだったんだと、納得。
でも、キアヌとジェニファーに求めるのは酷という気も致します~。
  1. 2008/12/24(水) 23:27:37 |
  2. URL |
  3. platero #9JySpsnQ
  4. [ 編集]

リメイクは難しい

*platero 殿

「宇宙戦争」では「なんだ今時あのエンディングは!」と云う批評が結構ありました。 しかしスピルバーグは同じオチを選択したワケです。

オリジナルと同じオチを選択する事によって、エンディングの評価を回避(放棄)したワケですね。 「ツマランとか云われてもオリジナルと同じですから」と。

同様の意味で本作にツマラン部分があるのなら、それはもしかして「宇宙戦争」のオチと同じ原理なのかも? と思った次第です。

しかし、オリジナルがどうであろうと作品としては独立したものですから「ツマラン」と云う事実は動かないワケですよ。

その辺がビミョ~と云うか歯切れの悪い部分ですね~

>でも、キアヌとジェニファーに求めるのは酷という気も致します~。

それはそうですね。今回は本・演出の問題かと。
ちょっと焦点がボケちゃってる。
キアヌかジェニファー親子どっちが主軸なのかメリハリが弱かったと思います。

何度も引き合いに出すのもどうかとは思いますが、その辺「宇宙戦争」は徹頭徹尾トムの見たものしか撮さないと云うカメラワークが素晴らしかったと思います。
  1. 2008/12/26(金) 15:11:38 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する