< はんぱでごめんね 「the EYE (アイ)」 韓流をぶっとばせ!その12

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「the EYE (アイ)」 韓流をぶっとばせ!その12

41RRZHY242L__SS500_.jpg 08111

02年(日本公開は03年)香港・タイ 監督:オキサイド・パン ダニー・パン 製作:ピーター・チャン ローレンス・チャン 製作総指揮:ピーター・チャン ローレンス・チャン エリック・ツァン 脚本:オキサイド・パン ダニー・パン ジョージョー・ホイ
出演:アンジェリカ・リー ローレンス・チョウ キャンディ・ロー チャッチャー・ルチナーノン エドマンド・チャン ワン・スーユエン コウ・インペン ソー・ヤッライ ウィルソン・イップ

2008年に「アイズ」としてトム・クルーズによってリメイクされた大ヒット作品。

うう~~~ん恐かった。 面白かった。 良く出来てた。

香港電影からチャチさが消えたのが今世紀に入ってから。 良くも悪くもそのチャチな感じが香港電影の特徴のひとつでしたが、シッカリ感を手に入れた変わりに最近の作品は妙に重くて諸刃の刃になっている様な気がします。
03~04年あたりまでは過渡期で、視覚的にはチープさを排除した絵作りが新しい可能性を期待させましたが、多くの作品がその質感を手に入れてしまうと、かつてのポップさを懐かしんでしまうのは欲張りすぎと云うものでしょうか?

本作は香港のお家芸のひとつホラーもので、設定や演出に他の作品の陰がチラホラと散見するものの、脅かすだけが目的の作品とは異なり、ストーリーが非常に魅力的です。
極めて普通に落ちるかと思えば最後にもうひとつイベントを用意するなど構成も良く練られています。

登場する霊の始末をつけないなど放置プレイが多々あるものの、必見の香港ホラーと云えるでしょう。


★★★★
普通のホラーではナイので普通のホラーを期待するとアテが外れる。

テーマ:香港電影 - ジャンル:映画

  1. 2008/11/10(月) 19:50:55|
  2. 香港電影レビュー
  3. | コメント:0
<<今日のD40 stairs for study shoots 2 | ホーム | この一曲を聴け!#051 「Primitive Notion / New Order」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する