< はんぱでごめんね 「プラネット・テラー in グラインドハウス」 狙い過ぎ

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「プラネット・テラー in グラインドハウス」 狙い過ぎ

ghCap03.jpg 08105

07年 アメリカ 監督:ロバート・ロドリゲス 製作総指揮:ハーヴェイ・ワインスタイン ボブ・ワインスタイン 他 製作:クエンティン・タランティーノ ロバート・ロドリゲス 他 脚本:ロバート・ロドリゲス
出演:ローズ・マッゴーワン フレディ・ロドリゲス ジョシュ・ブローリン マーリー・シェルトン レベル・ロドリゲス マイケル・パークス ジェリーリ・ロメオ ジェフ・フェイヒー マイケル・ビーン トム・サヴィーニ カルロス・ガラルドー エミー・ロビン ナヴィーン・アンドリュース ブルース・ウィリス ステイシー・ファガーソン クエンティン・タランティーノ

グラインドハウスを再現すると云うコンセプトを重視するなら(私はグラインドハウスを知りませんが)合格の出来なのでしょう。
タランティーノの極めて個人的嗜好を忠実にトレースしたゾンビ映画です。
肝心な部分を敢えて欠落させたり、意図して重要なキャラを適当に退場させたりしているのが何よりの証拠です。
もうミエミエの確信犯的映画、こんな映画を喜んで観るヤツなんぞ相当物事を斜めに見ているに違いありません。(あ、私もそのひとりです)

内容なんぞどうでもよく、監督の狙いだけを確かめる作品です。


★★★
この手のあざとい映画はキライ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/10/25(土) 22:54:01|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2
<<今日のD40 composition 2 | ホーム | 今日のD40 composition 1>>

コメント

たらちゃん指導力不足?

実に普通の面白い映画で残念です。
いやいや、ロドリゲス監督は意図して外そうとしても普通の面白い映画を作ってしまうんだなと、改めて感心しました。
タランティーノが、ロドリゲス監督に所有のフィルムを見せてお勉強会を開催したらしいのですが普通の感性を持つロドリゲス監督には荷が重かったようです。
オリジナルバージョンの グラインドハウスを観賞したのですが、2本続けて途中の巻紛失演出はつらかったです。
まあどさまわり後のフィルムを演出するには簡単な演出方法ですが連続すると食傷します。
せっかくの普通の面白い映画なので紛失演出無しで観て見たかったです。
★★★
  1. 2008/10/31(金) 22:00:27 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #a4IORX6Y
  4. [ 編集]

つーか真面目過ぎ?

*悶亭 殿

大体同意見ですかね?

グラインドハウスの演出を抜いて作ってたらカーペンターも真っ青のイイ感じの作品に仕上がってたのではナイか?と、思っております。

コッチの方が期待外れでした。
  1. 2008/11/01(土) 19:35:41 |
  2. URL |
  3. 電影門 #lmhb7QVo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する