< はんぱでごめんね 「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」 マトリックス!

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」 マトリックス!

51o9EoIcV2L__SS500_.jpg 08075

06年(日本公開は07年)香港 監督:ウィルソン・イップ アクション監督:ドニー・イェン 音楽:川井憲次 スタイルコンサルタント:ウィリアム・チャン
出演:ドニー・イェン ニコラス・ツェー ショーン・ユー ドン・ジェ

原作は香港で35年以上愛され続けている国民的コミック「龍虎門」だそうですので最近のアメコミ映画みたいなもんか?

日本って漫画やアニメ原作って多い気がしますし、違和感ナイのはそれだけ社会に浸透しているからでしょうか?(私がヲタだから?)
ハリウッドって結局ヒーローものばかりでドラマを重視した作品が無い様に思えます。 いや海外にはドラマを重視した漫画やアニメってのがそもそも無いのか?

ところで「かちこみ!」って何? 調べました。

「カチコミとは殴り込みのことで、主にヤクザが複数人で敵対する組事務所を襲撃することを意味する。後にツッパリや暴走族が他校の不良グループなど敵対するグループのアジトを襲撃する際にも使われた(ただし、不良少年の場合、頭を殴るという意味でカチコミを使うエリアもある)。また、不良マンガ・ヤクザマンガでは「殴り込み」と書いてカチコミと読ませるものも多い。」 以上日本語俗語辞書より。

う~ん「ドラゴン・タイガー・ゲート」でイイじゃん。

さて本題。 ストーリーはよくある話しなんですがVFXがなかなか良く出来ていて、新しい香港電影の方向性を示していると思います。

面白いのは「マトリックス」のアクションシーンを全面的にパクリオマージュしている事。
そして敵味方識別に正義は青、悪は赤を使っています。 「スター・ウォーズ」じゃん。 まんまSWEPⅥデス・スター内での親子対決のカラーイメージです。

お話しが並でもその他が高得点でアクション映画のアクションが高得点って事ですから、不満無く楽しめると思います。


★★★★
ショーン・ユーのキャラがちょっと弱かったのが残念。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/09/04(木) 19:58:56|
  2. 香港電影レビュー
  3. | コメント:0
<<今日のD40 さがしものはなんですか? 02 | ホーム | 今日のD40 夏の思い出 01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する