< はんぱでごめんね 「クローズ ZERO」 原作から自由になったのが良かった

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「クローズ ZERO」 原作から自由になったのが良かった

5148ZbiZKtL__SL500_.jpg 08052

07年 東宝 監督:三池崇史 原作:高橋ヒロシ プロデューサー:山本又一朗 企画:濱名一哉 脚本:武藤将吾
出演:小栗旬 やべきょうすけ 黒木メイサ 桐谷健太 高橋努 鈴之助 遠藤要 上地雄輔 伊崎右典 伊崎央登 大東俊介 橋爪遼 小柳友 渡辺大 深水元基 岸谷五朗 遠藤憲一 塩見三省 高岡蒼甫 山田孝之

上の娘が友達から借りて来たのを家族で鑑賞。
全く期待していなかったんですがこれがどうして大変面白かった。

原作は立ち読みで超断片的に読んでますが、設定だけでストーリーは全く関係ナイ模様。(その条件で映画化出来た)
本作はソレが極めて良い方向に作用してると思います。 よほど本が良いか監督の思いきりが良くないと中途半端な出来になる場合が多いですもんね邦画の場合。
原作から自由になれた事で尺を有効に使えていますし、原作を知っている人にも知らない人にも同じスタンスでお話しが展開します。

小栗旬は「隣人13号」で「おおっ!」と評価が高まりましたが本作でさらに高評価となりました。
そしてボーナスだったのは山田孝之。 貫禄出ましたね。 本作ではピカイチの存在感でした。


★★★★
続編も観たい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/07/26(土) 18:37:56|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
<<今日のD40 Nico #0801 (ノーファインダー) | ホーム | 料理がニガテなお父さんにも出来る! 「スズキの香草焼き簡単タルタルソースかけ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する