< はんぱでごめんね 「INITIAL D」 韓流をぶっとばせ!その5 

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「INITIAL D」 韓流をぶっとばせ!その5 

B000C1V7SQ.jpg

05年 香港 監督:アンドリュー・ラウ アラン・マック 出演:ジェイ・チョウ アンソニー・ウォン 鈴木杏 エディソン・チャン

我々日本人は恥じねばならない。 もはや実写では不可能と判断し、製作の容易なアニメに走ってしまった事を。

しげの秀一の人気コミック(ヤンマガで現在も連載中)を「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウとアラン・マックが実写にし、原作好きで香港映画なんて観た事もない人達をアッ!と驚かせました。

スタッフはもちろん、キャストも「インファナル・アフェア」からそのままスライド。 日本が舞台で、日本の話ですが、鈴木杏以外日本人は出て来ない上、広東語で会話します。 その辺がチョット違和感有り。 (劇場公開当時は日本語吹き替え版のみだったと記憶してます。それが理由で観に行かなかった様な・・・)

主役のジェイ・チョウ(伊藤英明にチョット似ている)は台湾出身の歌手で、本作がたぶん映画デビューとなります。 もちょっと華のある役者を充てて欲しい気もしますが、原作考えると悪くはない。 「インファナル・アフェア」で若い頃のアンディ・ラウ役だったエディソン・チャンも出てます。 この人がもうちょっと若かったらコッチを主役にして欲しい。 又はやっぱり若い頃のニコラス・ツェーとか。

鈴木杏の水着シーンと云う嬉しいオマケが付いて来ますが、「露出度の高いヤツ」とか言いながら「一応ビキニ」でちょっとガッカリ。 「グラビアでいつも着けてるヤツ持って来いヤ!」とキレそうになりましたが、「杏さゆり」と間違ってました。 ごめんなさい。

原作ファンからは不評の様ですが、誰もが実写不可能と思っていたものを、ムリなく実写にした手腕は高く評価されるべきでしょう。 肝心のカーアクションもクルマの駆動方式に合わせてコーナリングフォームを変えるなど、芸の細かい事をやってます。(スタント担当は高橋レーシング)

劇中、主人公の父親役(呑んだくれ)で、アンソニー・ウォン(警視!カッコイイぜ!)が出て来ますが、「本当に酒を飲ませろ」ってのが、出演の条件だった様です。 この作品に唯一問題があるとするなら、アンソニー・ウォンの家業である、とうふ屋のとうふが、美味しくなさそうな点でしょう。

★★★★
よく実写にしたもんだ。 感心感心。
  1. 2007/01/25(木) 18:44:31|
  2. 香港電影レビュー
  3. | コメント:2
<<「のだめ カンタービレ」 アニメ版レビュー | ホーム | 今日の一枚 #07015>>

コメント

へへへ、買ってしまった

韓流はあまり好きではないですが、こけるの覚悟で「グエルム・漢江の怪物」を買ってしまいました。
いや~、いいです。
細部に納得できない箇所は色々あるのですが、納得出来ないことを見逃すのが怪獣映画(特に日本のね)の前提だと思っているので、細部に納得できない箇所があると思わせたという事は良く出来ていたということでしょう。
この怪獣まるで「宇宙戦争」のトライポッドですよ。うん。
  1. 2007/01/26(金) 19:38:20 |
  2. URL |
  3. 悶亭 #a4IORX6Y
  4. [ 編集]

おおっ!

*悶亭 様

それ観たかったんですよね。非常に。
01年の「怪獣大決戦ヤンガリー」で、「もうそこまで追いついて来てるじゃん!」と、ちょっと焦った記憶が甦ります。(私が焦った所で何がどうなるワケでもありませんが)
ムムムっ!観たいっ!
  1. 2007/01/26(金) 21:23:16 |
  2. URL |
  3. 観草 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する