< はんぱでごめんね 「死の接吻」 バカ顔参上!

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「死の接吻」 バカ顔参上!

B000KQFCBQ.jpg

95年 アメリカ 監督:バーベット・シュローダー 出演:デイヴィット・カルーソ ニコラス・ケイジ サミュエル・L・ジャクソン

不肖ブログで初登場となります、ニコラス・ケイジ出演作品。 田舎の友人の奥さんがニコラス・ケイジの事を愛情を込めて「バカ顔」と呼んでました。(ウマイ!座布団3枚差し上げます。) 以来我が家でもすっかり「バカ顔」呼ばわり。

95年と一昔前の作品ですので、サミュエル・L・ジャクソンが誰だかワカンナイくらいホッソリしてます。 当然「バカ顔」のてっぺんもフサフサ。 最初ズラかと思いましたが、「あぁ、95年か・・・まだ若かったんだ」と妙に納得。 「バカ顔」は「コンエアー」みたいな正義の役ではなくて、やっぱチンピラが良く似合います。 マンドリン弾いてる場合じゃないぞ!

残念ながら、主役はデイヴィット・カルーソで、贔屓の「バカ顔」の活躍はもうひとつありません。 最後の最後に意外とあっさり終わりますが、それ以外ほぼ完璧です。 いやぁ~面白かった。 気になったのは、デイヴィット・カルーソとサミュエル・L・ジャクソンの確執の決着にヒネリが無かった事くらいか。

不条理に飲み込まれ流されて行く主人公に、いつしか感情移入している自分に気付きます。 オススメです。(にしてもこの邦題はチョット・・・原題のままでイイじゃん)

★★★★
「バカ顔」のフサフサに釘付け! 脚本とキャストがグー!
  1. 2007/01/19(金) 18:08:25|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:0
<<今日の一枚 #07010 | ホーム | もうダメかもしれない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する