< はんぱでごめんね 2007年04月

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「獣拳戦隊ゲキレンジャー VS 仮面ライダー電王」 どちらが若奥様とヲタのハートを掴むのか?

9384756jhbgfdkxc.jpgmkdrdd.jpg

先日の日曜の朝、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」なる番組を初めて見た。
チャラい主役キャラとジブい悪キャラに、しっかりした本と安定感のある演出、見応えのあるVFX。 う~む、思ったより面白い。

そして問題は次の「仮面ライダー電王」との対比。 従来の雰囲気とやや逆転している。 ライダーがすっかりチャラくなったのに対してレンジャーはややハードな仕上がり。 この2つの番組はセットなので企画段階でそーゆー打ち合わせになったのだろう。

従来はヲタのみなさんがレンジャーのオネーチャン2人目当てで若奥様はライダー目当てであった。 しかし今回のレンジャーは主役を5人→3人に減らす替わりに各キャラを明確に異ならせ、減った2人を悪キャラに回すと云う作戦に出た。 しかも赤:バカ 青:ナル 黄:萌え 悪男:ホスト 悪女:グラドル と云う凄まじい布陣。 ターゲットを絞りつつ全方位に万全。

一方のライダーはイケメンを3~5人配置と云う絨毯爆撃からピンポイント攻撃の主役1人に絞り、しかも今回は「守ってあげたいキャラ」で母性本能をくすぐる。 オネーチャンは従来のハード指向から柔らかくなりつつ3人配置で、こちらが絨毯爆撃。 ライダー:カワイイ 女1:Sネーチャン 女2:コスプレ 女3:お姉さん の撃ち漏らしはあるが、目標は確実に撃沈。

毎週毎週日曜の朝に、こんなんに1時間割くってのはどーかと思うが、しばらく続けて見てみるか。 悩ましい。 見ないなら見ないでどうと云う事はナイんですが・・・

atv060413d01.jpg若奥様担当 レンジャー赤:バカ 映画「テニプリ」に出演。

profile.jpg若奥様担当 レンジャー青:ナル

photo_78.jpgオトーサン担当 レンジャー黄:萌え

gekiren10.jpg若奥様担当 レンジャー悪男:ホスト(でナル) 華がある。

gekiren11.jpgヲタ担当 レンジャー悪女:グラドル

 

ryotaro.jpg若奥様担当 ライダー:カワイイ 実は演技ウマイ?
 
hana.jpgMの方担当? ライダー女1:クール

naomi.jpgアキバ担当 ライダー女2:コスプレ

wak00001.jpgアニヲタ担当? ライダー女3:お姉さん

  1. 2007/04/16(月) 18:49:07|
  2. 映画関連とテレビ
  3. | コメント:6

今日のD40

kiug7f6tgh.jpg
  1. 2007/04/16(月) 12:29:40|
  2. ウチの犬の写真
  3. | コメント:0

「あずみ2 Death or Love」 チャラいぜ!

B0002U8NQQ..jpg

05年 監督:金子修介 出演:上戸彩 小栗旬 栗山千明 高島礼子

失敗しました。 「シリアナ」の次にこの手の映画は観るもんじゃナイですね。 「気分転換に」とか思ってたら、難易度が一気に下がって、私の気持ちも急降下。

監督は平成ガメラシリーズで評価の高い金子修介。 にも関わらず、金子修介らしさは皆無です。

あ~これじゃ上戸彩以外に観るべきものがナイじゃん。 あ、それは前作も同じか。

ハイライトは上戸彩と高島礼子の戦い。 高島礼子が極妻に変身しちゃいます! ビックリこき麻呂!! 冗談かと思いました。


前作の方が良い。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/04/15(日) 15:00:56|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:7

「シリアナ」 ム、ムズカシイ・・・

B000FFL4FU..jpg

06年 アメリカ 監督:スティーブン・ギャガン 製作総指揮:ジョージ・クルーニー 製作:ジョージ・クルーニー 総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ ベン・コスグローヴ ジェフ・スコール 脚本:スティーブン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー マット・デイモン

中東の石油を中心に、4人の話しがバラバラに展開します。 で、それぞれはバラバラで関係ナイ話しなんですが、結果的に関係しあうと云うオチ。

監督は「トラフィック」でアカデミー脚色賞、ゴールデングローブ脚本賞を獲ってます。 画面の雰囲気がソダーバーグっぽくナイだけで、あとはまんま「トラフィック」を観ている様です。

どうやら私は複数の主人公って映画は苦手みたい。 ワカンナイや。 複雑で。 ジョージ・クルーニーのクレジットが最初に来てますが、4人のうち3番目か4番目の役だし。

ラスト30分で面白くなりましたが、そこまでは先が見えないのでチョットしんどい。


★★★
難し過ぎる。 ソダーバーグ好きなら星4つ。
  1. 2007/04/15(日) 14:41:03|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:6

今日のD40

lkicughtnm.jpg
  1. 2007/04/15(日) 14:20:55|
  2. 人物
  3. | コメント:4

今日のD40

kfigt87r6yh.jpg
  1. 2007/04/14(土) 12:05:59|
  2. 人物
  3. | コメント:0

「DIRECTORS LABEL ~スパイク・ジョーンズ」 音楽PV集

B0000TXOH2..jpg

スパイク・ジョーンズをご存じでしょうか? 99年の映画「マルコヴィッチの穴」が一番有名か?
何が本業なのか知りませんが、ミュージック・ビデオもやってて、かな~り評価高いです。
PV集が出るくらいですから、評価高いのは当然か。

以前紹介したファットボーイ・スリムやケミカル・ブラザーズのPVもやってます。

↓収録曲はAmazonを見てね。
http://www.amazon.co.jp/DIRECTORS-LABEL-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA-BEST-SELECTION/dp/tracks/B0000TXOH2/ref=dp_tracks_all_1/503-1626601-9339154?ie=UTF8&qid=1176272358&sr=1-5#disc_1

↓YouTubeでざっと漁って来ました。

California(ワックス)
http://www.youtube.com/watch?v=dPT7q825gwI

Sure Shot(ビースティ・ボーイズ)
http://www.youtube.com/watch?v=M5GXj1jwb1U

Sabotage(ビースティ・ボーイズ)
http://www.youtube.com/watch?v=lzTxuDUfzzM

Drop(ファーサイド)
http://www.youtube.com/watch?v=6Afx7bqU6GI

Cannonball(ブリーダーズ)
http://www.youtube.com/watch?v=7AsId-qVIb4

Da Funk(ダフト・パンク)
http://www.youtube.com/watch?v=ktPHIqW2sxs

Undone(The Sweater Song)(ウィーザー)
http://www.youtube.com/watch?v=V6Zplk82eQ4

Praise You(ファットボーイ・スリム)
http://www.youtube.com/watch?v=zqrDWKq9gGU

Weapon Of Choice(ファットボーイ・スリム)
http://www.youtube.com/watch?v=sMZwZiU0kKs&mode=related&search

Elektrobank(ケミカル・ブラザーズ)
http://www.youtube.com/watch?v=PVrA2mtrHUM
  1. 2007/04/13(金) 18:38:35|
  2. 音楽とか本とか
  3. | コメント:2

「ベルベット・レイン」 香港ノワール ・・・って言えば許されるのか?

456yhbv.jpg

04年 香港 監督:ウォン・ジンポー 出演:アンディ・ラウ ジャッキー・チュン ショーン・ユー エディソン・チャン

久しぶりに香港映画。 ・・・でしたが、時間のムダ遣いでございました。

映画館で予告を見た時は「ややっ!これはっ!」とカッコイイ予感。 「アンディ・ラウとジャッキー・チェンとはあり得ない組み合わせだなぁ・・・あっチュンか」とひとりボケ・ツッコミをしてましたが、みなさんはいかが?

原案・監督はこれが商用映画デビュー作だそうで、原案・脚本のトウ・チーロンは映画学校で学ぶ女子学生というフレッシュ過ぎる組み合わせ。

画面にもそのフレッシュさがビシビシ出ております。(悪口)
具体的には本と演出、カメラワークがダメダメ。 「つたない」と言えば的確な表現でしょう。

アンディ・ラウとジャッキー・チュン、ショーン・ユーとエディソン・チャンの2つの話しが平行して進みます。 何か分かりにくいなあ。 ショーン・ユーとエディソン・チャンってちょっと雰囲気似てるので知らない人には区別しにくいんじゃナイでしょうか? あ、そんな人はこの映画観ないか。
ラスト前からエンディングにかけてそこそこ盛り上がって驚く仕掛けがありますが、そこまでの出来が悪いので、効果薄い。

そんな中、新人監督のキャストにしては豪華な4人の演技は、ピカリ!光っておりました。


豪華4人の演技しか見るべきものがナイが、各キャラに踏み込んで行かない演出が、演技に制限を加えている。

240_320-0264.jpgアンディかっこいい

  1. 2007/04/13(金) 18:17:58|
  2. 香港電影レビュー
  3. | コメント:4

今日のD40

85ujedkclvo.jpg
  1. 2007/04/13(金) 12:10:47|
  2. 人物
  3. | コメント:0

オリンパス、デジタル一眼レフ「E-410」の発売日を21日に決定 ~2GBのxDピクチャーカードをプレゼント

oly01.jpg

オリンパスは12日、デジタル一眼レフカメラ「E-410」を21日に発売すると発表した。6月10日までに購入すると、2GBのxDピクチャーカードがもれなくもらえる「感動を撮りためよう! 大容量2GBメディアプレゼントキャンペーン」も同時に開始する。

E-410の販売パッケージは3種類。価格はすべてオープンプライス。

E-410
本体ボディのみ。店頭予想価格は9万円前後の見込み

E-410レンズキット
Zuiko Digital ED 14-42mm F3.5-5.6が同梱される。店頭予想価格は10万円前後の見込み

E-410ダブルズームキット
Zuiko Digital ED 14-42mm F3.5-5.6、同ED 40-150mm F4-5.6のレンズ2本が同梱される。店頭予想価格は12万円前後の見込み

「感動を撮りためよう! 大容量2GBメディアプレゼントキャンペーン」の実施期間は4月25日~6月10日。締切は6月11日(当日消印有効)。E-410のボディ、レンズキット、Wズームキットの3つの対象商品の購入後に必要書類をキャンペーン事務局に郵送すると、2GBのxDピクチャーカード(Type H)とGO FIND YOUR WONDERSオリジナルステッカーがもれなくプレゼントされる。


だそうです。
メモリーカードは必ず要るのでウレシイけど、その場でくれないので、届くまで使えないのが難点。
2GBってところに良心を感じる。

oly02s.jpgoly03s.jpg

ん~D40出てなかったらますますE-410買ってた気がする。
  1. 2007/04/12(木) 18:06:45|
  2. カメラ関連
  3. | コメント:7

今日のD40

kfi8tr7e6ywt.jpg
  1. 2007/04/12(木) 12:00:49|
  2. 人物
  3. | コメント:2

「サラリーマンNEO」 レビュー

20070410_00.jpg

う~ん再開第1弾だと云うのに、このダル~な感じはやはりタダ者ではないな。
気合いの入った視聴者に肩透かしを喰わせる様な、この身軽さがウリ。

とはいえ、ちょっと消化不良。 やはりパワーダウンか・・・ と思っていたらやられました。

セクスィー部長 色香恋次郎

P1040654.jpg

今シーズンは部長に命、預けますっ!
  1. 2007/04/11(水) 21:56:08|
  2. 映画関連とテレビ
  3. | コメント:2

「BLUE -A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」 死ぬべくして

B0001FAB08..jpg 04年

トリビュートにも色々ありまして、玉石混交なのは何枚か聴いた事のある方なら周知の事実であります。 で、その一枚一枚も、さらに玉石混交になっておりまして、そんな時アーチストの才能をハッキリと知る事が出来ます。

「~節」って言葉がありますが、何歌っても同じになる歌手いますよね。 「プロなら他の歌い方もしてみろよ!」と思わないではありませんが、いくらプロとはいえ、人間そんなに器用に出来てはいないんですね。

トリビュートアルバムは「なんや原曲通りやないか」とか「いつもの~節や」とか「やや!このアレンジは!」とか色んな楽しみ方が出来る所にその良さがあります。
で、問題は「~節」なんですが、もともと歌ってる人の持ち歌だったとしか思えない様な曲に時々出会う事があります。 この時ばかりはもう、「~節」とかケチつけるヒマなんかありません。 ただただ感心感動。

本作はビッグネームが名前を連ねてますが、イチオシは天才!岡村 靖幸。

尾崎の曲みたいでもあり岡村ちゃんの曲みたいでもあると云う絶妙な仕上がり。 カッコイイわ。

もう出所したのかな? 2回目ヤクで捕まる直前のライブに行きました。 その天才ぶりはヤクのお陰か? と思わないでもありませんが、私はシラフでもアル中でもヤク中でもその成果がソレによるものであったとしても関係なく評価します。(「ヤクやってるから評価しない」ってのならサイケの頃のロックはほとんどダメって事になりますなぁ。 ま、その話しは置いといて)

プライベートに興味はナイので勝手な想像ですが、尾崎豊と仲の良かった岡村ちゃん。ヤクに手を出した事と彼の死は関係あったのではないか? そんな勘ぐりをしてしまう今日この頃です。

あとミスチルと斉藤和義も良かったです。

↓タワーレコードの試聴
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=890962&GOODS_SORT_CD=101

 ↓YouTube 岡村ちゃんの曲を一緒に歌う尾崎豊(広島ピースコンサート)
http://www.youtube.com/watch?v=vFiHr8_ns0o
  1. 2007/04/11(水) 21:37:17|
  2. 音楽とか本とか
  3. | コメント:0

今日のD40

,lkvoig98t74y3wh.jpg
  1. 2007/04/11(水) 11:58:47|
  2. 人物
  3. | コメント:0

「ヒトラー 最期の12日間」 重い・・・

B000HEWIEU..jpg

05年 ドイツ・イタリア 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:ヒトラーブルーノ・ガンツ

いやもう重かった。 まるでドキュメンタリーを見てる様でした。 
「ヒトラー最期の12日間を密着取材!」そんな感じです。 甘っちょろいBGMなど一切ナシ! ただひたすら秘書の目を通してドイツ降伏前後のナチス中枢での出来事を追いかけております。

カメラはただひたすらそこにある事象を撮しているだけなので、一見淡々としている様に見えますし、抑えた演出はこの映画をどこかの方向に向かわせようともしていません。
あの時あの場所で起こった(であろう)事を、私達観客はただ観続ける事しか出来ません。
そして何を感じ何を考えるかは、自分次第と云う事なのでしょう。

★★★ (観草的には★★★★)
閉塞感。 狂気。 絶望。 破滅。 保身。 滑稽。 意味。

  1. 2007/04/11(水) 00:03:19|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

今日のD40

DSC_3626.jpg
  1. 2007/04/10(火) 11:49:49|
  2. いろいろ写真
  3. | コメント:0

「男たちの大和 / YAMATO」 大和でなければ、ならなかったのか? 

B000F6RURU..jpg

05年 東映 監督:佐藤純彌男 出演:反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 蒼井優 鈴木京香 仲代達矢 池松壮亮

え~っとですね。 誰が主役なんでしょう? 仲代達矢=松山ケンイチでイイのかな?

「タイタニック」と同様の手法を使っております。 昔話の導入に現在を持って来て、当時の生き残りを水先案内として、過去へ観客を連れて行きます。 がっ!がっ!がっ!忙しいゾこりゃ。 過去と現在を行ったり来たり・・・ってタイムボカンかっ! せっかく気持ちが入り込んで来た頃に現在に連れ戻されてしまい、盛り上がった気持ちが萎えてしまいます。 その繰り返し。 「壬生義士伝」でも気になりましたが、この手法は使えば使う程流れが停滞してしまうので、やっぱ「タイタニック」みたく、最初と最後だけってのが正しい使い方ですね。

それぞれのお話しは良く出来てますが、なんせエピソードが多いので2時間23分!長っげぇーなぁ。 登場人物も多く、過去と現在を行ったり来たりするので更に倍、ドーン! 配置を把握するのに時間かかったゾ。

松山ケンイチと蒼井優のカラミは非常に良かったので、その辺に絞るとか、そのエピを主軸にしても良いのでは?(別の映画になっちゃうケド)

戦闘シーンはイマイチ。

★★★
ダメダメ!とも言えない煮えきらなさ加減。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/04/09(月) 17:36:16|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「イーオン・フラックス」 アップにしないでっ!

B000GJ0MT4..jpg

06年 アメリカ 監督:カリン・クサマ 出演:シャーリーズ・セロン マートン・ソーカス

アメコミかと思ったら、MTVの短編アニメ映画が元ネタです。 シャーリーズ・セロンのお手並み拝見と望みましたが、彼女の魅力を十二分に発揮しているとは言い難いでしょう。
アップになると、それなりの年齢に見えてツライし・・・

美術にオリエンタルな雰囲気が出てたので調べてみたら、監督が日系でした。
ストーリーは良くあるパターン。 人類の危機、しかも種としての生存の危機に直面してるんですが、なんか危機感うっすいなぁ。 対策に400年もかけてんのに、こぢんまりしてるし。

う~ん、飽きた。 ケド最後までガンバル。 がんばれ俺!

そうやって見て行くと、「トゥームレイダー」とか「アンダー・ワールド」とか「バイオハザード」は非常に上手く作ってる事に改めて気付く次第であります。

★★★
盛り上がらない。 予定通り始まって予定通り展開して予定通り終わる。

  1. 2007/04/09(月) 17:32:17|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:2

今日のD40

osidufjn.jpg
  1. 2007/04/09(月) 12:09:44|
  2. ウチの犬の写真
  3. | コメント:0

今日のD40

losidfuhnt.jpg
  1. 2007/04/08(日) 14:50:26|
  2. ウチの犬の写真
  3. | コメント:0

「kiss my ass -classic kiss regrooved-」 震えるゼ!

B00000AVFV..jpg94年

不肖は1966年に生まれてござる。 「サ・ベストテン」にはまり、小6から甲斐バンドを聴き始め、中学は浜田省吾とビリー・ジョエルと久保田早紀と庄野真代、高校はヘビメタ、ハードロック、を聴いておりました。 当然MTV世代でもあります。 大学の頃はUKのニュー・ウェーブを聴きながら第2次ディスコブームの渦中でバイト代はバイクとディスコに消えて行きました。 当然ヨーロビートもかじり、その終焉を見届けております。

で、ビートルズや吉田拓郎は既に過去の音楽だったので、よく知らないんですね。 今回紹介するKISSもギリギリ聴いてないです。 あ、クイーンも実は聴いた事があって、知ってる程度。

ですが、ですがですよ。 このアルバムは買わずにはいられませんでした。 おりしもトリビュートが流行っていた頃でしたので、有象無象が沢山ありましたが、ただただこのアルバムのただ1曲の為に買いました。

1曲目「DEUCE」 カバーしたのはレニー・クラヴィッツ!とスティーヴィー・ワンダー!!

夢の組み合わせです。

シビレましたネ。 震えました。 キング・オブ・ロックンロール!!!!
この曲以上にカッコイイRockがありましょうや? もはや原曲がKISSとか関係ありません。

現在では入手困難になりつつありますが(Amazon中古で800円~)、どうか聴いて下さい。 大音量で。 ビリビリ来る事は保証します。 鳥肌も立つし。

この1曲の為に買え!(他の曲も概ね大丈夫)

↓Amazonの試聴
http://www.amazon.co.jp/Kiss-My-Ass-Classic-Regrooved/dp/B000001E4S/ref=sr_1_1/503-1626601-9339154?ie=UTF8&s=music&qid=1175660333&sr=8-1

  1. 2007/04/07(土) 14:08:13|
  2. 音楽とか本とか
  3. | コメント:10

今日のD40

DSC_0987.jpg

3/27の元ネタです。

  1. 2007/04/07(土) 13:41:49|
  2. ウチの犬の写真
  3. | コメント:0

今日のD40 のネタ公開

R+Rさんから4月4日の写真について問い合わせがありましたので、ネタとさせて頂きました。(画像はクリックすると大きくなります)

jcuydgbj.jpg

これが元画像です。 黄色いのの顔が見切れている上に横っ腹がドーン!と写ってて、完全に失敗です。
が、黒の表情が良かったので、トリミングしてみました。

jvughjjkiufhdjk.jpg

構図は良くなりました。 黄色の顔が見切れてるのも逆に黒に目線が集まってイイ感じ。
でも、もひとつパッとしません。 黒が潰れてるからだと思うんですが、レタッチすると今度は黄色と背景が飛んでしまい、初心者には落とし所が見付けられません。

って事でモノクロにしてみる。

DSC_0311.jpg

おっ! イイ感じではナイでしょうか?(自画自賛?)
面白いもので、構図によってはカラーが良いもの、モノクロが良いもの、ドッチもイケルものがあるんですね。

今でもノーレタッチ・ノートリミングを目指して日々精進しておりますが、それとは別にレタッチ・トリミングの世界もあるのだと思える様になりました。(以前は悩んでおりましたが・・・)
結構楽しいし。 ココが簡単に出来るのは銀塩に対する大きなアドバンテージでしょうね。
  1. 2007/04/06(金) 18:18:54|
  2. カメラ関連
  3. | コメント:4

「The Bends / Radiohead」 多くのフォロワーを生むも追従を許さず。

200px-Radiohead.jpg95年 2nd

『1985年にオックスフォードで結成。1992年にメジャーデビュー。 現在までに6枚のアルバムを発表。同時代の音楽界において、最も創造的な音楽グループとして賞賛されてきた。 ロック・電子音楽・ジャズ・現代音楽などのジャンルを横断した音楽性や、アルバムごとの急進的な変化について評価が高い。 1997年に発表したアルバム『OK Computer』は、1990年代のポップ・ミュージックにおける金字塔としばしば評される。

1991年にEMI傘下のパーロフォンとメジャー契約し、1992年にEP『Drill』でメジャーデビュー。 翌年、1stアルバム『Pablo Honey』(1993年)からのシングル『Creep』が若者から熱烈な支持を受け、世界的なヒットとなる。 この当時はトリプルギターにベース、ドラムという比較的オーソドックスなロックバンドであった。

ギターロックをより押し進めた2ndアルバム『The Bends』(1995年)により、人気を不動のものとする。 この頃から次第にロック以外の音楽と接近していき、メンバー各自が様々な楽器を使い分けるようになった。

そしてその頃イギリスで流行していたトリップ・ホップなどからの影響もうかがわせるような曲を作りはじめ、1997年にはそれらの実験的な試みの結晶ともいえる3rdアルバム『OK Computer』(1997年)を発表した。 このアルバムは全世界で大きな評価を獲得し、高いセールスを記録。2005年にはチャンネル4が行なった「偉大なアルバム・トップ100」投票でトップに選ばれた。 ちなみに同年のデジタル・ラジオ局、BBC 6 Musicのリスナーが選んだ「過大評価されすぎのアルバム・トップ10」の6位にも選ばれている。

長い制作期間を経て発表された4thアルバム『Kid A』(2000年)では、実験的な電子音楽とバンド・サウンドを融合させ、前作『OK Computer』からの劇的な変化を遂げた。 この急進的な変貌ぶりに多くのファンは戸惑いを覚え、賛否両論を巻き起こした。』 以上、Wikipediaより一部転載。

う~んこれではどんな曲調かよくワカリマセンね。 不勉強で適当な言葉が見つからないのですが「静かなロック」と言えばイイでしょうか?(なんじゃソレ)

今回紹介するのはその金字塔の1コ前です。 ワタシャ断然コッチの方が好きですね。 そして賛否あった4枚目に付いていけなかった口です。

新鮮だったのか斬新だったのか、日本でも雨後のタケノコの様に多くのフォロワーを生みましたが、現在はほぼ壊滅状態。 あと、大人気オアシスはレディオヘッドのちょい後に出てきましたが、日本でのこの差はナゼ? もっと売れてもイイと思います。(オアシスも好きですケド)


↓Amazonの試聴
http://www.amazon.co.jp/Bends-Radiohead/dp/B000002TQV/ref=pd_bbs_sr_3/503-1626601-9339154?ie=UTF8&s=music&qid=1175850051&sr=8-3


↓You Tubeもどうぞ。 聴いた事あるかも? カックイイよ!(静かだけど)

High & Dry
http://www.youtube.com/watch?v=ck-lgSgieyg

Fake Plastic Trees
http://www.youtube.com/watch?v=HeowFbvpu0U

Just
http://www.youtube.com/watch?v=R5X7HKxpiQA

No Surprises
http://www.youtube.com/watch?v=qqsyXdj_p_I
  1. 2007/04/06(金) 18:02:11|
  2. 音楽とか本とか
  3. | コメント:2

今日のD40

DSC_3148.jpg
  1. 2007/04/06(金) 16:55:12|
  2. 花など
  3. | コメント:0

「月のひつじ」 極めてフツーの映画(最上級の褒め言葉)

UQLB_RfG.jpg

02年 オーストラリア 監督:ロブ・シッチ 出演:サム・ニール ケヴィン・ハリントン 

う~んイイもの魅せてもらったヨ。
何の変哲もナイ、奇をてらった所など微塵もナイ、極めて上質で良心的な作品です。
少しだけ、もっと見せて欲しいエピソード(若いスタッフの恋愛)や誰やアンタ(地元政治家のみなさん)ってのがありましたが、些細なコトでしょう。

満点。 

表面上はやや軽めのコメディになってますが、その先に誰もが宇宙に対して抱くロマンが見えて来ます。

え~余談ですが、↑のジャケット(海外向仕様)みたいにヒツジは出て来ませんし、右上の男の子もジャケットに出る程ではナイ気がします。

thedish.jpg←地元仕様? ちょっとイメージ違うなあ。

017_THEDISH_QUAD_2SIDED~The-Dish-Posters.jpg←やや近いか?いやカンガルーで遠くなってる。

disht01.jpg
↑コレが一番作品に近いかも?ここまでハードじゃナイですが・・・
 あなたは宇宙とつながる事が出来るか?

★★★★(満点とか言いながら好みの問題で星4つ)
こんな宇宙の使い方もあったのか!
  1. 2007/04/05(木) 18:43:00|
  2. 映画 レビュー
  3. | コメント:4

「NHK趣味悠々デジタル一眼レフ風景撮影術」 タイムリーな!


6188443.jpg

NHKの趣味悠々で「デジタル一眼レフ風景撮影術」てのが始まりました。

初心に返り(ってオイ!初心者だし)お勉強してみます。

デジタルも銀塩も一眼もコンパクトも関係無く「写真を撮る」事に興味のある人はどうですか?

ただ~し!デジイチ購入検討者は確実に欲しくなると、よみょうよ。(by 秋山森乃進)

↓放送日はNHKのサイトでチェックしてチョンマゲ。
http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/degital_camera.html

  1. 2007/04/05(木) 12:19:53|
  2. カメラ関連
  3. | コメント:2

今日のパナFX01 ~ 行き先の任す桜と鼻の先   睦 ~

P1040432.jpg
  1. 2007/04/05(木) 12:05:53|
  2. 人物
  3. | コメント:6

「CM STYLE -Sony CM Tracks-」 日産CMのお手本

00000491823L.jpg 03年

1.ホワットエヴァー - オアシス
2.ツー・マンス・オフ - アンダーワールド
3.ワン・モア・タイム - ダフト・パンク
4.ジョリー - YOSHIKA
5.ワン - フーヴァーフォニック
6.プライヴェート・アイズ - ホール&オーツ
7.ザック&サラ - ベン・フォールズ
8.愛ゆえに - 10cc
9.ヴァーチャル・インサニティ - ジャミロクワイ
10.トラッシュ - スウェード
11.ノーバディーズ・ラヴド・ユー - マニック・ストリート・プリーチャーズ
12.トゥ・ザイオン - ローリン・ヒル
13.愛の願い - ミッシェル・ポルナレフ
14.クルージング・フォー・ブルージング - バーシア
15.ラヴ - ジャネット・ケイ
16.ラウンド・ミッド・ナイト - マイルス・デイヴィス
17.ピアノ・マン - ビリー・ジョエル

やっぱソニーはオシャレやね。 今この時代をとらえた選曲のセンスが日産とは雲泥の差に感じられます。
ただのコンピなんですが、ナゼか全曲に感じられるソニーらしさ。 透明感と言い換えてもイイでしょう。

オススメは、オアシス、アンダーワールド、YOSHIKA、ホール&オーツ、ベン・フォールズ、ジャミロクワイ、スウェード、ローリン・ヒルあたりか。 ・・・って、ほとんどじゃん。

個人的には、オアシス、アンダーワールド、ダフト・パンク、ベン・フォールズ、ジャミロクワイ、スウェードが好き。

残念ながら試聴は見付ける事が出来ませんでしたが、これは必聴です。 買ってでも聴くべしっ!

*追記しました*
mriryure-roさんに教えて頂いたソニーのサイトで一部試聴できます。 聴いてみてちょ。
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=SICP000000333

  1. 2007/04/04(水) 12:58:44|
  2. 音楽とか本とか
  3. | コメント:4

今日のD40

DSC_0311.jpg
  1. 2007/04/04(水) 12:37:39|
  2. ウチの犬の写真
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する