< はんぱでごめんね 邦画 レビュー

はんぱでごめんね

映画とクルマと写真など、はんぱにお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「劇場版 SPEC~天~」 続きは絶対劇場に行かないからなっ!

i0953yuhethjpehsejr.jpg 12-003

09年 監督:堤幸彦
脚本:西荻弓絵 製作:植田博樹 今井夏木 製作総指揮:濱名一哉
出演:戸田恵梨香 加瀬亮 福田沙紀 神木隆之介 栗山千明 伊藤淳史 竜雷太 浅野ゆう子 

「サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜」と「包帯クラブ」で好印象だったけど「20世紀少年」と「BECK」で全てを台無しにした感のある堤幸彦監督作品。

「ケイゾク」や「トリック」のTVsr.はつまむ程度だったんですよ。なんかイマイチ乗れなくて。けど「SPEC」のTVsr.は良かったですね。もう加瀬クンの立ったキャラのお陰で。

若干の不安を抱えつつもそれなりに恰好を付けた最終回と何よりTVSPの「翔」が抜群に面白かった。なのでどんな結果が待ち受けようとも続きの劇場版は観ようと思いました。

ところがですね。

30分もしない内にイライラして来ましたよ私。

1,800円からの金を取っておいて何だいこのナメた態度は?

これはもはや映画ではありません。
ってか劇場でわざわざ観る様なものではありません。
お金を払ってまで観るもんじゃありません。
こんな内容でよく金取る(以下自主規制)

不思議です。直前の「翔」は凄く良かったんですよ。もう続きを観られずにはいられないほど。なのでその続きがウソの様な惨劇。

なんかAKBのドキュメンタリーのNHK放送版と劇場版の関係にも似てるな~とか思いつつ、続きはTV放送まで待とうと決心しながら劇場を後にしたのでした。



怒り心頭。 直前のTVSPの方は圧倒的に面白いんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2012/05/20(日) 21:57:25|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「テルマエ・ロマエ」 意外とおおごと

d9c9a0f288a7add6d22ade9d28fba58d.jpg 12-002

12年 監督:武内英樹
原作 :ヤマザキマリ 脚本:武藤将吾 製作:亀山千広 市川南 寺田篤 浜村弘一 プロデューサー:稲葉直人 菊地美世志 松崎薫
出演:阿部寛 上戸彩 市村正親 北村一輝 宍戸開 勝矢 竹内力 笹野高史 キムラ緑子 外波山文明 飯沼慧 岩手太郎 木下貴夫 いか八朗 神戸浩 長野克弘 内田春菊 菅登未男 森下能幸 蛭子能収 松尾諭

のだめの監督を務めたフジの武内英樹監督作品。と云うより世界の亀山モデル系列。

内容・演出的にはまんま亀山モデルです。
小さなスケールだと思っていたらこれが結構一大事に発展する展開はなかなか良かったです。ココは驚くポイント。

これが映画なのか?

と云う甚だ根源的な疑問が終始つきまといますが、だからと云ってそれをどーこー云う作品でもナイ気がします。野暮だよ。

あまたある映画の中にはこんな気楽な作品もあって良いでしょうよ。

ただ正規料金ほどはナイとは思いますけどね~


★★★★
お手軽お気楽。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2012/05/13(日) 22:44:05|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「空気人形」 映画らしい映画でした

jnhgvfd.jpg 11-079

09年 監督:是枝裕和
原作:業田良家 脚本:是枝裕和 製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎
出演:ペ・ドゥナ ARATA 板尾創路 高橋昌也 余貴美子 岩松了 星野真里 丸山智己 奈良木未羽 柄本佑 寺島進 山中崇 ペ・ジョンミョン 桜井聖 オダギリジョー 富司純子

公開時に観たかったけど逃してしまいスカパー放送を心待ちにしていたAKB48のPV「桜の木になろう」も撮っている是枝裕和監督作品。

結論から云いましょう。
今年(私が観た作品)の上位は確実であると。

途中までラブストーリーなのかと思ってましたが板尾創路との一悶着、オダギリジョーとの対面で「ああこれはロードムービーなんだね」と合点。

人形が終着駅を探す、いや、終着駅と云えるものの存在さえ知らずに、結果的に何かを探し求める旅です。

とても感心したのは「人間になりたい」とかのありがちな設定を回避している事、生々しい描写を挿入しつつもファンタジーに仕立て上げている事。
そしてこれはもう監督が映画をワカッテイルとしか云えない極めて少ない台詞で綴られている事。
いやもうホント久しぶりに映画でしか成立しない映画を観させてもらった気がしました良かった!


心を持ってしまった人形のその先にあるものは?

それはもう観てのお楽しみで。


★★★★★
例えるなら「ジョゼと虎と魚たち」の透明感に似ている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/01(火) 01:21:11|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「感染列島」 デザスターに色恋は要らない

i3859ygiwojfaldsdgtt456475.jpg 11-078

09年 監督:瀬々敬久
プロデューサー:平野隆 企画:下田淳行 脚本:瀬々敬久
出演:妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 田中裕二 池脇千鶴 山中聡 竹山隆範 金田明夫 光石研 宮川一朗太 キムラ緑子 嶋田久作 正名僕蔵 吉川美代子 山中秀樹 武野功雄 仁藤優子 久ヶ沢徹 佐藤恒治 山中敦 山本東 津田聖子 田山涼成 三浦浩一 馬渕英俚可 小松彩夏 佐藤浩市 藤竜也

ピンク映画で結構な数の実績がある瀬々敬久監督作品。

公開時、結構評判が悪かったみたいですね。
予告編は超ワクワク感に溢れてた記憶があるんですけどこの手の作品にありがちな「予告が全てだった系」か。

なんかね、足りね~よ。

危機感か。

あと破滅へと転げ落ちる転落感?って云うの?(何だそれ)

どいつもこいつもヒステリックに騒ぎ立てるけど台詞で云ってるだけじゃんか。
設定説明もナレーションやテロップでさらりと流しやがるし。

え・い・が なら絵でねじ伏せて来いよ! そしてら「ぎゃふん」って云うから。



妻夫くんと檀れいって… 無いよ、その組み合わせ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/29(土) 14:15:40|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「戦慄迷宮」 伸びしろは無くなった

394ujweowtgs4564.jpg 11-077

09年 監督:清水崇
脚本:保坂大輔 プロデューサー:小椋悟 谷島正之 宮崎大
出演:柳楽優弥 蓮佛美沙子 勝地涼 前田愛 水野絵梨奈 中村久美 松尾スズキ 山中崇 平岡拓真 松本花奈 森大悟 荒川ちか 伊藤星 中島ひろ子

説明不要の清水崇監督作品。

新しい地平を切り開いた清水監督ですが本作でも新しい試みにトライしている様に見受けられます。しかし”いかにもホラー”を期待する観客の要望には全く応えていません。

これはホラーなのか?恐くないホラーってホラー?

科学的考証に基づかない宇宙アクションものを昔”スペオペ”(スペース・オペラの略)と呼んでいましたがなんか別の呼称が必要かもしれません”ホラーレス・ホラー”とか。

で、まぁ恐くないのは一旦横に置いておいてですよ。
その前に話しがちっとも面白く無いってのはどうなんですかね?テンポも悪いし。

何か一生懸命考えに考え抜いた挙げ句、考え過ぎでプロットや構造にがんじがらめになってしまった感があります。

Jホラーなどと呼ばれ一大ブームとはなりましたが、美味しい市場は直ぐに食べ尽くされ、いまではペンペン草も生えていない。
それは清水崇監督が一番よく分かっているでしょうけど。


★★★
いやでもそこそこ恐いっちゃ恐い。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/28(金) 01:11:46|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「アウトレイジ」 加瀬くんカッコイイ

904uyogei9hwysrh.jpg 11-070

10年 監督:北野武
脚本:北野武 製作:森昌行 吉田喜多男 製作総指揮:北野武
出演:ビートたけし 椎名桔平 加瀬亮 三浦友和 國村隼 杉本哲太 塚本高史 中野英雄 石橋蓮司 小日向文世 北村総一朗

北野武の15本目の作品。

そっか~もう15本も撮ってんのか~実は北野監督作品は「その男、凶暴につき」と「座頭市」しか観た事ありません。(もう1本観てるがタイトルも内容も失念)

あ~なんか「その男、凶暴につき」だ。と云うのが第一印象。

ただ「その男、凶暴につき」のバイオレンスは当時ホントに荒々しく驚きを伴っていましたが本作のは洗練されてます。この辺はキャリア積んじゃうとどうしようもないのかなぁ~タランティーノとか良い意味で変わらないですけど。
で「その男、凶暴につき」にはセックスもありましたが本作にはありません。
その分ただただバイオレンス一本で押すのかと云うとその推進剤もいまひとつ馬力が足りない感じ。

謀略と裏切りと野望と覇権。この辺が後付けのテーマかな~と思いますがなんせ後付けなんで破綻はしてないものの弱いなぁ~って印象です。


★★
面白さが分からない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/30(金) 18:51:54|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「龍が如く 劇場版」 岸谷五朗だけを見ろ!

9583towfgieht.jpg 11-069

07年 監督:三池崇史
脚本:十川誠志 製作:SEGA アートポート CJ Entertainment 製作総指揮:岡村秀樹 共同製作:金周成 松下順一 エグゼクティブプロデューサー:名越稔洋 梅村宗宏 プロデューサー:土川勉 前田茂司
出演:北村一輝 岸谷五朗 塩谷瞬 サエコ 夏緒 加藤晴彦 高岡早紀 哀川翔 コン・ユ 松重豊 田口トモロヲ 真木蔵人 荒川良々 遠藤憲一 ムロツヨシ 名越稔洋 塩見三省

PS2のゲームを三池崇史が実写化。
なので内容(設定)が全くワカリマセン。
けれど、そんな事はまぁどーでもいいか。と云う気になります。

つーか全てが嘘臭くイイカゲンで怪しい。

そして岸谷五朗のキャラが強烈過ぎて他の事が吹っ飛んでしまいました。

「ゼブラーマン」からこっち三池監督はこんな作品が非常に多い様な気がしますが、まぁ続ければその道の重鎮になるワケで、既にそんな貫禄が見えて来ております。


★★
変に面白く普通につまらない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/27(火) 00:30:20|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「イキガミ」 「サトラレ」を連想してしまう

964yeoi94wtogbh.jpg 11-068

08年 監督:瀧本智行
原作:間瀬元朗 脚本:八津弘幸 佐々木章光 瀧本智行
製作:佐々木章光 久保田修 黒沢淳 製作総指揮:濱名一哉
出演:松田翔太 塚本高史 成海璃子 山田孝之 劇団ひとり 浅利陽介 笹野高史 笹野高史 山崎裕太 風吹ジュン 塩見三省 井川遥

トヨエツが出てた「犯人に告ぐ」しか知らない瀧本智行監督作品。

リアル鬼ごっこ」とか「サトラレ」の様にとんでもない非日常(或いは非現実)が違和感なく溶け込んだ(と制作側は主張する)舞台設定上で展開するドラマがどう進行するのかを楽しむ作品です。

あまりにも突飛なので何をどうやってもリアリティなんで微塵も出せないのはワカッチャいますがそれでも観客を作品にダイブさせる為にリアリティを付与させる努力を監督は惜しむべきでは無いと思います。
けれど「これこれこーゆー設定です」と云う説明だけで逃げちゃってるもんだから虚構の中の現実がちっとも現実になりません。

せっかく各パートのエピソードが面白く出来てるのに作品の根底に流れる根っ子の部分でイマイチ共感出来ないと云う残念な雰囲気が終始漂っておりました。

フィクション、特にSF系アニメなんかはその辺の設定説明がキチンと出来てる傾向にあるので見習って欲しいと思いました。


★★★
結果として普通。ってか、とにかく共感出来ない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/05(月) 23:14:13|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ASSAULT GIRLS」 映画的であるとは云える

ke8549ogo9gtsoe.jpg 11-066

09年 監督:押井守
企画:林裕之 製作:原田健 プロデューサー:森遊机 久保淳 脚本:押井守
出演:菊池凛子 黒木メイサ 佐伯日菜子 藤木義勝

久しぶりにTSUTAYAにGO!となり「立喰師列伝 / 女立喰師列伝」からコッチ押井作品観て無かったので何か観たいなと。あれ?「真・女立喰師列伝」も観て無いや。

押井守の実写と云えば、まぁ昔から評判が悪いので有名ですが本作はフツーにツマンナイ映画程度の損害で済んでおります。(ご存じない方の為に私は押井守のファンですので念為)

けれど見所もそこそこありまして中盤の風景描写なんか美しいですよ。
で、例えばアンディ・ウォーホルの映画「Empire」とかご存じでしょうか?
あんな感じです。

フツーの導入部とギャグっぽいエンディングに極めて俗っぽさを感じますが、お付き合いだと思えば腹も立ちますまい。


★★
黒木メイサの尻も良かったが佐伯日菜子が色っぽかった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/08/27(土) 20:57:15|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ロストクライム-閃光-」 これまた大胆な

09e4iere9ihhrh.jpg 11-047

10年 監督:伊藤俊也
原作:永瀬隼介 脚本:長坂秀佳 伊藤俊也
出演:渡辺大 奥田瑛二 川村ゆきえ 武田真治 矢島健一 烏丸せつこ 熊谷真実 中田喜子 かたせ梨乃 宅麻伸 原田芳雄 夏八木勲

三億円事件の新解釈。

主演の渡辺大が他の豪華キャストに喰われぎみです。
でもまぁ立ち回り的にはこれでイイのか。

個人的には川村ゆきえが光ってたと思います。

少し演出・台詞回しが古くさいのが気になりますが冒頭イマイチ感のあった渡辺大が段々とイイ感じになって来るのは結構見所か。

惜しむらくは、かたせ梨乃と宅麻伸はいつもの感じで大根と云うか何演っても同じなのがねぇ~


★★★
奥田瑛二のエロシーンは明らかに作品のトーンと気色が違う。ってか相手が中田喜子なのがショック!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/23(月) 21:52:18|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ANOTHER GANTZ」 終盤前で飽きた

8943uyhrbdfswhrj.jpg 11-041

11年 監督:佐藤信介
原作:奥浩哉 脚本:渡辺雄介
出演:二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 加藤晴彦

後編公開前日に『金曜特別ロードショー』で放送された前編の内容を加藤晴彦がご案内。
邦画のSFモノは地雷が多いので「1」はパスしたのですがTVはタダなのでお断りする理由はありません。

いや面白かったですよ概略がよく分かりました。
評判イマイチだけど「むしろ面白いんちゃうか?」とさえ思いました。

けどね、加藤晴彦が意外とボディーブロウの様に効いて後半前に飽きちゃいます。
説明すんのにまぁガイドを立てるってのはイイ作戦でしたが、ちょっとクドかったって事ですか?

「2」観てもイイかな?とさえ思いましたけど、ホントの「1」観てないのでパスしました。
夏菜と吉高由里子のスーツは萌え要素なんだけどな~


★★★
音楽は川井憲次だ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/12(木) 21:03:30|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:5

「サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS」 あと一息!

o983u5hjidohem.jpg 11-040

01年 監督:本広克行
原作:佐藤マコト 製作総指揮:萩原敏雄 製作:高井英幸 阿部秀司 小野清司 鈴木敏夫 横山茂幹 脚本:戸田山雅司
出演:安藤政信 鈴木京香 内山理名 松重豊 小野武彦 寺尾聰 八千草薫 小木茂光 黒部進 高松英郎 藤木悠 川端竜太 田中要次 半海一晃 田中龍 深浦加奈子 村井克行 鈴木一功

踊るの本広克行監督作品。

その前に主役の安藤政信がワカリマセン誰だ?
もしかしたらこの匿名性は狙ったものなのか?とお話しが進むにつれて思う様になって来ました。

どうしても鈴木京香と内山理名のキャラの方が強くて安藤政信に目が行かないと云う問題を抱えています。

突拍子も無い設定とイマイチ説得力に欠ける演出ですが、ほんわかコメディータッチなのでリアリティの欠如は気になりませんでした最初から現実とは別の世界のお話しだと思える。

ハッピーエンドで上手にまとめた事が、私みたいに斜めな人間は逆にどうかいな?と思っちゃいますが、素直な心の持ち主なら結構楽しめる作品だと思います。


★★★
主役が松田龍平だったら…と思っちゃう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/11(水) 20:38:50|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦」 抜群に面白いTVSP

55o5iihoirei4983u6gj9wer4.jpg 11-038

10年 監督:松田秀知
脚本:寺田敏雄
出演:米倉涼子 筧利夫 笹野高史 塚地武雅 高知東生 八神蓮 城田優 反町隆史 林遣都 成宮寛貴 柳葉敏郎 橋爪功 津川雅彦 伊武雅刀 高橋克実 陣内孝則

まず邦画では久しぶり、「海猿2」並みにスケールの大きな作品です。
つーかテンコ盛り過ぎ。
ラーメン次郎で云えば「マシマシ」か。行った事ナイけど。

そして次から次に出て来る豪華キャストに驚きます。
制作費の殆どはキャスト代で消えてますね。(キャスト代の余波で?CGが今ドキの劇場公開作品にしては酷い)
けれど、お話しは結構面白いです。休む間も無くイベントが発生進行どんでん返しにトントンと進むので飽きません。

でもね、交渉人だろ? 米倉涼子。

交渉なんかありやしませんよ問答無用に戦闘態勢だ。

少し細部が荒い印象はありますけど、TVドラマから派生した劇場版にありがちなTV観てる事前提では無くTV観て無くても概ね設定が理解出来るのは良かったです。


★ or ★★★★
肝心の米倉涼子が大きな問題。無駄に超豪華なキャスト群を使い捨てる気持ちよさ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/09(月) 22:35:01|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「のだめカンタービレ 最終楽章 前・後編」 極めて映画的

igt67rff7ryj7u.jpg 11-036・037

09年10年 監督:武内英樹
製作総指揮:石原隆 和田行 製作:亀山千広 脚本:衛藤凛
出演:上野樹里 玉木宏 瑛太 水川あさみ 小出恵介 ウエンツ瑛士 ベッキー 山口紗弥加 山田優 谷原章介 なだぎ武 チャド・マレーン 福士誠治 吉瀬美智子 伊武雅刀 竹中直人

もう解説不要の云わずと知れた怪物TVドラマの劇場版にしてシリーズの完結編。

通常クール終了後の特番を観た時点で所詮映画もTVドラマの域を出ないだろうと思っていたのですがさにあらず映画になってたのは驚きました。
特に後編はもうTVドラマと映画の融合と云うべきで素晴らしい内容に大満足。

映画とは何か? 或いは映画的とは何か? と云う議論は別に譲るとして、TVドラマでは難しい事のひとつに役者の演技に依らないで尺を使う事ってのはあると思うんです。
TVドラマは主に登場人物の会話量が尺の大部分を占めていますが映画は会話以外の部分で尺を使う事が容易です。
例えば本作では演奏の描写がそれ。クラシックの演奏に充分尺を使う事によって作品にゆったりとした上質さが生まれています。(玉木宏の独白で行われる楽曲の紹介が些か説明的過ぎな感じではありますが…)

そしてもう1点素晴らしいなと思ったのが原作とは別次元の面白さを獲得した事。
大抵のTVドラマや映画は原作を超える事が出来ません。それは原作の持つエネルギー以上のものを提示する事が難しいのはもとより、活字やコミックを脳内変換する受け側の変換率の高さ、脳内イマジネーションに敵うものは無いと云う事です。

しかし本作では脳内変換では生成出来なかった「音楽」の素晴らしさを伝えています。
実際に流れる音楽の前には脳内イマジネーションも敵いません。
コミックの漫画的表現を極めて上手に実写化した演出の上手さもありますが、原作が装備出来なかった音楽を実装した事が本作を面白くさせた一番の功労者であろうと思います。

ただし前編は普通の出来です。


★★★★
外人役もムリヤリ日本人がするとか思い切った作戦も実は面白い効果を出している。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/07(土) 12:03:42|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「築地魚河岸三代目」 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

4893gorgjeor8ur9ge.jpg 11-029

08年 監督:松原信吾 製作:深澤宏 矢島孝 脚本:安倍照雄 成島出
出演:大沢たかお 伊原剛志 マギー 荒川良々 江口のりこ 田中麗奈 伊東四朗 甲本雅裕 鈴木一真 森口瑤子 佐野史郎 大杉漣 森下愛子 柄本明 六平直政 田口浩正 温水洋一 峯村リエ

久しぶりに来ましたガツン!と。いや~良かった。

いきなり映画らしからぬ質感(低品質)の演出に始まり、もう全てが超ご都合主義的展開と力業のひっくり返しにゾクゾクします。

TVドラマでやれば結構面白い作品になったと思うんですがこれを敢えて映画でやると云う決断は誰の功績なんでしょうか?非常に気になります。

素晴らしかったのは、グズグズなんだけど胸焼けとかは無く面白く鑑賞出来たって事です。これは不思議。

久々に満足感タップリのうんこ映画でした。



10年に続編出す予定だったけど興業不振で白紙の決定。は、当然の決定。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/10(日) 20:58:58|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「沈まぬ太陽」 力作ではあるが…

kwtieuhgirusighsrhyte.jpg 11-020

09年 監督:若松節朗 原作:山崎豊子
製作総指揮:角川歴彦 脚本:西岡琢也
出演:渡辺謙 三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 香川照之 大杉漣 西村雅彦 石坂浩二 神山繁 小林稔侍 草笛光子 加藤剛 宇津井健

TVドラマ出身で映画はあまり撮っていないにも関わらず、3時間22分の長尺を飽きさせずに撮り切った手腕は素晴らしい。

墜落事故がメインかと思っていたのですがさに非ずちょっと意外。

原作がそもそも長編なので仕方ないかもしれないですがもう少し絞った方が良かったと思いますし結局、渡辺謙を延々と追っかけつつも渡辺謙の苦悩があんまり描き切れていなかった様になってしまったのは残念。

その意味では「クライマーズ・ハイ」なんか明快で良かったです。


★★★
序盤階段でキスする松雪泰子のスカートの裾がエロい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/18(金) 23:47:33|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「グーグーだって猫である」 子どもと犬猫は反則です

ery466urrezyr.jpg 11-019

08年 監督・脚本:犬童一心
原作:大島弓子 音楽:細野晴臣 プロデューサー:久保田修 小川真司 製作プロダクション:アスミック・エース IMJエンタテインメント 脚本:犬童一心
出演:小泉今日子 上野樹里 加瀬亮 林直次郎(平川地一丁目) 伊阪達也 大島美幸(森三中) 村上知子(森三中) 黒沢かずこ(森三中) マーティ・フリードマン 小林亜星 松原智恵子 高部あい 柳英里紗 田中哲司 村上大樹 でんでん 山本浩司 楳図かずお

どうにもこうにも私の中で評価が定まらない犬童一心監督作品。

良かった:「ジョゼと虎と魚たち」
う~ん…:「黄泉がえり」「メゾン・ド・ヒミコ」「眉山-びざん-」

結論から云いますと「う~ん…」の中に入ります。

ただ今回ようやくハッキリしたのは「黄泉がえり」を除いてどの作品にも一貫した作風が見て取れます。
やっとワカッテ来ました。

って事はこの人の映画は面白い面白くないの括りでは無くて、合うか合わないか、好みで観ればイイって事なんでしょうよ。

猫が出て来て可愛いだけの映画だと思ってましたけど、普通に小泉今日子を淡々と描写するだけの映画でした。


★★
マーティ・フリードマンの出て来る冒頭の演出はとても好き。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/16(水) 00:14:02|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ニセ札」 迷ってる?

DHTRYJTJDFTJDF.jpg 11-016

09年 監督:木村祐一
製作:山上徹二郎 水上晴司 脚本:向井康介 井土紀州 木村祐一
出演:倍賞美津子 青木崇高 板倉俊之 木村祐一 宇梶剛士 段田安則 泉谷しげる 中田ボタン 板尾創路 遠藤憲一

木村祐一初監督作品。

微妙に軽快な冒頭部に主題からすると明るくコメディタッチでまとめるのかと思いきや、そのまんま低空飛行を続け、あからさまな笑いは無く、かと云ってシリアスでも無く、だからと云って何がしたかったのかワカンナイ事もなく、何となくシリアスな中に見え隠れするシュールさ、おかしさを表現したかったんだろうなとか勘ぐりながらラストは結構上手にまとめてあり初監督作品にしては上手いじゃんと思わないでも無いし、TVから受ける木村祐一っぽさが出てるな~とは思ったりもするんですけど、じゃあどうだったの?と、聞かれればどうにもこうにも煮え切らないのです。(なげーよ)


そんなに中だるみもせずテンポ良く進行するんですけど、もうひとつ分かりにくい。

監督の「これだ!」ってのが見えれば面白かったと答えられるんですけど、そこが…

何の為に映画を撮るのか?

次はその辺の熱いパトスを見せて下さい。


★★★
面白いっちゃ面白いんですけどね。いや面白かったのか?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/09(水) 22:28:38|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「リンダ リンダ リンダ」 ペ・ドゥナ!

4839ghbehogerh.jpg 11-012

05年 監督:山下敦弘
製作:COVERS&Co. バップ ビターズ・エンド ケイブ 脚本:向井康介 宮下和雅子 山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織 三村恭代 湯川潮音 甲本雅裕 松山ケンイチ 小林且弥 小出恵介 ピエール瀧

今スカパーでやって欲しい映画№1の「空気人形」に出ているペ・ドゥナ出演作品。

主役は誰かな~?と思いながらずっと見てました。で、結局「空気人形」のペ・ドゥナと「最終兵器彼女」の前田亜季とオダギリジョーの嫁の香椎由宇とBase Ball Bearのベース関根史織の4人が均等に主役でした。

永遠に終わらないで欲しい学園祭前日の喧噪を舞台にしかしその喧噪とは対照的に非常に淡々としかもまったりと物語は進行します。
まるでロードムービーみたい。
いやもしかしたら学園祭当日を云う目的地へと至る道程を描くロードムービーかもしれません。

特に派手なイベントも無く、かと云って深く描写するワケでも無く、それでも飽きずに物語りに付き合う事が出来たのは4主役の魅力だったからでしょうけど、まぁそもそも若いオネーチャンが4人も出て来る時点でそれは反則と云うか(実年齢はともかく)少女の時代でしか表現出来ない、或いは少女と云う非常に賞味期間の短いそれ故非常に美味しく輝いている題材でありキャストなんだから面白さはある程度担保されてるだろ?オイラその先が見たいんだよ!と云うのが本作への不満点ではあります。


「映画芸術」2005年邦画ベストランキング1位、「キネマ旬報」第79回キネマ旬報ベスト・テン日本映画6位、読者選出日本映画3位は過大評価と云う気がしないでも無い。


★★★
「最終兵器彼女」全く覚えてナイ…(アニメの方は覚えてる)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/13(日) 14:10:03|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」 監督の力不足

9308yujrhy0uhrogwa98e3twh.jpg 11-011

10年 監督:寒竹ゆり
製作総指揮:岩井俊二 企画:秋元康 製作:窪田康志 新坂純一 茂手木秀樹 岩井俊二 プロデューサー:古澤佳寛 野上純一 高橋信一
出演:AKB48

大根なのかもしかして逸材なのか賛否渦巻いた佐々木希主演「天使の恋」の寒竹ゆり監督作品と云うより「花とアリス」が大変素晴らしかった岩井俊二製作総指揮作品。

さて結論から云うと端々に岩井俊二っぽさを見せつつもツマンナイ作品になっておりました。
例えば庵野秀明の「式日」に似た煮え切らなさに雰囲気近いんかな~「式日」はもっと岩井俊二っぽかったけど。

初っ端は良かったんですよ。
5人ぐらいでテーブルを囲んでモリモリ食事するんです。(飯のシーンが良い作品は面白いのが多いと思っている)

しかし20分くらいで「こりゃイカン」と思いましたね。
ドキュメンタリーと云うよりインタビュー。

カット割りが細かすぎるのに一人に割く尺が結構長い。
結局主要メンバーが出て来るだけで終わっちゃいました。(例外でサプライズの子が登場)
特に新しい発見も無く「泣くかも?」と思わせた予告以上のものも無くダラダラ~っと終わっちゃったのです。

インタビューの尺は半分くらいで良かったと思いますし、例えばNHKで放送した『もうひとつのAKB48ドキュメンタリー「1ミリ先の未来」』の様に熱愛報道の時メンバーが何をしていたのか、どう思っていたのか、(この時メンバーが「大人が嫌いになった」と発言していたのが流れた時は驚きました。これ放送するんだ!と。)とか、その肌に触れんばかりの生々しさを期待していた身としては、甚だもどかしい内容だったと云わざるを得ないでしょう。

そして何より多くのファンが見たかったのはこんな当たり障りのない彼女たちでは無かったと思います。



NHKの『もうひとつのAKB48ドキュメンタリー「1ミリ先の未来」』の方が圧倒的に面白かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/11(金) 13:22:03|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「少年メリケンサック」 薄い

oiret89ue4orgtwhrgd.jpg 11-010

09年 監督:宮藤官九郎
製作総指揮:黒澤満 製作:岡田真 服部紹男 脚本:宮藤官九郎 音楽 向井秀徳
出演:宮崎あおい 佐藤浩市 木村祐一 田口トモロヲ 三宅弘城 勝地涼 ユースケ・サンタマリア ピエール瀧 田辺誠一 哀川翔 烏丸せつこ 中村敦夫 峯田和伸

クドカンの脚本・監督と云う事を知らないまま観て途中でも気付かないでエンドロールのクレジットを見て驚くと云う驚きの事実!
あのクドいクドカン作品がこんなにもあっさりしてるなんて!

と前置きはこのくらいにしておいて、結論から云うとこのキャスティングで無ければ本作の存在意義は無かったであろうと云えますし、宮崎あおいと佐藤浩市が、そして圧倒的に宮崎あおいが素晴らしい演技を見せてくれますが、そもそも面白いのか?と訊かれると、返答には少々お時間頂戴致しますが宜しいですか?的な感じになってしまします。
もしかして誰が撮ってもこの内容になってたかもしれません。

この辺が返答に困る理由かな~と思います。

しかし宮崎あおいの演技を見る為だけでも価値はありそう。ってのが今回のレビューで御座います。


★★★
やっぱ宮崎あおいはスゴイや。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/10(木) 12:45:10|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「クライマーズ・ハイ」 港カヲル!

ku43yohjy5iu9yijeoyiukghdg.jpg 11-008

08年 監督:原田眞人
原作:横山秀夫 製作:若杉正明 久保理茎 脚本:加藤正人 成島出 原田眞人
出演:堤真一 堺雅人 尾野真千子 遠藤憲一 田口トモロヲ 堀部圭亮 マギー 滝藤賢一 皆川猿時 でんでん 矢島健一 野波麻帆 西田尚美 小澤征悦 高嶋政宏 山崎努

1985年の日本航空123便墜落事故を題材とした作品。

さて概ねTVドラマ版(佐藤浩一が主役)の方が評判が良い様です。
劇場版は中途半端である。と。

引き込まれる作品だったのでその辺は鑑賞中は気になりませんでしたけど、そう云われればまぁそうなのかな?と。

確かに事故と社内闘争と主人公の事情とかなかなか盛りだくさんなので結果社内闘争が目立ってしまいメインテーマはそれでイイんですよね? と、確認したくはなりました。

ただ本作も結構面白かったのでそれより評判の良いTVドラマ版はどんだけ? と、そっちの方をより観たくなったのは確かです。
(今回は「と」を多用してみました)


★★★★
港カヲルさんが良かった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/02(水) 23:48:39|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「誰も守ってくれない」 脚本良かった

hdhtjrki6757rhysrhbfd.jpg 11-007

09年 東宝 監督:君塚良一
製作:亀山千広 脚本:君塚良一 鈴木智 プロデューサー:臼井裕詞 種田義彦 アソシエイトプロデューサー:宮川朋之 ラインプロデューサー:古郡真也 監督補:杉山泰一
出演:佐藤浩市 志田未来 柳葉敏郎 石田ゆり子 佐々木蔵之介 松田龍平 木村佳乃 佐野史郎 冨浦智嗣

監督が君塚良一である事より「アマルフィ 女神の報酬」の悪夢が蘇る亀山千広製作作品。いやマジ最近亀山千広のクレジットがあるだけで心配になってしまいます。

結果的には君塚良一だったから?か、考えられた構成で大胆に省略しつつも欲しいポイントは丁寧に押さえてあり、痒い所に手の届いた本と演出になっております。

終盤意外なキャラ設定の発動とかあったりして、逃走劇として息の詰まる面白い作品でした。


面白かったと思ったら第32回モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞だってなるほど。


★★★★
佐藤浩市だから良かったのか?と思ったけど嫁は「志田未来だったから良かったんじゃない」との事あぁ合点。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/23(日) 17:26:05|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「クローズ ZERO Ⅱ」 惰性でケリをつけられても…

irt8957urgjs9rerudfhf.jpg 11-006

09年 東宝 監督:三池崇史 原作:高橋ヒロシ
プロデューサー:山本又一朗 企画:濱名一哉 脚本:武藤将吾 水島力也
出演:小栗旬 やべきょうすけ 黒木メイサ 桐谷健太 高橋努 上地雄輔 橋爪遼 小柳友 三浦春馬 哀川翔 遠藤憲一 岸谷五朗 山田孝之

面白かった「クローズ ZERO」の続編で一応の完結版。
監督は個人的には「ゼブラーマン」の印象が強すぎる三池崇史で制作側も殆ど同じ顔ぶれだけど脚本に水島力也が加わっている。

さて、ツマンナカッタです。

そもそもプロットが良くないのか水島力也がダメだったのかどっちかか。
クライマックスに延々と続くケンカシーンは圧巻と云うより長すぎで疲れちゃった。
敵味方入り乱れてての乱闘はもう「わやくちゃ」と云って良いぐちゃぐちゃ加減。
大団円に向けて収束する装置として校舎屋上が最終決戦場に設定されますが、この辺はどうしても「死亡遊技」をイメージしてしまいます。

まぁ段々出演者を減らしていって主要キャストのオチを一応用意しながら主役へと焦点を絞っていくにはとても便利で「上昇感=テッペン取るシークエンス」をどんな観客にも実感させる事に成功してはいます。

けど良かったのはそれくらいで、あとは普通と云うか前作の勢いみたなものには残念ながら及んでいませんでした。

劇中、岸谷五朗が小栗旬のパンチに「愛が足りねぇ」と云っていましたが、敵ボスに愛(仁義礼智信)を持たせていたのとDOESの曲が流れたのは良かったです。


★★
続編あるなら三浦春馬。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/14(金) 00:54:34|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ドロップ」 one of 有象無象

iurreu4t839giwh.jpg 11-005

09年 角川 監督:品川ヒロシ
製作:角川映画 吉本興業 NTTドコモ 脚本:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴 水嶋ヒロ 本仮屋ユイカ 上地雄輔 中越典子 波岡一喜 若月徹(若月) 綾部祐二(ピース)

存在意義の見えない作品です。
例えば「クローズZERO」は面白かったですけど、ガッキーを擁立するも失速した「ワルボロ」を筆頭にもう列挙するのも面倒臭いほど色んな作品が現れては消えて逝きました。合掌。

青春のモヤモヤとヤンキーと云う切り口で観客に何を提示してくれるのか?

その辺を良く考えて無い作品は掃いて捨てるほどあるこのジャンル作品の中で直ぐに沈むしかありません。



中学生と云う設定はいくら何でもムチャ過ぎ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/11(火) 23:06:41|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「ゴールデンスランバー」 邦画らしい良作

epotkihes0t59ehbdjfobhfh.jpg 11-004

10年 東宝 監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎 脚本:中村義洋 林民夫 鈴木謙一 音楽:斉藤和義
出演:堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 貫地谷しほり 相武紗季 ソニン 大森南朋 柄本明 香川照之 永島敏行 濱田岳 伊東四朗 木内みどり ベンガル 波岡一喜 山口良一 滝藤賢一 竜雷太

緻密なプロットと構成、思い切った端折り、淡々としつつも手綱を緩めない追跡者、散りばめられた伏線と丁寧な回収。
静かに始まる割にすぐ劇中に引き込まれます。

何だろこの引力。
これが才能なのか?

全てのカットに意味があり全てのシーンが繋がっていると云うとても良く練り込まれた面白い作品でした。
ただ、事件の真相はカットや表情、一見関係ない台詞で匂わすだけの思い切った切り方なので、そこは想像力が必要です。


★★★★★
期待せず観ると良い意味で裏切られる。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/10(月) 14:22:22|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「MW -ムウ-」 やっつけ仕事?

r54ueu5t57tgdszdxsdg.jpg 10-124

09年 ギャガ 監督:岩本仁志
原作:手塚治虫 製作総指揮:橘田寿宏 脚本:大石哲也 木村春夫
出演:玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 石田ゆり子 石橋凌

TVドラマはなかなかのものを手がけておりそこそこ期待出来そうな岩本仁志監督だけど映画はこれと「明日があるさ THE MOVIE」(2002)と云うちょっと微妙な経歴。

ジャケットカッコイイんだけど全然イメージ違うぞコレ。

なんか全く足りないバイオレンス感と云うか破滅へ転がり堕ちる感じ。
なので非常にシリアスな内容が起こっているにも関わらず伝わって来ません。

もっとこう出演者も観客も誰も幸せになれない絶望的演出で望んで欲しかったと非常に強く思いました。涙。

PG12だけど原作から同性愛の設定・描写も無くなって全然そんな事無い気がする。



石田ゆり子があっけなく死んだのは驚いた。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/29(水) 13:25:46|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:2

「ソウル」 彼はスクリーン向きではないのかもしれない

384979799753tuthwkhskhkg.jpg 10-121

02年 日本・韓国 監督:長澤雅彦
製作:亀山千広 島谷能成 気賀純夫 藤島ジュリーK 脚本:長谷川康夫
出演:長瀬智也 チェ・ミンス キム・ジョン リー・チャンユン チョイ・サンユ

反町隆史と山崎努による「13階段」がまぁまぁだった記憶がある長澤雅彦監督による2002年日韓国民交流年記念作品。正確には「2002年日中韓国民交流年」みたいだけど。

個人的には領土問題を抱える近隣3国とはまずそれを解決してからだろ?と云う思いが近年とても強くなっておりどの国も面白い映画はあるのですがなんとも複雑な気持ちになってしまいます。

製作の亀山千広はフジテレビの映画プロデューサーで、近年の映画ビジネスでは第一人者だけど作品が面白いかどうかは、これもこれまた別問題。

長瀬クンが韓国に行って向こうの警察のお手伝いをするワケですけど全編通して漂うアウェー感は何これ?
いや最初の設定はアウェーなんで冒頭はこれでイイんですよ。

結局最後まで馴染めないと云うか一応ストーリーは和解するんですけど「一体になりました」と云ってるのはストーリー上の話しで画面ではすれ違ったまま。

親善交流だ文化交流だと云っても民族間のギャップはどうしても埋められない現実が作品の中に大きく横たわり、それを観客は意識せずとも実感させられてしまいます。

ここが本作の抱える大きな問題ですが、文化や価値観や相互国家に対する心情が大きく違うんだからどうやったて1本の映画ぐらいではそんなたいそうなもの、埋められないですわな。


★★
結構雑なプロットと設定説明。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/21(火) 21:24:27|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ハゲタカ」 例えば「踊る大捜査線」の末路

lu7865e4rsdfgyuiytr.jpg 10-120

09年 東宝(NHK) 監督:大友啓史
原作:真山仁 脚本:林宏司 製作:富山省吾 製作統括:小野直路 島谷能成 入江祥雄 安永義郎 喜多埜裕明 石井博之 宮路敬久 大宮敏靖 大月昇 宮本章一 エグゼクティブ・プロデューサー:諏訪部章夫 市川南 企画・プロデューサー:訓覇圭 遠藤学 製作プロデューサー:前田光治
出演:大森南朋 玉山鉄二 栗山千明 高良健吾 遠藤憲一 松田龍平 中尾彬 柴田恭兵 嶋田久作 志賀廣太郎 小市慢太郎

国内外で高い評価を受けたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」の続編を映画化。

TVドラマはとても面白くもっと観たい感に満ちあふれ、多くの人がこの劇場版に期待していた事と思います。
しかし残念ながら劇場版はTVドラマ以上では無くそのまま延長線上の仕上がり。

いや。決してつまらなかったワケではありません。
しかしわざわざ映画化する程のスケール感や映画ならではの表現は見当たらず、別にTVのスペシャル版で良かったのでは?な感じになってしまっている事が残念でなりません。

例えばまるで「踊る大捜査線 the movie」の様な失速感なのです。


★★★
玉山鉄二好きな役者さんだけどステレオタイプな仕上がりにこれまた残念。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/20(月) 21:48:42|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0

「ノーボーイズノークライ」 微妙

8oi67uy5t4rf.jpg 10-117

09年 日本・韓国 監督:キム・ヨンナム
製作総指揮:樫野孝人 ミン・ジョンファン 製作:久保田修 イ・ジュンホ 脚本:渡辺あや
出演:妻夫木聡 ハ・ジョンウ チャ・スヨン イ・デヨン 徳永えり 柄本佑 あがた森魚 貫地谷しほり

チェイサー」で驚きの役回りだったハ・ジョンウと韓国語喋るどうしようも無い役の妻夫木聡によるヲジサンにはなんか微妙な仕上がりの不思議なロードムービー。

ロードムービーだろ?これ。 違う?

ロードムービーだと思えばしっくり来るんですけど。

例えば「ジョゼと虎と魚たち」と結構似ていると思います閉塞感からの脱出劇とか。

ラストはなんかファンタジーみたいな仕上がりで結局何がしたかったのかイマイチ微妙に伝わんなかったですけど、割と評判は良い様で、例えば前述「ジョゼと虎と魚たち」が好きなら好印象かもしれませんあと「深呼吸の必要」とか。


★★
妻夫木クンは意外と使い方が難しいと見た。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/10(金) 22:43:05|
  2. 邦画 レビュー
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

観草電影門

Author:観草電影門
(みるくさ でんえもん)


はんぱな知識とはんぱな思い込みではんぱに風呂敷を広げております。 皆様各自自己責任で無責任にご笑納頂きます様よろしくお願い奉り候。



↓電影門的電影評価表
★:ダメダメうんこ
★★:時間のムダかも?
★★★:あなた次第
★★★★:面白いオススメ!
★★★★★:観なさい!!
☆:迷作です



*おことわり*
本ブログ内写真の二次使用は原則お断りしておりますが、使用されたい方はその旨申し付け下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する